ライダーの必須装備になりつつある「インカム」。運転中でも、ナビ音声や音楽が聞けるほか、ツーリングではグループトークが大活躍します。ただし操作の難しいものが多いので、アプリのあるものがオススメですよ。

1.インカムはとても便利! モトブログや安全運転にも◎


インカムは、バイク用品としてはとても高額なアイテムです。単品で2~3万円、ペア(2個セット)でも5~6万円ほどします。しかし、その価格に見合った利便性が得られますし、いま流行りのモトブログを始めようとすれば必須装備でもあります。また、ナビやレーダーといった機器と連携すれば、通勤・通学からツーリングまで自分自身や仲間の安全運転につなげることもできます。なお、インカムでよく使われる機能は以下です。

・ナビやレーダーといった電子機器からの音声案内
・スマホからの音声視聴(ナビアプリのルート案内、アプリでの音楽視聴など)
・スマホを介した電話応答(電話を受ける・かける)
・ライダー同士の通話を可能とするグループトーク機能

特に、グループトーク機能の進歩は目覚ましく、無線規格であるBluetooth(ブルートゥース)の性能向上に合わせて通話距離が2kmに届くモデルも発売されるようになりました。近年では、メッシュネットワーク(MESH)という規格も採用されるようになり、まだまだ進化を続けています。

このような状況ですから、インカムはどれを買ったらいいのか迷ってしまうアイテムです。中でも、機械の操作を覚えるのが苦手な方にはハードルが高いアイテムと言えるでしょう。そこでオススメしたいのが国内有力メーカーであるサインハウスの「B+COM(ビーコム)」シリーズです。なぜオススメなのか、その理由を説明しましょう。

2.インカムは難しい!? アプリが解消してくれた!


なぜB+COMなのか? その理由は「スマホのアプリで確認、操作できるから」です。バイク用インカムの登場以来、常につきまとってきた「複雑な操作を覚えられない」「覚えていても確実に操作できない」という難題がついに解決されたのです。

インカムの多くはヘルメットの側面に装着します。グループトーク機能や音楽視聴といった様々な機能をインカム本体を見ることなくグローブをはめた手で確実に操作することの難しさと言ったら、正直、筆者もとても苦労してきました。

「Aボタンの長押し」「AボタンとBボタンの同時押し」「ダイヤルを3回下へ」など多機能であればあるほど複雑で正確な操作を求められるというジレンマです。こうした操作に挫折してしまい、インカムを眠らせてしまったという方も知っています。恥ずかしながら、かくいう筆者もいまだにクイックマニュアルのコピーを携帯しているんです。

●スマホアプリ「B+COM U」の効果は絶大!
こうしたインカムのデメリットを見事に解消したのがB+COM用スマホアプリ「B+COM U(ビーコム・ユー)」なんです。B+COM UにはiOS(アイフォン)版とAndroid OS版があり、スマホにインストールして「B+COM SB6X」とBluetooth接続するだけで、SB6Xの操作をアプリ上で行えるほか、マニュアルやFAQの閲覧といったユーザーサポート機能まで備えています。

これでもう、ヘルメット横のインカムに手を伸ばして、「あれ、あれ? おかしいな?」「一回ヘルメット脱ぐか…」という悲しいモーションを行わずに済みます。インカムという機器の特性・操作性を考えれば、アプリでの操作は大歓迎ですね。

実際に使ってみると、操作の確認や設定の調整・変更が画面上でできたりと、アプリの恩恵を実感できるんですが、実はこうしたアプリを備えたインカムは他にまだ無いんです。

だから、迷わずB+COM をオススメするんです。もちろん、Bluetoothインカムの究極とも言える高性能・高機能なB+COMですから、アプリが備わって鬼に金棒というわけです。

では、まずはB+COMについて紹介します。

3.B+COMなら音楽をシェアしながらの会話も簡単!

●音声シェアとグループ会話を同時に行える「聞きトーク」機能が便利
B+COMシリーズはSB6X(2017年8月発売 ※上写真)で大きな進化を遂げました。前モデルであるSB5Xとの大きな違いは新技術「B+LINK(ビーリンク)」と「聴きトーク」が備わったことです。

「B+LINK」は、他の機器を経由したり、他のメンバーがいちいちスマホとのペアリングを求められたりせずにグループを形成できるものです。

「聴きトーク」は、ナビのルート案内や音楽を全員でシェアしながら同時に会話もできるというものです。

ちなみに、B+COMでもSB5X以前は「聴きトーク」をするのに「Media Server MS-01 グループトークサーバー」という機器を経由する必要がありました。

○参考記事URL:
「人気のGoProとB+COM(ビーコム)による録画・録音に挑戦! 」
「Bluetooth インカムでツーリングをより楽しく! 」

●「B+LINK」では同じ機種同士の接続が超簡単!
B+LINKは、グループトークを簡単にするための通話機能で、SB6Xと「B+COM ONE(ビーコム・ワン)※下写真」が対応しており、最大6人のグループを形成できます。この2機種によるグループであれば、初めにメンバー間のペアリングをしてしまえば、その後は誰か1人が操作を行うだけでグループトークが始まります。何らかの理由で距離が離れてしまい圏外になってしまっても圏内に戻れば自動でグループトークに復帰でき、マスツーリングでありがちなグループトークの困りごとに対応しています。

