前回・前々回記事

誰でも取っ付き易く、維持費も安いし車種が多いという魅力たっぷりの250 ccクラス。

前回は250 ccのメリット・デメリット、ネイキッド・フルカウルのオススメ車種を紹介しました。
今回はオフロード・アメリカン編です!

250 ccが一番多いオフロード

オフロードバイクは悪路走行に最も適したバイク。
50 cc 、125 ccクラスや400 cc、大型にもオフロードタイプはありますが、実は一番多いのが250 ccクラス。

車体の軽さとエンジンパワー、公道でも扱いやすい大きさなど、250 ccが一番光るタイプとも言えるのがオフロードバイクです。
cc

セロー250

YAMAHAのロングセラーモデル、セロー250は発売当初から多くの人に愛され続けているバイク。
中古市場には250と225があります。

225の方が古く、250にエンジンパワーこそ劣りますが車体の大きさ・軽さなど優っている部分も。
250はどちらかと言えば今のバイクに寄った乗り味で、扱いやすさはそのまま、ロングツーリングなどにも対応できるよう安定感なども増しています。

セローの凄いところはオフ車なのにオフ車以上のパフォーマンスをしてくれる所。
峠を走っても楽しいし、ツーリングやオンオフ混じりのアドベンチャーなど、楽しめない場所の方が少ないくらい。

それにプラスしてオフロードもできちゃうので、本格オフロードじゃなくてバイク遊びの幅を広げたい!という方にオススメできるバイクです。

■セロー250の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

CRF250L

HondaのCRF250Lは見た目のインパクトとオフ車とは思えない安定した乗り味という二面性を持ったバイク。

モトクロッサー(レーシングマシン)のような激しいスタイルは目立ち度抜群、しかも林道などに行くとこの赤が映えるので魅了される人は多いはず。
しかし見た目から想像するような「超激しい乗り味」ではないんです。

250 ccのロードバイクがエンジンのベースとなっているので回転数を限定せず、どこからでも扱いやすいフィーリング。
車高が若干高めなので足つき性などは少し悪いですが、それさえも気にならないくらい誰でもある程度まで乗れてしまうバランスが整っています。

激しいオフ車スタイルで乗りやすいバイクを選ぶなら間違いなくコレでしょう。

■CRF250Lの在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

KLX250

こちらもKAWASAKIのロングセラーモデルであるKLX250。

数年前に新車ラインナップから外れ、生産終了モデルとなってしまいましたが(今後最新モデルが出る可能性もあり)長く愛され続けたバイクとだけあって中古市場は賑わっています。

CRFと同じくシチュエーションを選ばないリニアな乗り味を持ったバイクですが、オフ車っぽい鋭いフィーリングはCRFよりも尖っています。

カスタムパーツなども豊富なので街でも使いつつ、たまに林道ツーリングでも使いたいという方にオススメです。

■KLX250の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

街乗りメインのモタードも!

WR250X

オフロードバイクにオンロードバイクの小径ホイールを履かせたのがモタードと呼ばれるジャンルのバイク。
オフロードも走れなくはありませんが、オンロードで乗ったほうが断然楽しい乗り味です。

WR250はモタードの「X」オフロードの「R」と二種類あり、どちらも国産公道モデル最強と言ってもいい激しさ。
レースなど本格的なスポーツ走行に出場するオーナーも多く、価格は高めですがエキスパートレベルまで乗りこなしたい!という方にオススメできるバイクです。

■WR250Xの在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

実は一番乗りやすい250アメリカン

アメリカンって大排気量でどデカイ車体、というのがイメージが強いので250 ccだと頼りない感じがしますが、また違った魅力もあるんです。

低姿勢で安定した車体、ライディングポジションも一番楽で足が前に出ているためブレーキングや加速でもライダーの安定性抜群。
もちろんアメリカンらしさや迫力に欠ける部分はありますが、250 ccクラスのアメリカンだからこその魅力もあるんです。

ドラッグスター250

250 ccクラスのアメリカンで一番人気、且つ安く手に入るのがYAMAHAのドラッグスター250。
アメリカンの中では若干小柄ですが、メッキパーツやグラフィックなどはかなり本格的。

これを選べばまず失敗しない、定番250 ccアメリカンです。

■ドラッグスター250の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

エリミネーター250V

アメリカンの中でもスポーツテイストが強いのがKAWASAKIのエリミネーター250V。
元々エリミネーターはロードスポーツのGPZ250系のエンジンを使い、速いアメリカンとして名を馳せていたバイクで、250VはエンジンがV型に変わりスタイルもよりスポーツらしさが増したモデルです。

250Vの方が安く、弾数も多いので周りとは一味違ったアメリカンに乗りたい方にオススメのバイクです。

■エリミネーター250Vの在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

まとめ

250クラスは世界的に売れている排気量ということもあり、とにかく車種が多いクラス。
膨大な数のバイクの中で本当に自分にあったバイクを選ぶのは難しい事かもしれません。

まずはバイクでどういうことがしたいか、でフルカウルやオフロードなどジャンルを決め、そこから車種を好みに合わせて絞っていくのも夢が広がる楽しい選び方です。
ある程度気に入った車種が絞られてきたら実車があるお店に行ってみてバイクと触れ合ってみてください。
きっと自分にあったバイクが見つかるはずです!