前回記事

バイクは排気量によって使い方や乗るために必要な免許が変わります。

前回は50cc原付を紹介しましたが、今回は125ccについて。

125ccクラスは他のバイクとは何が違ってどういうメリットがあるのか、改めて解説していきます。

免許・維持での違い

小型自動二輪免許で乗れる


125ccを運転するために必要な免許は小型自動二輪免許となり、原付免許の一つ上のカテゴリーになります。

車を運転するための普通自動車免許では運転することはできません。

普通自動二輪免許や大型二輪免許があれば運転することが可能です。

教習は最短2日


小型自動二輪免許は教習所で実技教習を受け、試験場で学科試験に合格することで取得できる免許です。
既に普通自動車免許を持っている場合は学科は免除で実技教習のみとなりますが、近年教習内容が見直され最短2日で取得できるようになりました。

しかし予約の問題もあるため誰もが2日で取れるわけではありませんが、以前より取りやすくなったのは事実です。

車体が安い

125ccクラスはスクーターもMT車もありますが、125ccスクーターは車種が多く日本中で売れているため車両価格がかなり安価です。

新車でも20万以下のモデルがあったり、中古車では原付とほぼ変わらない10万円前後で買えることも。
逆にMT車は希少のため少し値段が張る場合がありますが、スクーターなら原付とほぼ変わらない価格で購入することができるクラスです。

維持費が安い

125ccクラスの自動車税は年間2,400円、自賠責は12ヶ月で7,070円となっています。
こちらもほぼ原付と大きな差がないため、かなりお得に乗ることができます。

任意保険も車など他の車両で契約している方ならファミリーバイク特約が使えるので、これまでとほぼ変わらない値段で乗り始めることができます。

運転での違い

車と同じ速度で走れる

125ccクラスの制限速度は250以上のバイクや車などと一緒の速度です。
原付のように最高速制限はありません。

125ccとはいえかなりパワーがあるので車と同じペースで走ることはもちろん、ペースをリードして走ることも可能です。

二人乗りできる

125ccクラスでは二人乗り、タンデム走行ができます。
125ccクラス以上から二人乗りが許されているので最も簡単に二人乗りができるクラスとも言えるでしょう。

原付より車格も大きく、シートも広いので現実的にも楽に二人乗りができるバイクが多いクラスです。

高速には乗れない

簡単に乗り始めることができ、安くて制限もない125ccクラスですが、唯一の欠点は高速道路に乗れないこと。
パワー的にも125ccでは100キロ巡航は厳しいので下道しか走ることができません。

高速道路以外にも稀に125cc以下通行禁止の陸橋や幹線道路などもあるため注意が必要です。

まとめ

数年前まではビジネスバイクとしての需要が高かった125ccクラスですが、最近ではビジネスバイク以外にも趣味として楽しめる125なども登場しています。

スクーターはもちろん、MT車もあるので400に乗る前に前段階として125から始める方も多いようです。
簡単に乗り始めることができてある意味一番コスパが良いクラスなので新生活の足としてや、バイクに乗ってみたいけど普通自動二輪免許をとるのはちょっと大変、という方にもバイクの手始めとしておすすめできるクラスです!

こちらの記事もよく読まれています

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。