バイクを買う際、ABS付きモデルとABSなしモデルの値段が異なることがあります。

よく分かんないけど、安いやつでいいや!
となりがちですが、実際ABSってどんな仕事をしてくれるんでしょう?

違いを検証した動画があるんです!

ABSってなに?

ABSとはバイクや車に実装されている「アンチロックブレーキングシステム」。

走行中に思いっきりブレーキを効かせると、問答無用で前後タイヤともフルロックしますが、それをロックしないように機械が調整してくれるんです。

基本的にこれが付いていて困ることはありません。

バイクでは2018年10月から標準装備に!

こんな便利なシステムですが、2018年10月以降に販売するバイクには標準装備が義務付けられます。

以前から生産されている継続生産モデルは、2021年10月以降から義務付けられるようになります。

ありなし どれだけ違う?

今回検証するのはビショビショに濡れた路面の上。

教習所でも教わる「ハイドロプレーニング現象」が起きやすい状況。こんな路面でフルブレーキをかけたら、ほぼ確実に起こります。

ABSなしの場合

まずはABSなしの場合。
転ぶ前提なのでサイドに補助器具が付いています。

ビショビショのテストゾーンに入り、ガツンとブレーキをかけると…

案の定大スピン!!

しかもかなりの距離滑っていきます!

補助があるとはいえこの路面でのフルブレーキング、スピンは、どんなプロでも怖いシチュエーションです…。

ABSありの場合

ところが、ABSありの場合、こんなに違うんです。

同じスピードで進入、ブレーキをかけると…

?!?!
本当にフルブレーキかけているのか?!
と疑ってしまうほど姿勢を乱さず停車。

距離もほとんど伸びずに停車できました。

距離もぜんぜん違う

左がABSあり、右がなしの場合で、最終的に停止までに要した距離の違い。

ご覧の通り、全く異なります!!
ABSなしの場合は補助が付いているのでこの距離ですんでいますが、コケたらバイクがスライドしてもっと大きく違ってきます。

ABSがあるか無いかだけでこんなに違いが明確に出てしまうんです!

まとめ

今年から標準装備されるABSですが、今現在でもほとんどのバイクに装着されているはず(大型は特に)。

しかも、今回紹介した動画は、なんと7年前の動画。
最新のABSは更に進歩しているので、性能ははるかに上でしょう。

付いていて基本的に損はない機能ですが、ABSに関して僕が唯一体験した怖い体験は、サーキットでの話。
かなり攻めて走っていて、コーナリングの突っ込みでフロント・リアにABSが作動し止まらなくなり、かなり焦ったことがありました。
フロントは調整していたのでちょうどよいタイミングで作動したのですが、リアは滑ってもくれないし、いかんともしがたい状況。

今思えばそのままバンクしてしまえばよかったのですが、とっさには判断できず、芝ギリギリでバンクさせて何とか間に合いました。
こういう体験もあり、筆者はサーキットを走る場合はABSがないバイク、もしくはオフにしています。

ただ、一般道ではある方がいいシステムですね!

動画はこちら!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。