本州以西に在住の方なら梅雨の季節は避けられません。バイクで走っているときはいつ雨が降ってきても大丈夫なようレインウェアを携帯しましょう。そこで今回は、意外と難しいレインウェアの選び方を紹介します。

レインウェアは日常的に携帯を。意外と難しい選び方とは?

走行中に突然の雨! バイクに乗っていれば誰しも一度は経験したことがあるはずです。すぐさまバイクを停めて雨宿りもするのも賢い選択ですが、ついつい無理をしてずぶ濡れになってしまう方もいると思います。結局、バイク乗りがするべき雨対策とは、晴天時から日常的に準備しておくということなのです。
よって、レインウェアは常に携帯することをお勧めしますし、グローブやブーツといったウェア類にもなるべく防水機能を求めるべきでしょう。特に夏用ウェアを購入する際は、真夏の暑さを考え、防水機能に加えて自らの汗を排出する透湿(発汗)機能も欲しいところです。
とは言え、レインウェアも数千円のものから数万円のものまであり、ウェアメーカーによってはラインナップが一種類しかないなど選択の難しい製品でもあります。それでは、レインウェアや防水アイテムを選ぶ際のポイントをチェックしてみましょう。

街乗りや日帰りツーリングなら携帯性で選ぼう!

通勤、通学、買い物といった街乗りや日帰りツーリング程度であれば、割り切ってコンパクトなレインウェアを選ぶことをお勧めします。スクーターはもちろんネイキッドバイクやツアラーならば車体に収納するなど常備しておくことも可能です。

コンパクトタイプは、生地が薄い(雨の冷たさが伝わる)、ポケットが無いものがある、比較的耐久性に劣るなどデメリットもありますが、車体やデイパックに入れておくなど携帯しやすいことを考えれば、天気予報の降水確率や突然のゲリラ豪雨でも気にせずにバイクで出かけることができるという大きなメリットがあります。まさに“持っている安心感”です。

写真のレインウェアは、ラフ&ロード「デュアルテックスコンパクトレインスーツ」です。同社はレインウェアを数多くラインナップしていますが、その中でも収納時に最も小さく最も軽い、手のひらサイズのモデルです。その大きさは500mlサイズのペットボトルと同じくらいで、デイパックはもちろんマチの大きなビジネスバッグにも入りそうです。

走行中の雨が侵入してくるレインパンツの裾部は対策ポイントですが、かかとをすっぽり覆うような「防雨アンクルフラップ」を採用。さらに走行風で裾がめくれないよう裾前部には「ズリ上がり防止ループ」を採用し、パンツの裾とシューズのひもを固定することができ安心です。

■DATA:

品名:

ラフ&ロード「RR5232 デュアルテックスコンパクトレインスーツ」

価格:

7,800円(税別)

サイズ:

S、M、L、LL、XL、BM、BL、LD(LADIES)

収納サイズ:

8×18cm ※収納袋付き

素材:

表地/ナイロン70Dデュアルテックス加工  襟裏/起毛トリコット

カラー:

ブラック、オーシャンブルー、プラチナシルバー、オレンジ(今回使用)

URL:

http://rough-and-road.weblogs.jp/news/2008/05/rr5232-94b3.html#nogo

問合せ先:

株式会社ラフアンドロードスポーツ

電話:

045-840-6633

レインウェアはワンサイズ大きなものを選ぼう!

このように、走行中、レインパンツの裾から雨水を侵入させてはいけません。足が濡れてしまうと体温を急速に下げるほか、なかなか乾かないためお店や施設に入るにも気が引けてしまいます。

そのため、レインウェアを選ぶ際、最も重要なポイントはワンサイズ大きなものを選ぶことです。ライディング姿勢をとった際、レインパンツの裾とシューズの間が開いてしまうものは駄目です。レインウェアの上着が多少ダブついてもレインパンツのサイズ(裾丈)には気をつけてください。試着をするのがベストですが、難しければ自分の股下を測り、メーカーのサイズ表を参考にしてください。

ジャケットが防水仕様ならレインパンツだけでOK!

