前回記事
前回記事

最近急激に増えつつあるバイク女子に色々聞いてみるこの企画。

今回は実際に乗っているバイク女子しか知らない、バイクならではの悩みや、こだわりのアイテムなどを聞いてみました!

ヘルメットでメイクが落ちる


今回インタビューした女子ライダーはもちろん、これまで話を聞いてきた女子ライダーも皆言うのがこのメイク問題。

ヘルメットを被った時点でチークは落ちるし、汗で気づいたら黒い涙を流していたなんてエピソードも…。

こればかりは仕方ないと考えてバイクに乗るときはほぼメイクをせず、諦めている部分もあるそうですが中には自分なりの対策法を見つけているバイク女子もいました。

メイクをしてヘルメットをかぶる前にメイクが落ちにくくなるスプレー「メイクキープスプレー」を使って落ちにくくしている方も。

他には落ちる前提で薄メイクにして眉だけトップコートを使って消えないようにしている方もいるようです。

髪型のほうが大問題?


実はメイクよりも髪型のほうが困るという声がたくさんありました。

峰不二子のようになびかせて走るのが理想だったけど、実際やってみたら毛先が絡まりまくって大変なことになったという経験談もありました。

ただでさえヘルメットを被った時点で髪は潰れてしまうので、バイクに乗り始めてからショートカットにしたバイク女子も。

対策としては乗る前に毛先にヘアオイルを付けて絡まりにくくし、三つ編みにしてまとめてから走るなど、結べる長さであれば対策法はあるようです。

毛先の対策法はありましたが、ヘルメットの形に段がついてしまったり、跳ねたり乾燥してしまったりという部分は男子同様それを考慮した上で乗っているそうです。

おしゃれしたい!けどウェアが少ない…


メイクや髪型意外にも多かったのが、女子用のバイクウェア問題。
これは長らくバイク業界全体で言われていることですが、バイクウェアって圧倒的に男用が大多数。

もちろん女子用もありますが、男子用の色違いだったり、あったとしても真っピンクの激しい色使いだったり、男子ほど選択肢が少ないのです。

そんな中でも自分でバイクウェアを探してお気に入りの物を見つけているバイク女子もいれば、男子用の小さいサイズを着ているバイク女子も。

バイク女子は男子よりも圧倒的に安全意識が高く、今回インタビューした方は全員プロテクター入りジャケットを着ているそう。

プロテクターが入っていておしゃれなバイクウェアって男用でも探すのが中々難しいですが、中にはほとんどのモデルをユニセックスで作っているバイクウェアブランドも。
これから先バイク女子増加に合わせてウェアの選択肢ももっと増えて欲しいところです!

まとめ

女子も男子も同じバイクに乗っているのに悩みとか着眼点ってこうも違うのかと驚きが多かった今回の企画。

やはりまだマスの少ないバイク女子には優遇されていない部分もありましたが、一昔前に比べれば格段に女子でもバイクに乗りやすくなっていると思います。

最近ではバイク女子だけにフォーカスした二輪媒体や二輪用品ブランドも出てくるなど、
これから先日本がもっと女子でもバイクに乗りやすくなる環境になっていくはずです!

バイク王女子ライダー部

Instagramでバイク王が随時参加募集しているバイク王女子ライダー部。
部員の皆さんにはハッシュタグ投稿や、バイク王アカウントでライダー紹介させて頂き、今後イベントなども考案中!
バイク女子の方、お気軽にご参加ください!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。