ツーリングなどで長時間バイクに乗っているとハンドルから伝わってくる振動で疲れることがあります。
単気筒や2気筒などのほうが振動が多いと思われがちですが、3気筒でも4気筒でも違う質の振動が常に起こっているため、対策が必要です。

今回はライコランド東雲に聞いた、バイクの振動対策アイテムについて。
振動対策一つとっても様々な対処法があるんです!

グリップで対策


まずは一番メジャーなグリップで対策するパターン。
PRO GRIPには振動吸収ゲルが内蔵されていて、バイクからの振動をゲルが吸収することで振動を抑えることができます。

グリップなら交換するだけなのでお手軽な対策法です。


実際握ってみると普通のグリップよりも柔らかく、これなら振動吸収してくれそうな雰囲気!
ゲルは完全に内蔵されていて外から見ることはできませんが、握ればゲルが入っているのがわかるくらい柔らかい握り心地です。

PRO GRIPはゲル内蔵モデルが様々ありますが、この形は指がフィットしやすいように作られていて長時間の運転も疲れにくそうです。


次にZⅡタイプのグリップも振動吸収に少し貢献してくれるアイテム。

ゲルなどは入ってませんが、滑り止めの意味で柔らかいゴム素材のリブが出ていて、直接握るよりも若干浮いた状態で握れるため、通常のグリップよりも振動が感じにくくなるんです。


握りやすさば抜群!
しかし普通のグリップよりも多少太く感じるかもしれません。

実際僕はSRでこのグリップを一時期使ってましたが、エンジンが高回転で回っているときの細かい振動はかなり軽減されました。
クラシカルなスタイルのグリップですが、振動対策としてチョイスしても良いグリップだと思います。

バーエンドで対策


グリップと同列くらいにメジャーなのがバーエンドでの対策。
ハンドルの末端に重さをもたせることで振動軽減ができます。

ハリケーンのグリップエンドは重さ別で3種類ラインナップ。


一般的な重さのグリップエンドから、ミディアムウェイト、ヘビーウェイトと自分のバイクの振動に合わせて選ぶことができます。

重いほうが揺れにくくなるため軽減されやすいですが、そこまで気にならないけど転倒したときのスライダー代わりとしてだったり、重さ重視だったり、求めているものによって選びやすくなっています。


POSHからは重さを重視したウルトラヘビーバーエンドがおすすめ。
実際持ってみてもかなり重く、一個あたり336gとなっています。

アルマイト処理されたカラーが様々あるのでバイクのカラーに合わせて選びやすいのもポイントです。


バーエンドだけではなく、ハンドルの内部までシャフトを通して振動を軽減させるものもあります。
EFFEXのハンドルバーウエイトは振動減衰特性に優れたバランサーシャフト自体を振動させることで、グリップには振動を伝えないという仕組み。

振動は車体の重心から離れれば離れるほど増幅されるため、振動の種類によってはこちらのほうが軽減されるかもしれません。

非貫通グリップにも対応


グリップには貫通タイプと非貫通タイプの2種類があります。
先程紹介したZⅡグリップなどは非貫通タイプ。

こうなるとバーエンドを装着することができませんが、非貫通タイプにも対応したシャフトのみのタイプもあります。


POSHのインサートウェイトバーは非貫通グリップを付ける前にハンドル内部に入れることでバーエンドと同等の振動対策ができるアイテム。

非貫通グリップでも貫通タイプに変えてバーエンドを付けることも可能ですが、見た目的に好きじゃない!という方はこういったアイテムで見た目を変えずに対策することができます。

グローブで対策


ハンドルに取り付けることで対策する場合もありますが、中にはグローブで対策できるアイテムも。

IDEALのSHINYという夏用グローブはハンドルと触れる部分にエアゲルを内蔵することで不快な振動を軽減してくれるグローブです。


実際装着して握ってみると、一番力がかかる部分にゲルが来ているため、ハンドルとの間に少し隙間ができた状態でしっかり握り込むことができます。

バーエンドなどとはまた違った対策方法ですが、複数台バイクを持っていて、全部のバイクで対策したい場合はこういったグローブもおすすめです。

振動は奥が深い


バイクの振動はエンジンから伝わってくる振動と別に路面のノイズや突き上げによる振動など様々あります。
そして一概に「これをつければ振動が止まる!」というアイテムはありません。

エンジンの振動は気筒数や2ストか4ストかなどによって振動の種類が変わってしまい、路面からの振動はタイヤやサスペンションによって変わってしまいます。

なのでバーエンドで言うと重い物のほうが振動軽減には貢献してくれますが、重くすることで振動の周波数を変えて軽減させているので一概に重ければいいというわけではありません。

ハンドルの素材によっても変わってしまい、今振動がないバイクでもミラーを変えたりして重さが変わった時に振動する可能性があります。


なので完全に止めるのはかなり難しいんですが、そのために様々な振動対策アイテムが出ているというのもあるんです。
現状で振動が相当激しい場合はグリップ、バーエンドを変えるだけで何かしらの変化はあるはずです。

ライコランド東雲ではグリップだけでも売り場一面埋め尽くすほどの種類がラインナップされていました。


ネットでも用品は買える時代ですが、こういうアイテムこそ実物を見て選びたいところ。

バーエンドも同じく相当な数の商品があるため、実際に手にとって重さを比べて選ぶこともできます。
奥が深い振動対策だからこそ、実物を見ながら、場合によっては店員さんにアドバイスをもらいながら選べるのは嬉しいところです。

今回紹介してもらったのはこのお店!

ライコランドTOKYO BAY東雲


ライコランド TOKYOBAY東雲店
営業時間:11:00~20:00(土日は10:00~)
〒135-0062 東京都江東区東雲2丁目7-12

こちらの記事もよく読まれています

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。