125クラスの人気は未だ留まることを知らず、絶好調!

MT車はこれまで中古ばかりのラインナップでしたが、ここ数年メーカーから新車が販売され始め、中古市場の流れも変わってきました。

今回は125MT車のフルサイズ、250や400などと同じ大きさを持つクラスのオススメ車種をご紹介します!

ネイキッド

SUZUKI GSX-S125

2017年にスズキから登場したGSX-S125。
GSXシリーズといえばスズキのスポーツバイクに名付けられる冠的なネーミング。

GSX-R125もありますがSの方はネイキッドモデルとなっており、スポーツだけでなくストリートでの乗り味も重視したモデルです。

KTM 125Duke

125スポーツの火付け役と言ってもいいのが125デューク。
125クラスがここまで人気になる前からあるモデルで、発売当初はコアなファンに愛されていましたが今では初心者はもちろん、女性ライダーからも人気な車種に。

ネオネイキッドスタイルの先駆けとも言える特徴的な尖ったスタイリングも魅力の一つです。

Honda CB125R

CB125Rは125人気に火が付いた辺りに登場した新世代CBの125バージョン。
同時に250や1000もラインナップされましたが、それとほぼ同等のスタイリングを持っています。

ネオレトロ的なモダンなスタイリングを持った125は唯一このモデルだけでしょう。

SUZUKI GN125

ジャンル的にはネイキッドですが、アメリカン的な一面も持ったGN125。
最近のスタイルとはひと味違い、旧車的なルックスです。

実は80年代に発売されたモデルからほとんどスタイルや設計が変わっておらず、日本だけでなくインドネシアや中国などアジア全体で活躍するモデルです。

125ccネイキッドの中古車はこちら!
■乗り換えを検討中の方はこちら■

フルカウル

YAMAHA YZF-R125


とても125とは思えないスポーツ色全開のモデル。
レースでも活躍するYZF−R1と同じシリーズというだけあって攻めに振った125です。

相場は少し高めですが、人気の絶えないレアなモデルです。

aprilia RS4 125

こちらも攻めに振った125ですが、海外メーカーのアプリリアが手がける車種とだけあって他の125とは一味違う、高級感をまとったモデル。
アルミフレームに倒立フォーク、ガルアーム、腹下マフラーなど、スポーツバイクの推しどころを全て押さえています。

ズバ抜けたSSスタイリングに乗りたいならこれをオススメします。

Honda CBR125

一見CBR250と同じに見えるCBR125ですが、まさにその通りで細かいところ以外はほとんど同じスタイル。
スポーツルックスですが、ツーリングや街乗りなどもフォローした何でも屋さん。

フルカウルがいいけど125でいろんなことがしたい、という方にオススメです。

125ccフルカウルの中古車はこちら!
■乗り換えを検討中の方はこちら■

オフロード

KAWASAKI KLX125

フルサイズ、ではありませんがミニバイクでもない小排気量独特の大きさなのがKLX125。
車高が高いイメージが強いオフロードバイクですが、KLXは女性でも両足が余裕で付くくらいのサイズ。

長く販売されていたモデルとだけあって価格も安く、まずはこれで遊んでみよう、という時に選びやすいモデルです。

Honda クロスカブ

オフロードも、ストリートも両方走れちゃうのがホンダのカブシリーズ。
クロスカブはオフロードに振ったモデルです。

しかし本格オフロードとは違い、あくまで遊びの範囲で速く、ではなく楽しく快適に走れるモデルです。

クロスカブは割と新しいですが、ちょっと戻ればCT110、別名ハンターカブというのもあります。

オフロードはもちろん、クラッチがないカブだからこそ楽しいバイク遊びが出来る車種です。

125ccオフロードの中古車はこちら!
■乗り換えを検討中の方はこちら■

まとめ

125は確かに非力で250にさえ負けてしまう、というイメージはありますが、逆に125にしか無い魅力があります。
高回転まで回す楽しさ、手のひらに収まるパワー、軽い車体などはこのクラスでしか味わえない楽しみです。

ビックバイクで行く長距離ツーリングと、125で行く近所のツーリングはなぜだか同じくらい楽しかったりするもの。
盛り上がっている今だからこそ、乗っておきたいクラスです!

■乗り換えを検討中の方はこちら■

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。