前回記事

バイクと切っては切り離せない存在のカウル。
前回はカウルの始まりや歴史などを紹介しました。

今回は純正でカウル付きの旧車を紹介!
今でもファンが多い旧車独特のカウリングです!

250シリーズもアツい

NSR250R MC16


2ストレプリカ250の中で一番知られた存在のNSRですが、あの伝説的人気になり始めたのはMC18以降のモデル。

それより前にあったMC16は同じレプリカですが一味違ったカウリングなんです。


特にテールカウルのゴツゴツした無骨な雰囲気を愛するファンも多く、わざわざMC18や21にこのテールカウルを付ける人もいるくらい。

今ではこの雰囲気のバイクは出てこない、当時ならではのちょっとマニアックなカウリングです。

TZR250 1KT


TZRシリーズも今やNSRと同等の人気を誇りますが、TZRと名前がついた一番最初のモデルが1KT。

公道版TZとしてデビューしたとだけあって当時のTZ(レーサー)と瓜二つのスタイリングです。


現代のような鋭いカウリングではなく少し丸みがあって今見るとクラシカルな魅力も感じます。

他のTZRシリーズほど高価ではないので今でも現実的な値段で買うことができる250レプリカです。

インテグラシリーズは旧車感満載


70年代~80年代にかけてホンダの一部モデルでは車名のあとに「インテグラ」という名前を追加したフルカウル、ハーフカウルモデルがありました。

このシリーズのカウルはどれも旧車感満載。
旧車カウル好きなら絶対痺れるデザインなんです。


VT、VF、CB、CBXなど人気モデルには大体インテグラ仕様が設定されていました。

特にCB750Fインテグラのデザインは後のロケットカウルと言われるほど大きく、丸目一灯のド迫力デザイン!

ホンダの旧車を買うなら是非インテグラシリーズも調べて欲しい、激渋スタイルなカウリングです。

オンリーワンの旧車カウル

GSX1100S KATANA


バイクに乗っていない人でも名前を聞いたことがあるKATANAシリーズ。
元祖となる1100Sのデザインはまさにオンリーワンのスタイルです。

1100Sの後にも750Sなどが国内で販売されましたが認可が降りず、スクリーン無しのアップハンでかなり不評でした。


渋々750Sを買って1100のパーツで刀仕様にする人も多く、みんなの憧れだったバイクです。

フルカウルではなくハーフカウルですが、これだけは旧車カウル紹介で外せない存在です。

GPZ900R


カワサキのZシリーズと並行した人気を誇るのがGPZ(Ninja)シリーズ。
中でも旧車らしい独特の雰囲気があるのが900Rです。


この雰囲気が好きでカスタム車にこのカウルを付けることもあり、社外のGPZカウルキットなんてものもある程。

Zの次の時代のカワサキイメージを構築した人気車です。

次回は現行車編!

旧車独特の雰囲気を持ったカウルは他にもたくさんあります。

こういう雰囲気のバイクって現代ではあまり見ませんが、ネオクラシックと呼ばれるこの雰囲気を現代風にトレースしたジャンルもあるんです。

次回は現行車にあるちょっと渋いカウルをご紹介します!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。