さて、しっかりとしたライディングジャケットを着てツーリングに出かけるという方には、防水仕様のジャケットをお勧めします。それであればレインパンツの携帯だけですみます。ラフ&ロード「エマージェンシーパンツ」は収納サイズがコンパクト。さらには価格が安いので消耗品として割り切った使い方ができます。このサイズであれば車体の収納スペースやタンクバッグ、デイパックなどに気軽に入れておけます。

なお、レインウェアはレインパンツの股ぐら部分から消耗します。摩擦でこすれることによって生地そのものやシーリング部分が痛んでしまい防水性能が低下、雨水の侵入につながるのです。特に、冬場など防寒目的でアウターとしてはいている方は消耗が早くなります。レインパンツだけを早めに購入、交換していくこともレインウェアのメンテナンスと言えるでしょう。

■DATA:

品名:

ラフ&ロード「RR7856 エマージェンシーパンツ」

価格:

1,900円(税別)

サイズ:

M、L、LL、XL、BL、スリムM、スリムL

収納サイズ:

8×18cm ※収納袋付き

素材:

表地/タフタ70D/PVC加工  裏地/メッシュ

カラー:

ブラックのみ

URL:

http://rough-and-road.weblogs.jp/news/2009/12/rr7856-84dc.html

問合せ先:

株式会社ラフアンドロードスポーツ

電話:

045-840-6633

スクーターユーザーにお勧めのレインコートタイプ

スクーターユーザーならレインコートタイプも選べます。すばやく羽織ることができ、降車後に街中を歩いても違和感のないデザインとなっています。ラフ&ロード「ラフレインコート」は防水・透湿仕様となっており、乗車時に裾がめくれても雨水が侵入しないよう大きなフラップと足元のスパッツを採用しています。別売りのインナージャケットを取り付けることもできるので一年中使用できます。

■DATA:

品名:

ラフ&ロード「RR7804 ラフレインコート」

価格:

6,600円(税別)

サイズ:

M、L、LL、XL、BL、BLL

収納サイズ:

約20×25cm ※収納袋付き

素材:

表地/ナイロン70Dデュアルテックス加工 裏地/スーパーエアメッシュ 襟裏/起毛トリコット

カラー:

ブラック(今回使用)、プラチナシルバー

URL:

http://rough-and-road.weblogs.jp/news/2014/02/rr7804.html

問合せ先:

株式会社ラフアンドロードスポーツ

電話:

045-840-6633

グローブとライディングシューズの防水対策について

グローブとライディングシューズに関しては、そのものを防水仕様とするか、オーバーグローブやブーツカバーを使用するかの選択になります。筆者の場合、グローブに関しては、冬期以外はネオプレーングローブも含めて手が濡れてしまっても問題としません。むしろ雨天時の操作性を重視しています。ただし革製のグローブは色が落ちてしまい、手の平や甲が真っ黒になるものもありますので、その点は注意したいところです。

一方、ライディングシューズやブーツに関しては、なるべくハイカットで防水仕様のものを選んでいます。これもブーツカバーを装着すると多少なりともペダルの操作性が悪くなるからです。ただし、天気予報で豪雨が予想される場合や高速走行をする場合はブーツカバーを携帯します。強い水圧を受け続けるような豪雨の中ではブーツカバーは絶対的な安心感をもたらすからです。

■DATA:

品名:

ラフ&ロード「RR8910 ラフレイングローブ」

価格:

3,980円(税別)

サイズ:

M、L、LL、XL

素材:

甲側/タスラン、クロロプレン 掌側/合成皮革 インナー/ハイポーラグローブインサート 裏地/クールマックス

カラー:

ブラック(今回使用)、レッド

URL:

http://rough-and-road.weblogs.jp/news/2014/12/rr8910.html

問合せ先:

株式会社ラフアンドロードスポーツ

電話:

045-840-6633

■DATA:

品名:

ラフ&ロード「RR7923 エマージェンシーシューズカバー」

価格:

1,900円(税別)

サイズ:

スニーカーベース M、L

収納サイズ:

14×11×3.5cm ※収納袋付き

素材:

ナイロンタフタ防水加工、バリアクロス

カラー:

ブラックのみ

URL:

http://rough-and-road.weblogs.jp/news/2011/02/rr7923.html

問合せ先:

株式会社ラフアンドロードスポーツ

電話:

045-840-6633

最後に、レインウェアはジャケットやライディングパンツに比べれば価格の安いものですが、実は最も試着が必要なアイテムです。サイズ表記のS、M、Lといったものもメーカーによってかなり異なりますのでインターネットでの購入は要注意です。また、上着だけを試着してもレインパンツの裾が短ければ、靴の中はいつもびしょ濡れになってしまいます。

そういった点に気を付ければ、レインウェアを着ることで雨の日のライディングはとても楽しいものになるはずです。ぜひお気に入りの一着を選び携帯してください。