この前、久しぶりに2日間ゆっくりできそうな休みがあったので、せっかくならきれいにしたいなあと思いフレームの錆取りをしました!今回はその時のお話をしていきます。

赤錆がひどいです…!

足回り等もひどく、フレーム番号なんかも赤錆で若干わかりづらくなっている状態…。
色んな所の錆が気になったのですが特にフレームをどうにかしたいと思い、今回はフレームメインで、余裕があれば他のところも取っていきます。

見えないところもやろう!ということでタンクを外していきます

錆取りの液体が売っていたので試してみることに!

さっそくですが、液体の錆取りを塗布し、10分ほど時間をおいてゴシゴシします。
が、ううん…あんまり変わっていないような…?
あまり変わらないし、塗布して拭いての繰り返しが面倒になってきてしまいました。

やすりで削る!

ムラを作る自信しかなかったので、できれば広い範囲の塗装はやりたくなかったのですが、錆があるよりはマシということで、塗装をすることにしました。
塗装が剥げているところにしか錆はいないと思っていたのですが、やすりで削れば削るほどオレンジの粉が飛び出してきます。

うーん結構進行していそうです。
とりあえず削っていきます。

これを…。

こんな感じに!

錆がないだけでもだいぶ違いますね…!

錆、範囲が広くて思わず笑っちゃいました。
溶接部分が錆びやすいと聞きますが確かに溶接部分に頑固な錆が多かったです。
あと単純に汚れの固着もあったなあと感じました。やすりがうまく入らなかったのも原因かなあ。
できることならエンジンなどなど全部下ろしてしまいたい笑
荒めのやすりで削ったら次は細かい目でやすっていきます。個人的に細かい目でやする方が削れている感じがあり、気持ちよかったです笑
午後から始めたのですが、気が付いたら日が沈んできており、寒くもなってきたので続きはまた明日やることに。
今回、フレームがメインでしたが、あまりにも錆がひどいところもやすって錆止め油を付けておきました。
エンジンとかの錆も落としたかったなあ。

ドキドキ塗装!

日付が変わり、朝から作業をしました!晴れていて風もほぼなし!綺麗に塗れるかドキドキです。やるぞー!!
まずは見えない場所からの挑戦です。
マスキング代わりにテープを張り、塗料がかかりそうだけどマスキングが面倒だなあと思った場所には布を当てていました。まずは軽く噴いてみます。

黒くなってくれた!!!!!!
錆がない状態が嬉しくて、楽しく塗装ができました。
乾かしている間に他の部分も塗装していきます。
そしてもう一度塗っていきます!

ムラができてしまいましたが見えないところなのでおっけーです。
飛散が怖くて近くで噴きすぎたのよくなかったかなあと思います。

一通り塗った状態です。

多少はマシになったと信じたいです。
あとは汚れなどをきれいにふき取ったりワックスを塗ったりなどをして終了です。
自分でやることにより、より一層愛着を持てました。
久しぶりにタンクを下ろして、普段は手が付けられないようなところの汚れなども落とせてよかったです!

オマケ

せっかくタンクを下ろしているので、ついでにアクセルワイヤーの調節も行いました。

アクセル操作が楽になってくれました。今まで結構硬かったので…!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。