真夏によく見るライダーの薄着姿。街中では半袖Tシャツ一枚でバイクに乗る方も見かけます。でも、これは危ない! 事故は突然起こる(やってくる)ものです。Tシャツよりも涼しくて安全なアイテムがありますよ。

1.熱中症や日焼けにも注意したい真夏のライディング

さて、真夏のライディングはやっぱり暑いものです。特に、炎天下の街乗りでは、渋滞や赤信号で停まるたびにクラっとくることもしばしばで、ついつい薄着になりがちです。しかし、そうは言っても、街中こそが最も危険なエリアですから、半袖一枚といった格好は絶対にオススメできません。こちらが安全運転をしているつもりでも、避けられない事故はいつやってくるかわかりませんから。

では、ウェアをフル装備で着ていればよいのかと言えば、そこまで簡単な話でもありません。なぜなら、しっかりした装備を着込んでいたせいで体温が上がってしまい、かえって熱中症になる恐れもあるからです。また、ジャケット内に熱気がこもった状態では集中力を保てなくなり、かえって事故の要因となることも考えられます。

また、炎天下に半袖でバイクに乗っていると、半日もたたないうちに腕が真っ赤に焼けてしまいます。グローブ焼けや腕時計焼けの跡も目立ちますし、その後はヒリヒリとお風呂に入れないほど痛くなったり、皮がむけてきて見た目が汚くなったり…。 外出するにも気が引けてしまいます。こうした点でも、やっぱり半袖バイクは避けたいですね。

2.もうダサくない! 進化するメッシュジャケットがカッコいい

そこで、やっぱりオススメしたいのが真夏のメッシュジャケットです。細かな穴から走行風を大量に取り入れると同時に体から発せられた熱気を排出する高い通気性、網目状に織られた糸による毛細管現象で汗を吸い上げつつ走行風で乾かしてしまうサラサラ感とも呼べる肌触りと快適性、こうした基本性能は不変です。

メッシュジャケットは「見た目が嫌い、肌触りが嫌い、すぐにやぶけそう、安っぽい」などと敬遠する方もいますが、素材やデザインなど、バイクウェアのカテゴリーの中でも、ここ数年で最も進化しているアイテムです。プロテクターを装備したモデルや、購入後に装着できるように設計されたモデルもあり、安全性も考えられていますので、ぜひ一度試してください。その快適性と使い勝手に驚くはずです。

街乗りからツーリングまでこなすメッシュパーカー

普段着としても使えるカジュアルさの中にライディングギアに必要な機能を搭載したメッシュパーカージャケットです。大きなポケットが胸部や腹部に配置され、フードは丸めて固定できるほか外すことも可能。さらに、オプションでプロテクターを装着することもできるので安全性を高めることもできます。左袖にはコインホルダー(オプション)対応ポケットもあり、料金所でもあわてることなく支払いができるなどツーリングでの使い勝手も抜群です。

■DATA
品 名: ラフ&ロード「RR7337 ラフメッシュパーカー」
価 格: 16,800 円(税抜)※ダイアゴナルカラーは17,800円 (税抜)
カラー: ダイアゴナル-アイス、ダイアゴナル-シルバー、ネイビー、オリーブ×オレンジ、
シルバー×Y.ブルー
サイズ: S、M、L、LL、XL
素 材: 表地/スパックスメッシュ、リブニット、300Dバリアクロス 裏地/スーパーエアメッシュ
襟裏/クールマックスメッシュ
オプション: 胸・肩・肘・脊椎パッド、RR6097 コインホルダー
URL: https://rough-and-road.weblogs.jp/news/2019/01/rr7337.html#nogo
関連記事

3.インナーウェア・アイテムを着用して、さらに快適に!


メッシュジャケットの他にも着用するだけで、涼しくてカッコいい、さらに肌も守れるアイテムをいくつか紹介します。こうしたアイテムを組み合わせて、Tシャツ一枚よりも快適で安全なバイクファッションをキメてください。

アウターにもインナーにもなる便利なパーカー


メイン素材に、吸汗性、速乾性、紫外線対策としてのUVカット性に優れた「アイスムース」を採用したニューコンセプトパーカー。ジャケットの下にインナーとして着てもいいし、そのままアウターとして羽織ることもできるので使い勝手の良いアイテムです。袖口のサムホールはグローブ焼けを防ぎ、フードをかぶったままヘルメットを装着すれば首の日焼けも防止できるという優れモノです。オプションでプロテクターを装着できるので安全性にも抜かりはありません。

■DATA
品 名: ラフ&ロード「RR7554 アーマーフーディ」
価 格: 7,900円(税抜)
カラー: ブラック、グレー、ネイビーカモ
サイズ: S、M、L、LL、XL
オプション: 胸・肩・肘・脊椎パッド
URL: https://rough-and-road.weblogs.jp/news/2016/12/rr7554.html

「接触冷感」素材で下着からの暑さ対策を

UVカット、吸汗速乾、抗菌防臭、接触冷感性能を持つ高機能素材「アイスムース」を採用したアンダーウェア。UPF50+という高いUVカット性能により真夏の日差しをブロックし、メッシュジャケットを通り抜けた紫外線をも遮断します。また、冷感性能により体表面温度を下げ暑さをやわらげる効果を持つほか、かいた汗がにおうことを防ぐ消臭性能も持ちます。ストレッチ素材の採用で身体にフィットし、フラットシーマ―縫製なので肌触りも良いのが特徴です。

■DATA
品 名: ラフ&ロード「RR7551 UVカットストレッチアンダーシャツ」
価 格: 6,500円(税抜)
カラー: ブラック
サイズ: M、L、LL、XL
素 材: icemoothニット
URL: https://rough-and-road.weblogs.jp/news/2015/12/rr7551.html

頭部を清潔に保ち、ムレさせないアンダーキャップ


真夏のライディングでは、びっくりするほど頭が汗をかきます。そのまま頭部を塗らしていると熱中症の恐れもあり危険です。ヘルメットアンダーキャップには吸汗速乾性のある素材「スパソフト」が使われており、頭部を快適に保つことで熱中症の予防にもなります。ヘルメットライナーをクリーンに保つほか消臭効果もあるのが嬉しいですね。

■DATA
品 名: ラフ&ロード「RR7604 ヘルメットアンダーキャップ(2枚組)」
価 格: 1,500円(税抜)
カラー: ブラック
サイズ: フリー
素 材: SPASOFT®
URL: https://rough-and-road.weblogs.jp/news/2015/01/7604.html

●問合せ先:株式会社ラフアンドロードスポーツ
電話:045-840-6633

いかがでしたか? Tシャツ一枚や半袖でバイクに乗ることは快適どころか危険性が高く、精神的にもストレスとなります。通気性や吸汗速乾性に優れたアイテムで、真夏の日焼けも抑えてサラサラ快適なバイクライフを楽しんでください。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

田中淳磨
46歳・男性・北海道札幌市出身
二輪専門誌編集長、二輪大手販売店、官公庁系コンサルティング事務所等に勤務ののち二輪業界で活動するコンサルタント。二輪車の利用環境改善や市場創造、若年層向け施策が専門で寄稿誌も多数。