涼しくなってきてオートバイで出かけるのに一番良い季節になりました。
そして同時に美味しいものが食べられるようになる時期でもあります。

今回はそんな山の幸、海の幸が溢れている房総半島ツーリングの勧めです。

房総も広いのですが今回オススメしたいのは千倉。
景色もきれいだし比較的空いていて走りやすく海を見ながら走ることができる道路がたくさんあります。

秋は海の幸、山の幸が美味しくなる時期

千倉に行くとき、もしも朝ご飯を食べずに館山道で走っていくのなら是非立ち寄っていただきたいのがハイウェイオアシス冨良里。

地元のローカルフード的朝ごはんがズラリと並んでいます。

ただし、お昼ご飯でお魚を食べる事を忘れないように。

これからの時期、メッチャ美味しくなってくるのが外房の名物マダイと伊勢エビ。ワラサやアジ、サバも美味しい時期です。
地元で美味しく食べられるお店はたくさんありますが、今回行ったのはここ、千倉の「浜の郷」という食堂。

比較的大きなお店なのでグループでのツーリングでも便利です。

食べたのは旬のお魚を使った海鮮丼。これはお約束。

房総ならではのクジラ料理メニューも豊富なのでローカルな食べ物にトライしたい人は是非オーダーしてみてください。

そしてここのもう一つのウリが天丼。

揚げたての天ぷらは、魚って熱が加わると魚自体の脂も溶けて身に回ります。
だから柔らかくてホクホクになるんです。

安過ぎて恐くなるほどの魚売り場

もしもパニアケース、テールボックスのついているバイクに乗っているならオススメなのが魚のおみやげです。
今回行った道の駅千倉は新鮮でビックリするくらい安い魚が並んでいました。

ソフトタイプのクーラーバックを持っていけば氷と魚を入れてパニアケースに放りこむだけ。

これで一皿500円ってどう言う事?

市場に並べても値段のつかなそうな魚が並ぶんですけど、逆に言えば普通じゃ買えない魚ばかり。貴重ですよ、コレは。

イカの中に突っ込まれているヤガラ300円ってありますけど、これ、超高級魚ですからね!!

こんなのを後ろにくくりつけて走ったらインスタ映えしそう・・・。

料理できなくても大丈夫。
魚は頼めば、その場でさばいてもらうこともできます(あんまり小さいのは無理)。
「切り身にして」
「あいよ。10分後に取りにきて」
こういうやり取りも旅感を盛り上げます。

切り身にしてもらえば傷みも少ないし自宅に戻ってすぐに食べることができます。
この方法だと海岸で刺身ランチなんていうのも可能です。

さらにここ、ぼうそう(房総)カートなんてものもありました。房総でぼうそうしてみたい。

バイクで買い物はあまりピンとこないかもしれませんが、観光地の有名店は連休だと駐車場に入れなかったり、周辺が渋滞してしまう事も少なくありません。
それに小さい町だと普通車じゃ入れないような狭い道もあるから漁師街では買い物でもバイクの機動性が役に立ったりします。

ちなみに房総半島の太平洋側の海岸では、空気が乾燥してくるこれからの時期、天気が良いとこんなに素晴らしい朝焼けを見ることができます。少し走って館山まで行けば夕日も見れてしまうという贅沢さ。
※画像処理は一切していません。

一泊してちょっと贅沢な旅をするのでもいいでしょうし深夜に出て朝焼けを見るツーリングをしてみるのも面白いかも。
告白に利用したら凄い効果が出るかもしれません。
千倉の海って色々と活用できそうだと思いませんか?