ゴールデンウイークなど大型連休と言えばロングツーリングです。いつもの週末ツーリングよりも、もっと遠くへ。そんな時に便利なアイテムがETCですが、今回は、高速料金がとてもお得になる「ツーリングプラン」のお話です。

1.高速料金が半額以下!? 「ツーリングプラン」とは?


ざっくり言うと、「ツーリングプラン」とは、ETCを利用した二輪車に限り、定められた期間内のみ、対象エリア・コースでの高速料金が「定額かつ乗り降り自由」になるプランです。コース取りによっては、通常料金のほぼ半額程度で利用できるので、ツーリングライダーに人気の割引商品となっています。ツーリングプランは一昨年から始まったものですが、今期は対象エリアを拡大し全19コースに! 北海道や四国でも利用できるようになり、より魅力的なものとなりました。

ツーリングプランを利用できるのはETC搭載車両のみですから、前提条件として、ETC車載器の購入と車両への取付・セッティング、クレジットカード会社とのETCカード契約が必要です。さらに、利用の際には、公式サイトで各コースへの申込みが必要となります。PCだけでなくスマホからも利用でき、出発当日や高速道路に乗る直前の申込みでもOK。また、申し込んだ後にキャンセルしたとしてもキャンセル料がかからない点も嬉しいですね。利用回数にも制限がないので、対象期間内であれば何度でも利用できます。

2.我々ライダーが「ツーリングプラン」を使うべき理由とは?


一昨年から開始され、徐々に対象エリアを広げてきたツーリングプランですが、実は、ただのお得な割引商品ではありません。表向きは、ツーリング需要の喚起により観光地やツーリングスポットの活性化、高速道路の利用促進が目的とされていますが、真の目的は、

「軽自動車と自動二輪車の車種区分を分けること」

にあります。普通車、軽自動車等(125cc以上のバイクも含まれています)、中型車、大型車、特大車と5つに分かれている車種区分ですが、125ccと軽自動車が同じ料金区分というのは誰がどう考えたっておかしいわけです。

バイクメーカー国内4社の集まりである日本自動車工業会二輪車特別委員会やバイク販売店の集まりであるAJ(全国オートバイ販売店協同組合連合会)といった二輪車関連団体は、自民党オートバイ議員連盟や自民党政務調査会二輪車問題対策プロジェクトチーム(以降、PTと略記)、さらには同じ与党である公明党オートバイ議員懇話会といった活動の場で、所属議員ほか関係省庁担当者に説明、要望を続けてきました。※上写真参照

そもそも、高速道路の料金というものは、下記①~⑤を掛け合わせたものに消費税を加え、10円単位の四捨五入端数処理をした金額で計算されています。

①走行した距離
乗ったインターから降りたインターまでの距離
②1kmあたりの料金
地方部で24.6円、都市部で29.52円(地方部の1.2倍) ※普通車の場合
③車両の大きさ
普通車を基準とした車種間比率は以下

軽自動車等 普通車(基準) 中型車 大型車 特大車
0.8 1.0 1.2 1.65 2.75

④長距離割引
100kmを超えた場合、100~200kmの部分は25%割引、200kmを超える部分については30%割引となる
⑤1回につき150円
利用1回における固定額。いわゆる初乗り料金で車種を問わない

PTでは、普通車1.0に対して軽自動車が0.8ならば、「バイクは0.5(軽自動車の5/8)」であるべきと提言されています。こうした考えを受け、国交省やネクスコ各社も前向きに検討し、まずは二輪車の高速道路利用実態を把握するべく始まったのがツーリングプランという実証実験なのです。

自動二輪車 軽自動車 普通車(基準) 中型車 大型車 特大車
0.5 0.8 1.0 1.2 1.65 2.75


我々ライダーがツーリングプランを利用することで需要の大きさを示し、軽自動車と車種区分を切り離してバイクの通行料金を0.5に設定し直せば、利用者数や利用回数はますます増えていくことでしょう。

3.全国に拡充した「ツーリングプラン」の概要とは?


それでは最後に、ツーリングプランの概要を記しておきます。
●対象期間
2019年4月26日(金)~2019年11月30日(土)
※北海道の2コースのみ、10月31日(木)まで
●対象車両
ETC無線通信により高速道路を走行可能な二輪車
●コース・プラン料金・申込み先
申込みは4月24日(水)15時から。対象エリア内は乗り降り自由。
※⑫⑬⑭の各コースは6月27日~6月30日の期間は利用できないので注意。

コース名 利用期間 プラン料金(税込) 申込み先
北海道 ①道南・道北コース 3日間 6,000円 NEXCO東日本公式WEBサイト「ドラ割」
http://www.driveplaza.com/trip/drawari/
②道南・道東コース 3日間 6,000円
首都圏 ③関越道・上信越道コース 3日間 5,000円
④東北道・常磐道コース 3日間 7,500円
⑤東関東道・館山道コース 2日間 2,500円
⑥東名・中央道・中部横断道コースミニ 2日間 3,000円 NEXCO中日本公式WEBサイト「速旅」
https://hayatabi.c-nexco.co.jp/drive/
⑦東名・中央道・中部横断道コースワイド 2日間 4,000円
中京圏 ⑧東名・中央道コース 3日間 5,000円
⑨伊勢道コース 2日間 3,000円
⑩東海北陸道・北陸道コース 3日間 5,000円
⑪中央道・東海北陸道コース 2日間 2,500円
関西 ⑫名神・北陸道・京都縦貫道コース 2日間 3,500円 NEXCO西日本公式WEBサイト「みち旅」
https://www.michitabi.com/
⑬中国道・山陽道・播但道コース 2日間 3,000円
⑭阪和道コース 2日間 2,500円
四国 ⑮香川・徳島・高知コース 2日間 3,000円
⑯愛媛・高知コース 2日間 3,000円
九州 ⑰熊本・佐賀・長崎コース 2日間 3,000円
⑱熊本・大分・福岡コース 2日間 3,000円
⑲熊本・宮崎・鹿児島コース 3日間 4,500円

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

田中淳磨
46歳・男性・北海道札幌市出身
二輪専門誌編集長、二輪大手販売店、官公庁系コンサルティング事務所等に勤務ののち二輪業界で活動するコンサルタント。二輪車の利用環境改善や市場創造、若年層向け施策が専門で寄稿誌も多数。