前回記事
前回記事

様々なバイクカルチャー、カスタムを紹介していくこの企画。
今回はこれから伸びていきそうなジャンル、トラッカーについて。

実は大昔に始まったあるレースがきっかけの歴史の長いバイクジャンルなのです!

原点はボードトラックレース


トラッカースタイルの多くはフラットトラックレースから来ているスタイルですが、実はフラットトラックレースより前に原点がありました

1900年代初頭にアメリカで大流行していたのはボードトラックレースと呼ばれる周回レース。
アスファルトやオフロードの路面ではなく、木製の板を敷き詰めた路面でレースをするという現代では考えられないレースでした。

プロテクターなどの装備が発展していない時代でしたが最高速は160キロに到達するという過激さ

しかし1920年代にはあまりに危険なため、ボードトラックレースが禁止され、そこで初めてダートトラック、フラットトラックレースへと移行したんです。

楕円形のオーバルコースにリアタイヤを滑らしながら侵入してくるこの絵面はライダーなら一度は画像や動画で見たことがあるはず。

現在のトラッカースタイルはこのフラットトラックレーサーから来ているスタイルなんです。

定番カスタムポイントはここ!


トラッカースタイル定番のカスタムポイントはまずトラッカーシート

独特の形をしているシートですが、フラットトラックレーサーが付けていたため、カスタムパーツとしても流行って様々なトラッカースタイルのバイクが装着しています。

マフラーを見てもトラッカースタイルは一味違います。

フラットトラックレースは左回りのため、右にバイクをバンクさせることがないので車体右側の低い位置にサイレンサーをマウントするなども定番の一つ
公道では右にも左にもバイクを倒すのであんまり意味がありませんが、ストリートトラッカーとしては右出しのスーパートラップマフラーなども定番です。

他にもオフロードハンドルとは若干違う形のトラッカーハンドルなども。
オフロードハンドルは単純にハイマウントですが、トラッカーハンドルはハイマウントで少しライダー側に寄っている形です。

トラッカーはオンでも映える!


2000年代初頭のストリートバイクブームでHondaのFTR223やらYAMAHAのTWが売れていたときもトラッカースタイルは大流行。
現在ではあまり多くは見なくなりましたが、それでもまだトラッカースタイルには根強いファンがいます

ネオクラシックブームと重なってトラッカースタイルも進化しています。


中でも目新しいのがインディアンのFTR1200。

トラッカースタイルのアメリカンですが、シートとカウルが一体型のトラッカーシート、トラッカーハンドル、右出しアップマフラーなどトラッカースタイルを極めたバイクです。

他にもFanticというメーカーからもフラットトラッカーが発売中。
トラッカーだからといってオフロードを走らなければいけないわけでもないし、オンロードでも十分かっこよく見えるスタイル

レースから始まり、カスタムジャンルとしても派生してメーカーが公式で作ったトラッカースタイルのバイクもこれまで様々発売されてきました。

カフェレーサーやスクランブラーが流行っている今、今後トラッカースタイルが来るかもしれません!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。