●旧モデル・他社インカムとの接続も可能!
さらに、旧モデルであるSB5X等やユニバーサル通話機能を持った他社インカムとも「ユニバーサルインターコール・レシーブ機能」を利用することでB+LINK通話とミックスして同時にグループトークが楽しめます。

また、B+LINK通話を使わずに他社インカム(最大2台)とのブリッジ接続による「聴きトーク」も可能です。おまけに、ユニバーサル通話機能を持たないインカムやヘッドセットとの通話も可能な「ユニバーサルインターコール機能」も搭載するなど、とても汎用性の高い通話機能となっています。

4.アプリなら操作は簡単確実!「B+COM U」は優れモノ!


スマホアプリ「B+COM U」はインターフェイスも使いやすいのが特徴です。「メインメニュー」には5つの機能ボタンが並んでおり、各ボタンの間隔も広いためグローブをはめた指でも誤操作しにくいレイアウトです。B+COM(SB6X・ONE)同士によるB+LINKでの通話状態や登録メンバー情報の設定・確認ができる「B+LINK」画面、さらには他社インカムまでを含めたペアリング状況を確認できる「ペアリング」画面は特にありがたいですね。

また、「リスト編集」画面も便利で使いやすいものです。Bluetooth無線では「自分→Aさん→Bさん→Cさん」と各人のインカム機器を経由する形で数珠つなぎのように接続されていきますが、誰とどのような順番でつながっているのかも一目瞭然で、並び順を変更することもできます。

通話の設定、音楽の音量調節、バッテリー残量の表示など基本的な機能もありがたいのですが、グループトークでの目には見えない様々な設定を可視化してくれているということがスマホアプリ「B+COM U」の最大の利点と言えるでしょう。

■「B+COM SB6X」DATA
現行B+COMでのハイエンドモデルになります。「聴きトーク」に対応しているので、週末のマスツーリングを楽しく演出したいという方のほか、他社インカムとつないだ時のメインインカムとして有効なことから、ツーリングクラブのリーダーさんにもオススメです。

本体カラー:ブラック ※フェイスプレートの着せ替えが可能
オーディオシステム:高音質B+COM SOUND SYSTEM
聴きトーク機能:対応
かんたんB+LINK通話:対応
ユニバーサル・レシーブ通話:対応
ユニバーサル通話:対応
最大通話可能人数:6人
電波到達範囲:最大約1.4km ※1対1のインカム通話で障害物のない直線見通し距離
B+COM U Mobile App:対応(V4.0以降)
バッテリー:Li-Po 3.7V 800mA
連続使用時間:インカム通話/最大約16時間 携帯通話・音楽再生/最大約18時間(それぞれ単体での稼動の場合)
本体重量:約60g
防水性能:IP67相当
保証期間:購入日から1年間
価 格:シングルUNIT ¥34,800(税抜) ペアUNIT ¥67,500(税抜)
URL:https://sygnhouse.jp/products/bcom/bcom-sb6x/

■「B+COM ONE」DATA
現行B+COMでのスタンダードモデルになります。「聴きトーク」には非対応なので、マスツーリングよりもソロツーリング派の方、通勤といった日常での使用がメインの方は、こちらがオススメです。

本体カラー:ブラック ※フェイスプレートの着せ替えが可能
オーディオシステム:高音質B+COM SOUND SYSTEM
聴きトーク機能:非対応 ※インカム通話と音楽リスニングは切り替えて使用
かんたんB+LINK通話:対応
ユニバーサル・レシーブ通話:対応
ユニバーサル通話:対応
最大通話可能人数:6人
電波到達範囲:最大約1.4km ※1対1のインカム通話で障害物のない直線見通し距離
B+COM U Mobile App:対応予定(未定)
バッテリー:Li-Po 3.7V 650mA
連続使用時間:インカム通話/最大約12時間 携帯通話・音楽再生/最大約14時間(それぞれ単体での稼動の場合)
本体重量:約43g
防水性能:IP67相当
保証期間:購入日から1年間
価 格:アームマイクUNIT ¥27,000(税抜) ワイヤーマイクUNIT ¥27,000(税抜)
URL:https://sygnhouse.jp/products/bcom/bcom-one/

いかがでしたか。スマホアプリとの連携により、インカムのデメリットを見事に解消したB+COMは現状では最も理想的なインカムと言えます。ぜひ一度、体感してみてください。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

田中淳磨
46歳・男性・北海道札幌市出身
二輪専門誌編集長、二輪大手販売店、官公庁系コンサルティング事務所等に勤務ののち二輪業界で活動するコンサルタント。二輪車の利用環境改善や市場創造、若年層向け施策が専門で寄稿誌も多数。