バイクは機械なので年月が経てば自然と錆びたり、汚れたりしていくもの。

洗車して落ちるレベルなら良いですが、エンジンのパーツや錆びたアルミなどは洗車ではもちろん無理、ケミカルを使っても完璧には落ちないのです。

しかしプロのバイク屋さんはどんなに汚いバイクでもどんなに古いバイクでもお金を払えばすごくキレイに直してくれますよね?
どうやったらそんなにキレイになるのか、今回はプロが使う洗浄器具「ウェットブラスト」をやってみました!

エンジンパーツで実践


今回ウェットブラストするのは編集部で以前レストアした5万円で買ったSR400のエンジンパーツ

さすが5万円とだけあってエンジンのシリンダーやヘッドなど、アルミパーツは腐食して超絶的な汚さ…。

空冷ならではですがフィンの隙間までガッツリ錆びてます。

鉄が錆びると茶色ですが、アルミは錆びると白くなるんです。

これはシリンダーヘッド
オイル漏れと長年蓄積された汚れによって触りたくもない汚さ笑。

特にこういう細かく入り組んでいるところは手で磨こうとしてもほぼ不可能ですよね。

内部はカーボンが溜まって真っ黒。

バイク屋さんはこれをバラして掃除していると思うと凄いなぁって思います。

水と砂を噴射!


そしてこれが噂のウェットブラストをする装置一式。

ウェットブラストは水と一緒に砂を噴射することで腐食を削って落とす仕組みなんです。


内部は水と噴射ノズルが入っていて、ここにパーツを入れて蓋を閉め、密閉空間でブラストしていきます。

密閉しないと砂が飛び散って悲惨なことになり、しかも内部で砂が循環しているのでやっているうちに足りなくなってしまうのです。

ということで、プロはどうやってこんな汚いパーツをキレイにしているのか、いざ実践してみます!

ブラスト中の動画はこちら!

新品じゃありません


そしてこれがブラスト後のシリンダーヘッド
綺麗すぎでしょ…。

なんだかんだ2時間近くブラストしていましたが初心者の割には良く出来ている方だと思います。

細かいところまでしっかり洗浄されています。

手を使って「擦る」ではなく、ウェットブラストは噴射して「砂を当てて落とす」のでスプレー噴射するのとほんと同じノリ。

ついでに内部のバルブにも吹いてキレイにしました。

これはバイク屋さんの中でもやる人とやらない人いるらしいのですが、僕の場合はとりあえずやってみてキレイにした後バラして残っている砂を落とし、組み直したのでセーフ?

シリンダーもしっかりキレイになっています。

ただ、フィンの隙間は超大変でした…。

一個一個のフィンの間に吹いて洗ってを繰り返してそれを4面

途中めんどくさすぎてもういいかな、と思っちゃいましたが、いざ蓋を開けて生で見ると汚れが見えるので納得できずまたブラストしちゃうのがウェットブラストの魔力です笑。

実際やってみて思いましたが、根気よく一つの作業を長時間できる人はできます。

ただ飽きっぽい人がやったときの10分以降は地獄でしょう笑。
これを人に任せられるならバイク屋さんにお願いするのは高くないのかもしれません。

もう一つビフォーアフターがわかりやすかったのがピストン。

元はこんな真っ黒で捨てたほうが良いのではないかと思っていましたがブラストすると…。

この綺麗さ。
もちろん新品に差し替えていません

でも新品と言っても通じるくらいブラストするだけでここまでキレイになるのです。

プロがバイクをキレイにレストアできる理由が少しだけわかった気がします!

まとめ

今回ウェットブラストをさせてもらったのは千葉にあるオートボーイ津田沼。
ここでウェットブラストをしてもらうことができます。

自分ではやらせてもらえませんが、エンジンだけじゃなく細かいパーツをキレイにしたいならぜひオススメしたい洗浄方法です。

是非自分でもやってみたい!という方はレンタルスペースなどでも時間貸しでブラストさせてくれるところもあるようなのでお近くでやっているところを調べてみてください。

想像以上のクオリティに仕上がりますよ!

オートボーイ津田沼〒273-0862 千葉県船橋市駿河台2丁目5−46

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。