真夏のライディングは暑さとの戦いです。
特に停まって進んでが多い街中はエンジンから上がってくる熱が凄くてついつい走りっぱなしの高速を使っちゃうこともありますよね…。

今回は真夏のライディングで涼しさを感じれる冷感インナーをライコランド東雲店に紹介してもらいました!
暑さ対策をして快適に夏バイクを楽しみましょう!

次世代の冷感インナー「氷撃」


着るだけで涼しい!と話題の冷感インナーがこちら。

名前からして涼しそうですが実際の効果も抜群らしく、人によっては寒いくらいの涼しさなんだとか!
これは期待できそうです。


表面にプリントされたこの模様が涼しさを生み出しているヒミツで、汗に反応して持続的に涼しさを感じさせる冷感プリントというもの。

風が当たると涼しさが増すので、風の中を走るバイクで使ったら涼しいこと間違いなし!


ライコランド東雲では氷撃のテストコーナーがあります。
氷撃アームカバーを装着し、汗の代用として水を吹きかけ、扇風機で風を当ててみると、着ていないところよりも明らかに涼しい!

これは寒いと言われる意味もわかる効力の高さです。


氷撃には様々な種類があり、長袖インナー、半袖インナー、下に履くタイツ、アームカバー、フェイスカバー、インナーキャップまでラインナップ!

バイク用、というわけではなく全般に使えるインナーですが、十分バイクで使える様々なインナーが揃っていました。

スプレータイプも!


普通のインナーに吹き付けて使うスプレータイプもラインナップ!

インナーを先に試してしまったので、若干効果は劣っているように感じましたが、普通のインナーに吹いてみても十分風によって涼しさが倍増されているのがわかりました。

インナーもスプレーもこの効果にしてはお買い得なのでまずはテストコーナーで試してみてください!

水冷インナー「LIQUIDWIND」


お次はRSタイチから発売されている水冷式?とも言えるこちらのインナー。
汗ふきシートなどでもお馴染みのGATSBY(ギャツビー)との共同開発で生まれたインナーです。

冷却水と走行風によってウェアの温度を最大5.2℃下げてくれます。


腰部についたこのボトルに冷却水が入っていて、プッシュするとホースを伝って首元まで冷却水が送り込まれます。

インナーとしては他では見ないタイプなので、男心くすぐられますね!


伝ってきた冷却水は首元のパイプから染み出し、インナーの胸と背中濡らします。
ただでさえ冷感効果のある冷却水がインナーに染み渡り、それに走行風が当たるのでかなりの涼しさになるんだとか!
なので水冷+空冷効果も合わさっています。

冷却水の効果を直に体感できるのでギャツビーの汗ふきシートで常に拭いてるようなもの。


服が濡れないように風通しの良いエアフローベストも販売しています。

今回は種類の違う2つの冷感インナーをご紹介しましたが、他にもスプレータイプも含めた冷感製品が各社からラインナップされています。
暑い夏のライディングでバテる前に、冷感製品を使って快適で楽しい夏バイクライフを送ってください!

今回紹介してもらったのはこのお店!

ライコランドTOKYO BAY東雲


ライコランド TOKYOBAY東雲店
営業時間:11:00~20:00(土日は10:00~)
〒135-0062 東京都江東区東雲2丁目7-12

こちらの記事もよく読まれています

筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王

~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。