メンテナンス

運行前点検

バイクを乗る前に習慣づけたい運行前点検のご紹介です。最初はたくさんあるように感じるかもしれませんが、気にかけるポイントだけ押えておけば問題ありません。分からないことは気軽に相談できるバイクSHOPなどを見つけておけば、さらに安心です。

  • 燃料

    燃料の残量は、燃料計や残量警告灯がついているバイクはこちらで確認をしてください。ついていないバイクは燃料口を開けてタンクの中を見て確認してください。慣れてくると残量でおおまかな残りの走行距離が分かってきます。またリザーブタンクのあるバイクは事前にコックの使い方を確認しておいてください。

  • エンジンオイル

    オイルは消耗品です。日本は温度や湿度の環境が厳しいので、走行距離よりも期間を基準にして、6ヶ月に一度はエンジンオイルを交換するのがおすすめです。オイルの残量はエンジンに窓がついているものもありますので、バイクを水平にして量を確認してください。エンジンの寿命を左右する大切なオイルです。定期的な交換を心がけましょう。

  • タイヤ

    スリップサインが出ていないか、タイヤの空気圧は適正か、異物などが刺さっていないかを確認しましょう。エアゲージでこまめに空気圧の確認をいただくのがお薦めですが、エアゲージをお持ちでない場合は、ガソリンスタンドやバイクSHOPで確認を行ってください。タイヤは消耗品です。安全にも直結しますので、日常的な点検を心がけてください。

  • チェーン

    チェーンは下側のラインを手で押し上げ、2~3cmの範囲で動けば適性です。適性範囲以外の伸びがある場合は早めにバイクSHOPなどに持っていき、チェーンの調整を行いましょう。またシールタイプのチェーンが主流なのでグリスは専用の物を使用しましょう。

  • ブレーキ

    ブレーキフルードはタンクの残量を確認しましょう。バイクのブレーキはクルマと違い前後独立して機能していますので、両方のタンクを確認してください。適正範囲内であれば問題ありません。また大きく減っている場合は、ブレーキパッドなどに重大な不具合が生じていることもありますので、すぐにバイクSHOPなどで確認してください。

  • 灯火類

    ヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプが正常に点灯するか確認しましょう。バイクの後ろのランプも乗ったまま振り向けば確認できますので、出発前に習慣として確認するのをおすすめします。ランプを交換できる工具をそろえておくのが望ましいです。

  • バッテリー

    まずはバッテリーの取り付け位置を確認しましょう。バッテリーは液の量が訂正範囲内にあるか確認してください。最近のバッテリーはMFタイプ(外側からバッテリー液の残量が見えないもの)が多いですが、その場合は、セルスターターが勢いよく作動していれば問題ありません。

  • 増し締め

    バックミラーやランプの取り付け部分など中心に、ゆるみがないか確認してください。小さなネジは振動でゆるみやすいので脱落防止に気をつける必要があります。車載工具ではカバーしきれないところもありますので、事前に確認して必要な工具はそろえておくことをおすすめします。

  • オートマ車

    クラッチ関連以外はミッションのバイクと同じ点検項目です。オートマ車で特別に気にかけるところはありませんが、普段とは違う振動を感じるようでしたら、バイクSHOPなどで点検を行ってください。

  • ヘルメット・ウエア

    最近はヘルメットをネットで購入される方も多いですが、バイクの排気量によっては使えないものもありますので、デザイン性だけでなくSGマークなど規格もあわせて確認しましょう。またヘルメットには使用期限があります。お持ちのヘルメットをご確認ください。
    バイクは風になる乗り物です。ルーズなウエアは風の抵抗を受けやすく、とても乗りにくいので、タイトなウエアがおすすめです。長袖長ズボンで肌の露出は少なくなるようにしましょう。