最近のバイクは250cc・350cc・400ccクラスの普通自動二輪免許で乗れるものも人気ですが、小型限定普通二輪免許でも乗れる125ccクラスの人気もまだまだ衰えていません。

バイクに乗り始めた人が多い今、大型バイクを求める人もいれば、足としても使えて休みの日はプチツーリングに出かけられるような、50ccでは物足りないけど125ccならちょうどいい!という方も増えています。

今回はそんな125ccクラスの新たなモデル、ダックス125をご紹介します!

125ccになって復活した名車ダックス!

ホンダのダックスは元々ST90として1969年に販売開始されたバイクです。
その後生産終了となり姿を消しましたが、2022年に125ccとなって復活しました!

元々ミニバイクでしたが、復活した今回のダックスも元より少し大きくなったとは言え、しっかりミニバイクのサイズ感

ダックスと言えばこれ!というくらい特徴的なフレームは、名前の通り低重心で胴長短足のダックスフントを連想させる形です。
どこか親しみを感じるフォルムの理由は犬のような愛らしさでした。

アップタイプのスクランブラーマフラーもまたかっこいいポイントです。

中身は最新だけど見た目は渋可愛い

エンジンは空冷単気筒の横型エンジンを搭載。
実はこのエンジン、現行のスーパーカブ125などのカブシリーズと同系統のエンジンとなっていてかなりトルクフルなフィーリングです。

しかし同じエンジンでも車体がまるで違い、細かいギアやセッティングもダックスに合わせて設定し直されているので乗った感じは結構違います。

遠心クラッチを採用しているため、クラッチ操作が必要ありません

スロットルを開けて回転が上がれば勝手に繋がり、シーソーペダルでシフト操作します。
シフト操作もないスクーターとはまた違って、シフト操作が楽しめるのはもちろん、思い通りのギアとスピードで走れるのでバイクを操っている感覚はしっかり感じることができました。

ヘッドライト、ウインカーはLEDを採用。
この手のライトはLEDだと現代っぽさが強すぎてバイク全体の雰囲気に影響することもありますが、ダックスはLEDとはいえ形はベーシックな丸形タイプ

現代で通用する明るさを持ちながら、ダックス独特の愛嬌をしっかり感じさせる仕上がりでした!

テールランプも同じくLEDで丸形タイプ。

ピョコッと伸びたスタイリッシュなリアフェンダーと合わさってリアビューもダックスらしい愛嬌あるスタイリングとなってました。

メーターも丸形タイプのメーターが1つとなっていて、スピード、ガソリン、距離などタコメーター以外の機能が集約されています。
シンプルなので運転しながらの見やすさもバッチリでした!

タイヤは12インチとなっていて、いわゆるミニバイクのタイヤサイズです。
ブレーキはディスクブレーキを採用しており、フロントのみ作動するABS付き

さすが現行車!とびっくりするほど効きの良いブレーキだったので、止まらないなんて不安は微塵も感じませんでした。

リアも同じく12インチでディスクブレーキという仕様。
昔のバイクでよく見る2本ショックを採用していて、現代のバイクですが同時に渋さも感じさせる雰囲気でした!

遊びバイクとしてベストなサイズ感

ミニバイクのサイズ感は乗る人を選ばず、遊び用のバイクとしてはベストなサイズ感です。
小さいので乗っていて安心感もあるし、降りて押しながら歩く時も軽くて扱いやすいんです。

足としても使えると同時に、乗り手の等身大で走っている感覚はハマるものがあるので、大型バイクにはないミニならではの運転の楽しさがあります。

ダックスは125なのでタンデム(2人乗り)もできちゃいます!
1人乗ってこんな感じなので余裕を持って、とまでは行きませんが、問題なく乗れるサイズ感です。

純正でグラブバーがついているのも嬉しいポイント!
カップルでタンデムデートなんてのも楽しめると思います。

メーカー希望小売価格は¥440,000(税込み)

次回、試乗インプレ!

ダックス125は2022年9月22日に発売開始となっています。

昔のダックスよりも少しだけ大きくなって復活したダックス125。
昔のサイズがいい、なんて声もありますが、個人的には今のサイズの方が程よく身体を預けられて楽しく乗れる感じがします。

中身はしっかり最新装備でエンジンのトルクやブレーキなどバイクとしての機能はめちゃくちゃしっかりしていてこのサイズなので、そういう意味では昔のダックスと比べるものではない感じがしました。

次回はダックスに実際乗ってみてどんなバイクなのか詳しく解説していきます!

こちらの記事もよく読まれています

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。