勝手に指標

  • 秘境感
    ★★★★★
  • 天空感
    ★★★★☆
  • 潮風感
    ☆☆☆☆☆
  • 爽快感
    ★★★☆☆
  • 根性感
    ★★★★★
  • 開放感
    ★☆☆☆☆

天空を仰ぎ、悪線形に驚愕せよ!
いざ、日本トップクラスの酷道へ

これぞ、キングオブ日本の酷道。そもそも“酷道”という文言が一般的になったきっかけとも言われる、ある意味“日本最凶”の道がこの国道439号線だ。もはや四国を代表する…ではなく日本を代表するレジェンドクラスの酷道なのである。現在は区間により線形改良工事が進んでおり、2車線の高規格道路区間も散見されるが、基本的には1.5車線の旧線形狭路。路面に苔が生え、場所によっては小落石によりダートと見間違う程に荒れた区間も存在する。その上、総延は実に約350km。全線走破は、苦難を超えた“修行の道”とも言われている程だ。あまりの酷さについたニックネームが“与作国道”。木こりをイメージする“ヨサク”と439を掛けて旅人達が呼び出したネーミングが、そのまま定着してしまったのだ。
しかし、そんな酷い道がなぜ絶景ロードに?その理由はこの道が辿るルートにある。国道439号線は、徳島市より四国山脈の稜線沿いを辿り、高知県の四万十市へ至る。特に徳島県内の区間は、剣山を越す見ノ越の峠と京柱峠をパスする屈指の山岳峠道の為、ルート上からの展望が特に素晴らしいのだ。まさに秋の紅葉シーズンには、紅く染まった四国山脈を一望できる感激の展望が楽しめる。また、山村を繋ぐ山深いルートの為、深緑や鄙びた田園地帯の風景も同時に堪能できる、絶好のツーリングロードでもあるのだ。
また、観光地化してはいるものの、四国旅では絶対に外せないスポットである奥祖谷へ至るメインルートでもあり、四国を走る上で欠かせない道となっている事も興味深い要因だろう。
とは言えこの展望ポイントへ至る道程は、現在も大変酷い。峠道区間のルート様相はまるで蛇。ほぼ全線が狭路タイトコーナーの連続だ。直線走行をする時間など無いに等しく、ワインディングマニアでさえ辟易する悪線形が続く。その酷さは“羊の腸”と呼ばれている程で、初心者ライダーにとって精神・体力両方をすり減らす、悪鬼のようなルートに違いない。
それだけに、峠頂上より広がる展望はより感動的なのだ。実際に苦難の道程を省いたとしても、国内屈指の絶景峠である事は間違いない。しかし、苦難というスパイスのおかげで、より魂に刻み込まれる感動的な風景を楽しむ事ができるだろう。
高知県へ入ると与作酷道の様相は若干ましになり、安居渓谷や仁淀川といった清流の風景を楽しめるルートへと変化してくる。かつて高知県内の区間には、大峠というボス級の酷道区間があったが、現在は新大峠トンネルで一気に通過可能。ちなみに旧道は現在も健在な為、旧大峠トンネルのエクストリームさを味わう事も可能だ。長大ながら照明皆無。真の闇を心から堪能できる事だろう。そして高知県内ルート後半の与作国道は、梼原川や四万十川といった国内屈指の清流沿いをトラバース。四万十市、四万十川河口で終点を迎える。
山岳路・大展望・清流・太平洋と四国の魅力のダイジェストを擁する国道439号線。道は酷いが感動は更に大きく、“旅”を全身で体感できる想い出深い道に違いない。旬はまさに今!冬期は積雪通行止め箇所も多く、今年中に大きな旅の想い出を作りたい方は、この秋お勧めの絶景ロードでもある。しかし修験の道。行くか?止めるか?じっくり迷って頂きたい。

狭路な上、落ち葉や浮き砂もあちこちに。このシーンでも、酷道ランクは下の上程度のライト級。ルート全てではないにせよ、350kmもの酷道が体験できる修行の道なのだ。

構内屈指の絶景ポイントである剣山。アクセスルート上からは見ノ越峠の絶景が堪能できる。四国の屋根と呼ばれる山岳地帯を存分に楽しもう。

標高1123mの京柱峠。与作国道屈指の難所でもあるが、ピークからは四国山脈一望の絶景が堪能できる。頂上付近には飲用可能な湧水も。冬季は通行止めだ。

沿線にある奥祖谷の二重かずら橋は秘境感抜群のスポット。実際に渡る事も可能だ。隙間だらけの上、非常に揺れるが祖谷地域の生活の知恵。スリル満点の体験ができるぞ。

急斜面を開拓した建てられた落合集落。高低差は何と390m!まさに天空の集落とも呼べる光景だ。周辺には平家の落人伝説も伝えられる。与作国道沿線より展望可能だ。

高知県内に入ると、与作国道の様子は一気に変化。四万十川沿いに走る区間は快走の清流ロードといった様相だ。点在する沈下橋を走ったり、川の幸を楽しむ余裕もできる。

山間の田園風景も与作国道のもう一つの顔。集落間の生活道路としても使用されており、鄙びた山村の景色を楽しみつつ走る事ができる。

マップ

  • 33.838742, 133.889670
  • 13
  • 18
  • 8
  • 33.838742, 133.889670

    ヨサク国道 ~国道439号線~

  • 33.824011, 133.861881

    京柱峠

大きい地図はこちら

  • in-out
  • ビューポイント
  • スポット(レストラン、道の駅、温泉、etc.)

ロードデータ

交通量

国内屈指の酷道ながら、集落を繋ぐ生活道路でもある為、意外と交通量は多い。しかし、ブラインドコーナーも多く、対向車の接近を見落としがち。細心の注意が必要だ。

路面

線形改良が進み快走区間もあるが、1.5車線旧線形区間の路面は未だ劣悪。浮き砂や苔は当たり前の上、頻発する小落石でダート状になった区間もあり、十分注意して走行したい。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

神田英俊
MOTOツーリング誌編集長
内外出版社発行、隔月刊ツーリング雑誌“MOTOツーリング”誌のコンセプター兼編集長。“旅人による旅人の為の雑誌”を基本コンセプトに、全国のDEEPな旅ネタを更に深く掘り下げて取材・掲載している。個人的なバイク趣向はオフロード。季節を問わず、主にキャンプを基軸とした旅が中心。冬季北海道ツーリングの常連でもある。バイクと共に温泉もこよなく愛しており、温泉ソムリエの資格を持つ秘湯巡礼ライダーでもある。