前回記事

ビギナーはもちろん、ベテランも含む幅広い層からも人気な250ccクラス。

前回はメリット・デメリットをご紹介しました。
今回は250ccクラスで最も人気なネイキッド・フルカウルタイプのオススメ車種をご紹介します!

圧倒的人気、フルカウル

YZF-R25

250ccのフルカウルと言って外せないのがYAMAHAのYZF-R25。

今一番人気のフルカウルと言っても過言ではないバイクです。
車体全体を覆った流線系カウル、スポーツバイクらしいスタイリングは一昔前の250ccとは比べ物にならないレベル。

見た目はバリバリスポーツバイクですが、中身は誰でも扱いやすいというのも魅力の一つ。
サーキット、というよりはツーリングや街乗りでも楽しく乗れてシチュエーションを限定しないマシンです。

人気の車種とだけあって在庫数が多く、中古価格も安め。
250ccのスタンダードバイクとして選びやすいバイクです。

■YZF-R25の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

Ninja250

KAWASAKIのNinja250はフルカウル人気の火付け役となったバイク。
これが出てくるまで大型と同じようなスポーツカウルの250ccは少なく、あっったとしても本気すぎて誰でも簡単に乗れるバイクではありませんでした。

言ってしまえば、今の250ccの流れはNinja250から始まってるいるとも言えるのです!

こちらもR25と同じく、扱いやすいキャラクターが特徴。
しかし多少スポーツ思考が強く、「ツーリングとかもやりたいけどサーキットにも同じマシンで行きたい」という方にオススメ。

歴史が長いバイクなので、年式によってスタイル、乗り味が多少変わりますがベースは同じなのでキャラはブレません。
女性にもおすすめしやすいフルカウル250です!

■Ninja250の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

ネイキッド

ホーネット250

若干渋めのスタイリングに極太タイヤ、高回転エンジンと三拍子揃っているのがHondaのホーネット250。
現実的に普通の値段で買えて、速い250 ccといったらまずコレでしょう。

最近のバイクではありえない、250 ccにして4気筒エンジンを搭載しています。

バイクを音で選ぶ、という方もいますが、ホーネットはその点ズバ抜けてトップ。
高回転まで回せば「フォーン!!!」と大型とほぼ変わらない快音と共に強烈な加速をしてくれます。

他の250 ccと比べ、低回転は物足りないところもありますが、今後ドンドン価値が上がっていくレア車候補な250 ccマシンです!

■ホーネット250の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

CB250F

最近のネイキッド250であればHondaのCB250Fがオススメ。
ホーネットとは違い、スポーツバイクのカウルを剥がしてカスタムしたような荒々しさが特徴。

海外のストリートファイター的な要素も混ざったのが今のネイキッドスタイリングです。

フルカウルのR25やNinjaは2気筒エンジンですが、CB250Fは単気筒エンジン。
低回転の力強さ、粘り強さはピカイチです。

攻めたスタイリングの割にポジションもかなり楽なので初めてのバイクとしても選びやすいマシンです!

■CB250Fの在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

ハーフカウル

VTR250F

フルカウルとネイキッドのちょうど中間に位置するのがハーフカウル。
上だけ見ればフルカウル、下だけ見たらネイキッドという少し独特なスタイルです。

HondaのVTR250Fは250 ccクラスにしてハーフカウル仕様という今ではちょっと珍しいバイク。

ネイキッドらしい軽さ・力強さもありつつ、高速などで役立つフルカウルの風よけもできるのでまさに一石二鳥。
V型2気筒エンジンなのでスポーツツインらしいドコドコという吹け上がりで引けをとらない加速を見せます。

ネイキッドバージョンのVTR250よりも少しだけ高めの中古相場ですが、このスタイルが刺さるライダーは多いはずです!

■VTR250Fの在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

次回はオフロード・アメリカン!

250 ccの定番人気タイプ、フルカウル・ネイキッドは全体的に在庫数が多いので、安価で買えて手に入れやすいバイクが多いシリーズです。

次回は250 ccのオフロード・アメリカンタイプを紹介!
オフロードは250 ccに特化した魅力、アメリカンは大型メインと思われがちですが、250 ccにも良いバイクは眠っているんです!

次回記事

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!