2020年から続く新型コロナウィルスの蔓延、それに伴うバイク部品や半導体不足・物流の混乱・生産遅延など断続的に発生しているにも関わらず、国内の新車出荷台数は上昇の傾向を見せるバイク業界。一方、中古バイクの未来はどうなっていくのでしょうか。

中古バイクにまつわるデータや社会情勢から読み解き、今後の中古バイク価格動向について全3回に分けてお届けいたします。
第一回目の今回は、「過去10年間のオークション相場から見る中古バイク価格」を考察していきます。

■国内の新車の状況と中古オークション状況は?

最初に新車の状況ですが、2021年は新型コロナウィルス蔓延の長期化に伴い、2020年同様に様々な制約があったにも関わらず、2021年の国内におけるバイクの新車出荷台数は全排気量で前年越えを果たし、全体では37万8720台(出所:自工会)と前年比15.3%のプラスとなり、減少傾向にあったバイクの出荷台数が2015年の水準にまで回復しています。

一方、中古車のオークション相場は2020年7月より上昇し2021年に入るとさらに上昇を続けています。

以下は国内の中古バイク、すべての排気量※を合計したオークション相場です。(中古車データグラフは年間10万台以上の買取台数を誇るバイク王独自データ集計により作成)
※原付一種、原付二種、軽二輪、中型、大型

2020年の平均価格が181,187円に対し、2021年の平均価格は237,352円と、平均価格は56,165円上昇しました。

2021年は新車出荷台数はコロナ前の新車出荷台数までに回復したにも関わらず、依然として中古価格は上昇を続けました。
「新車の供給が追い付けば中古価格が安定する」という見方もありましたが、中古価格は依然上昇傾向が続いています。

■要因① コロナ禍により、ライダーの意識に変化が!?

ライダーの意識調査(出所:2021年度二輪車市場動向調査 報告書)によれば、コロナ禍によってバイクの需要が増加した要因は、三密を避けるのに有効な移動手段”という認識が見られる、という事です。
また、軽二輪・小型二輪の購入者は、新しい生活様式への変化に伴いライフスタイルを見直した結果二輪車を選び、自粛の風潮の中でも一人で楽しめる、そしてレジャーとしての色合いが強いソロツーリングのニーズが高まっている、という変化が見て取れたようです。
コロナ禍という社会背景において、時勢に合っているバイクという趣味があらためて見直され、需要が高まりを見せたと考えることができます。

■要因② バイクのような一人で楽しめる趣味が追い風に!?

一人で楽しめる趣味という事では、2019年より自宅で過ごす事が多くなり、自宅での趣味を模索する動き、いわゆる「おうち時間」を模索する動きが出てきました。
芸能人・著名人や従来のインフルエンサーは、一人で情報発信可能なYouTubeなどを介して情報発信量を増やし、視聴者数も増加しました。

google社の調査によると、2020年9月のYouTube月間利用者数(18〜64歳)は6,500万人を超え、「新型コロナウイルスの流行以降にYouTubeの利用が増えた」と回答した人は74%に達し、
YouTubeにアップロードされた動画の総時間数は前年同月比で80%増加しているということです。


(出所:Google社 『月間6,500 万ユーザーを超えたYouTube、2020年の国内利用実態──テレビでの利用も2倍に』)

このことから、視聴者数だけでなく発信側の人数や投稿頻度も増加していると考えられ、バイクというジャンルにおいても、YouTubeなどで親和性の高い「一人旅」や「アウトドア」といったテーマの動画や、趣味性が高い根強い人気の旧車を扱うチャンネルなどの視聴時間が伸びたと思われます。

こうした動画視聴の機会が増えた事で、ライダーはバイクに関して知識を深め、バイクの持つ楽しさや多様性にあらためて触れることになります。

そして、好奇心を刺激されたライダーは、結果としてバイクに乗り始め、バイク市場全体の需要増につながったという見方もできるのではないでしょうか。

■要因③ 良い状態の中古車は年々減少する!?

需要の増加に伴って、中古車の供給数の増加が伴えば中古価格の安定につながりますが、中古車は、年数の経過とともに経年劣化が進むため、良い状態を維持できるバイクは年々減少していきます。

そのため、整備が必要となるバイクが増え、とりわけ高度な整備技術を要し、また部品の確保が困難な絶版車のバイクは最終的な小売価格が上昇する傾向があります。

こうして中古車は全体として希少性が高まり、整備コストもかかってくるため価格が上昇すると考えることができます。

直近のデータでは、2022年の2月から4月は価格が一旦落ち着いたものの、5月には再度2021年ピークの27万円台まで回復しました。

2月~4月といえば、ウクライナ情勢により、ロシア向けの輸出規制等で海外輸出バイヤーの買い控えが発生し、一時的にオークション相場が下落しましたが、最近の円安によって海外輸出向けのバイヤーによる仕入があらためて活性化しているようです。

また国内においてもこれからのバイクシーズンに向けて需要が高まる時期になっており、バイクの中古車市場における活況はしばらく継続するのではないでしょうか。

次回のバイク未来総研ではバイク王が持つ販売データから中古バイク価格の未来をさらに深堀して読み解いていきます。ご期待ください!

【中古バイクオークション相場から見る未来予測】

・コロナ禍により密を避ける移動手段としてバイクが注目され、需要の高まりを見せている
・アウトドアと親和性が高く、一人でも楽しめるバイクという趣味がコロナ禍において注目され需要の高まりを見せている
・希少性の高い中古車は今後も一定の需要が見込まれる
・中古車は経年劣化により供給数は減少するため中古価格は緩やかに上昇すると見込まれる
・劣化したバイクは整備の手が入るため、価格上昇の一因となる

バイク未来総研所長

宮城光のココがポイント

この数年のバイクの価格上昇は、改めて前段でのデータ検証で明確になりましたね。

元々、近年の国内バイクのマーケットでは、グローバルモデル展開として250ccクラスを中心とした若い世代へのタッチポイントを増やしながら、確実に新規ユーザーへの誘い込みを行ってきました。

そこへ、今回のコロナ禍で若い世代にも時間を有効利用できるチャンスが増え、より多くバイクと対面する時間が増えた事もバイクブームの大きなトリガーとなったのではないかと感じます。

距離を走り、一人でも楽しめる性質を持つバイクは、マーケットに存在する個性的な車両(中古市場)へも、選択肢が広がるのは当然の流れとも言えます。

一方で世の動きもテレワーク、オンライン会議などネットを中心とした動きへとシフトチェンジしたのは私自身もそうでした。

そしてネット情報に刺激され、郊外でのリアルなリフレッシュを求めるという世相が複雑に重なった結果なのではないでしょうか。

 

こちらの記事もオススメです

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

筆者プロフィール

宮城光

1962年生まれ。2輪・4輪において輝かしい実績を持つレーサーとして名を馳せ、現在ではモータージャーナリストとしてMotoGPの解説など多方面で活躍中。2022年、バイク未来総研所長就任。