梅雨が終われば夏本番!
暑い時期のバイクは対策しないと日焼けで腕が真っ赤になってしまうなんてことも…・

そこで今回はライダーの日焼け対策について!
薄着なら涼しい、というわけでもなく、しっかりとした対策があるんです!

半袖は逆に暑い


暑いなら着るものを少なくすればいい、ということで真夏に半袖でバイクに乗っているライダーも少なくありません。

安全性というのは一旦置いておいて、一見涼しそうに見える半袖ですが、実は直射日光がもろに肌に当たるため、半袖焼けはもちろん、グローブ焼けもします。

バイクの場合薄着なら涼しいというわけではなく、直射日光を避けるのが暑さを凌ぐ正しい方法。
日中50℃くらいあるアラブの人たちが暑そうな格好をしているのも同じ理由です。

インナーで地肌を隠そう


実は肌に直接日光を当たらないようにするためにはインナーがおすすめ。

バイク用もありますし、無ければスポーツ用のインナーとかでも半袖とは雲泥の差なんです。

写真はいつもサーキットやらモトクロスなどするときに着ているスポーツ用インナー。


安全性という意味では半袖と大差ありませんが、インナーを1枚着てその上に半袖というスタイルのライダーも多く見かけます。

確かに実際やってみるとこっちのほうが全然涼しい!


腕だけに集中して意外と見落としがちなのが首の後。
ここはヘルメットが覆っていない部分なので、丸一日ツーリングしたらここが日焼けして痛い!なんてことも。

タートルネックのように襟が長いインナーのほうが万全だと思います。

バイク用インナーも様々


バイク用品メーカーからも様々なインナーがラインナップされています。
写真はRSタイチから発売されているクールライドというインナー。
RSタイチ クールライド ベーシック アンダーシャツ

値段は多少張りますが、バイク用としてしっかり考えられているハイクオリティなインナーです。


同じくRSタイチからは他にも内部を冷却水が通って涼しくしてくれるリキッドウインド アンダーシャツというインナーも。
RSタイチ リキッドウインド アンダーシャツ

ギャツビーとの共同開発商品で、冷却水と走行風で冷やしてくれるというハイテクなアイテム。


他にもコミネからはプロテクターが内蔵されているインナーも。
コミネ アーマードトップインナーウエア

冷感素材を採用していて肘、肩、背中、胸にプロテクターが入っているので、このままでも、この上に何か一枚羽織るだけでも完全防御で乗ることができます。

夏用ジャケットも涼しい


インナーとは別にバイク用の夏用ジャケットで日焼けを防ぐという方法もあります。
夏用ジャケットは一般的に風通しのいいメッシュ素材が多く採用されています。

写真のジャケットはイギリスのプロテクターメーカーKNOXが販売するメッシュプロテクタージャケット、アーバンプロ。
KNOX アーバンプロ


一見真っ黒で暑そうに見えますが、実際着てみると前を完全に締めていてもメッシュが走行風を通してくれるので真夏でもかなりの涼しさ!

これ以外にも各メーカーから涼しく着れる夏用ジャケットがリリースされています。

日焼けはその時は大丈夫でも夜シャワーを浴びたときに激痛が走るほど焼けてしまっていることがあります。
何の対策もしないで乗ると、日焼けというよりやけどくらいひどく焼けてしまうこともあるので、インナーなり夏用ジャケットなり、好みの日焼け対策をして夏ライディングを楽しんでください!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。