勝手に指標

  • 秘境感
    ★☆☆☆☆
  • 天空感
    ★★★☆☆
  • 潮風感
    ★★★☆☆
  • 爽快感
    ★★★★☆
  • 根性感
    ★☆☆☆☆
  • 開放感
    ★★★☆☆

富嶽一望!これぞ天下の大絶景!
駿河湾を遠望する爽快ロード

富士山ファンにとっては、富嶽一望の絶景を堪能できるスポットとして全国的に有名だが、絶景ロードとしての全国的知名度は低めなルート。現在は原付も含め、全車種無料通行可能だが、かつての観光有料道路でありスポット的に比較的良好な展望が楽しめる。静岡と清水を繋ぐ、信号皆無のルートながら、幹線道路としての利用価値は低めな為、全体的に交通量は少なく爽快感のある走行が楽しめる道だ。
とにかくハイライトは富士山の展望。頂上のデジタルタワー周辺からは富嶽と駿河湾の一大展望が楽しめる。これぞ、だれもが思い描く富士山のイメージ…といった風景は、一度は眺めておきたい景色。絶景に“正統派”なるものがあるとすれば、まさにこれがそうだろう。
昭和39年に供用開始された比較的古い道な為、昭和の匂いが色濃く残る道路線形もまた魅力。総延は約9.6kmと短めのルートながらテクニカルなコーナーが連続し、複合コーナーも点在する為、地元ライダーにとっては定番のツーリングスポットでもある。特に休日の休憩ポイントには多数のライダーが集まっており、人気の高さを感じられる。全体的に雰囲気も明るく初心者ライダーでも気軽に楽しめるルートながら、全線に亘って路肩は狭く、休憩スポット以外での駐輪は大変危険。昭和感のある線形の為、比較的見通しの悪いポイントも点在しており、スピードには十分に注意して走行して欲しい。特に、休日の地元ライダー達は比較的速い方が多く、無理は絶対に禁物だ。
頂上からは徳川家康の墓所でもある久能山東照宮へアクセス可能なロープウェイも運行されており、走り応えだけでなく観光ポイントとしても楽しめるのも嬉しいルート。観光バス多数の定番観光スポットながら、ロープウェイでの空中散歩は格別の絶景を楽しめる。
ルート上で展望が開けるポイントは僅かの為、全線絶景!という訳ではないが、様々な魅力が少しずつ詰まった飽きのないバランスが好印象。駿河湾を抜ける微かな潮と茶畑の香は爽快感に彩りを添える最高のエッセンスだろう。周辺にはもう一つの富士見スポットの大定番、三保松原もあり、富士見ツーリングを楽しむには外せないルート。なにより、“絶景”なる文言が生まれる前より数々の旅人達を魅了してきた日本平。絶景の概念はココが原点と言っても過言でない正統派の絶景を一度眺めに出かけてみよう。

間道から見渡す駿河湾と茶畑。ほぼ同じ景色がルート上からも展望可能だ。日本平パークウェイを走りながら楽しめる展望ポイントは少ないが、この風景は必見のハイライトだ!

茶畑と駿河湾。遠方には雄大な富嶽。空気の澄んだ晴れた日なら、訪れるだれもが目にする事ができる絶景だ。これぞ正統派。日本人なら一度は見ておきたい、魂揺さぶる風景だろう。

全国的知名度は高くないものの、地元ライダーには大人気の定番ルート。休日には多くのライダー達が訪れ、大変賑やかな様相だ。しかし、くれぐれも安全には留意して走行しよう!

かつては観光有料道路だったものの、比較的道路線形は古さを感じる。路肩は狭く、緊急時以外でのルート上の駐輪は大変危険。総延は約9.6km。ゆっくり流す程度でも十分楽しいぞ。

日本平頂上より、久能山東照宮へアクセス可能なロープウェイも運行されている。久能山東照宮へはここからのアクセスが最もお勧め。登山ルートの階段はかなりキツイぞ!

日光の東照宮と比べ、久能山東照宮は比較的地味な存在ながら、徳川家康の霊廟として遺骸が納められているとも言われている。国宝に指定されている社殿は、一見の価値アリ!

マップ

  • 34.974117, 138.477498
  • 14
  • 18
  • 10
  • 34.974117, 138.477498

    日本平パークウェイ ~静岡市道池田日本平線~

  • 34.974228, 138.465603

    日本平デジタルタワー

  • 34.964829, 138.467581

    久能山東照宮

大きい地図はこちら

  • in-out
  • ビューポイント
  • スポット(レストラン、道の駅、温泉、etc.)

ロードデータ

交通量

久能山東照宮へ参拝する観光客の車両が散見されるものの、全体的に交通量は少な目。しかし、休日は地元ライダーも含め飛ばしがちな方々も多く、走行には十分注意しよう。

路面

路側帯は狭いながら、舗装状態は良好。信号皆無の為、飛ばす車両は多いが、地元農耕車両が土塊を落とす場合もあり十分な安全マージンを保った走行を心掛けたい。

■筆者プロフィール

神田 英俊
MOTOツーリング誌編集長
内外出版社発行、隔月刊ツーリング雑誌“MOTOツーリング”誌のコンセプター兼編集長。“旅人による旅人の為の雑誌”を基本コンセプトに、全国のDEEPな旅ネタを更に深く掘り下げて取材・掲載している。
個人的なバイク趣向はオフロード。季節を問わず、主にキャンプを基軸とした旅が中心。冬季北海道ツーリングの常連でもある。
バイクと共に温泉もこよなく愛しており、温泉ソムリエの資格を持つ秘湯巡礼ライダーでもある。