東京卍リベンジャーズとは?

中学時代不良だった主人公が当時にタイムリープし、ヒロインの事故死の元凶となる暴走族グループを変えていくという漫画・アニメです。
舞台化や映画化もされた本作品には沢山のバイクが登場されているため、画像付きで紹介・解説をしていきます!

登場バイク一覧

佐野 万次郎 (マイキー) HONDA CB250T
花垣 武道 (タケミっち) HONDA CB250T
龍宮寺 堅 Kawasaki ZEPHYR400
三ツ谷 隆 SUZUKI GSX400F
林田 春樹 HONDA CBX400F
羽宮 一虎 KAWASAKI KH400

車種の紹介

東京卍リベンジャーズに登場するバイクはどれも既に生産が終了している絶版車・旧車となっていますが、
登場人物が乗っているバイクはいったいどのようなバイクなのでしょうか?

HONDA – CB250T HAWK


HONDAのCB250T HAWK(ホーク)は東京卍會総長で「無敵のマイキー」こと佐野 万次郎(さのまんじろう)と、物語の主人公の「タケミっち」こと花垣 武道(はながき タケミチ)の愛車です!

なぜ「バブ」と呼ばれている?

バブと呼ばれるようになった由来は、実は排気音が「バブーッ!!」と聞こえるという単純な理由…。

個性的なデザインが人気の秘密?

バブはそれまでのバイクとは違ったバイクだったため、色々なパーツにニックネームが付けられていました。


マフラーは「タヌキのシッポ」
また、初期型のタンクは「ヤカン」と呼ばれていたり、バイクのシートは厚みがあるため「ザブトン」と呼ばれていたそうです。

コチラの記事で詳しく解説しています!
■東京卍リベンジャーズに登場するバブってどんなバイク?Honda CB250T HAWK

Kawasaki – ZEPHYR400


KawasakiのZEPHYR400(ゼファー400)は、東京卍會の副総長の「ドラケン」こと龍宮寺 堅(りゅうぐうじ けん)の愛車です!

ゼファー400の発売当時はレース用のバイクをモチーフに公道を走れるように開発された「レーサーレプリカ」という速さを求めるバイクで各メーカーが凌ぎを削りあっていました。
カウルという風よけのためのパーツが付いていたり、バイクに乗る時の姿勢も前傾姿勢になるようなバイクで、ゼファーとは全く見た目が違います。

レーサーレプリカバイクのHONDA NSR250R

このようなバイクが流行していた中、突然登場したのがゼファー400。
流行や時代の流れに逆行するようなバイクでしたが、なんと発売後に年間販売台数の首位を獲得するほどの大ヒットを記録。
レーサーレプリカのブームが終了し、ネイキッドバイクのブームが到来することとなりました。

ゼファーの中でも「火の玉カラー」というカラーリングは今でも人気!
Kawasakiの名車「Z1」のオレンジとブラウンを基調としたカラーリングで、現在も発売されている人気の大型バイク「Z900RS」にも受け継がれています。

Z900RS 火の玉カラー

コチラの記事で詳しく解説しています!

■東京卍リベンジャーズに登場するゼファーってどんなバイク?KAWASAKI ZEPHYR

SUZUKI – GSX400F IMPULSE


SUZUKIのGSX400F IMPULSE(インパルス)は、東京卍會の創設メンバーで、弐番隊隊長の三ツ谷 隆(みつや たかし)の愛車です!

作中で乗っているインパルスは94年発売の3代目インパルス。
初期型のインパルスという情報もありますが、作中を見てみるとファットなタンクやラジエーターなどの特徴から3代目のGK79Aの型式で間違いないでしょう!

ドラケンが乗るゼファーの登場をきっかけにネイキッドバイクの人気が急速に盛り上がっていた時代に発売されたモデルで、
当時の400ccクラス最高の53馬力を発揮するとともに、ストリートでの乗りやすさも重視された「速さと乗りやすさの両方を追求したバイク」です!

SUZUKIの伝統的なカラーリングで発売されている事からも当時の人気の高さが伺えますね!
「オレの“子猫ちゃん”(インパルス)は世界一だぞ?」と愛情を注ぐのも納得です。

クーリーカラー
ヨシムラカラー

コチラの記事で詳しく解説しています!
■東京卍リベンジャーズに登場するインパルスってどんなバイク?SUZUKI GSX400IMPULSE

HONDA – CBX400F


HONDA CBX400Fは東京卍會の創設メンバーで、参番隊隊長の「パーちん」こと林田 春樹(はやしだ はるき)の愛車です!

CBXと言えば族車の王様的な存在としても知られるバイクですが、それは今の話で発売された時代では当時にしては常識破りなほど高性能なバイクでした!
CBXが登場したのは1981年ですが、当時最速の2ストロークネイキッドバイクRZ350の45馬力を上回る48馬力をもって登場した4ストロークバイクです。

関連記事

現代でもファンが多いデザインで、人気のミニバイクのmonkey(モンキー)や、教習車としても知名度の高いCB400SF(スーパーフォア)でもこのCBX400Fのカラーリングをモチーフにしたモデルが発売されるほど。

CB400SUPER FOUR(CBXカラー)
モンキー(CBXカラー)

エキパイ(エキゾーストパイプ、マフラーの付け根の部分)がクロスしているデザインも人気ポイントです!


コチラの記事で詳しく解説しています!
■東京卍リベンジャーズに登場するCBXってどんなバイク?Honda CBX400F

KAWASAKI – KH400

KAWASAKI KH400(ケッチ)は東京卍會の創設メンバーの羽宮一虎(はねみや かずとら)の愛車です!

KH400のエンジンは2ストローク3気筒エンジン。
このエンジンのルーツとなるマシンは1969年に発売された 500SS マッハⅢ というバイク。
発売当時、世界最速の市販車といわれる程の性能を誇り「じゃじゃ馬」などと呼ばれ、
エンジン性能と車体やブレーキ装置のアンバランスさゆえに、”すぐにウィリーする” ”曲がらない” ”止まらない” などと言われ、「マッハ伝説」として語り継がれていくことに…

500SS マッハ3

そんなKawasakiのトリプル(三気筒)の最後を飾ったのがこのKH400。

KH400は過激かつエキサイティングなエンジンフィーリングが特徴。
バイクの加速はトルクによって決まりますが、KH400の最大トルクは3.9kgm/6,500rpm。(エンジンの回転数が6,500回転の時に3.9kgmのトルクを発生させます。)
1982年に登場して400ccクラス最速と呼ばれたCBX400Fの最大トルクは3.4kgm/9,000rpmですので、とても加速性能に優れていたバイクだったということが分かりますね!

パワーバンド(エンジンが最も効率よくパワーを発揮する回転数)に入った瞬間に排気音が甲高くなり、エンジンの振動も強くなり猛然と加速するときは実際よりも数段早く感じる程。
KH400はマッハ伝説を受け継いだ、とてもエキサイティングなバイクです!

コチラの記事で詳しく解説しています!
東京卍リベンジャーズに登場するケッチってどんなバイク?KAWASAKI KH400

まとめ

東京リベンジャーズに登場するバイクを紹介してみました。
どのバイクも現代のバイクには無い魅力をもったものばかりですね!
それぞれの車種を詳しく解説している記事もあるので、気になった方は是非コチラからご覧ください!

 

こちらの記事もよく読まれています

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。