勝手に指標

  • 秘境感
    ★☆☆☆☆
  • 天空感
    ☆☆☆☆☆
  • 潮風感
    ★★★★★
  • 爽快感
    ★★★★★
  • 根性感
    ★★☆☆☆
  • 開放感
    ★★★★★

国内唯一! 潮風感抜群の砂浜海岸道路
日本海を遠望しつつ、浪打ち際を疾走!

 もはやツーリングライダーの間では大定番とも言える、全長約8kmの海岸道路だ。国内唯一の波打ち際を走行可能な砂浜道路の為、路面は当然砂。一見、ハードなダート路面ながら、大型ロードバイクやSSでも全く心配なく走行可能な不思議な海岸道路なのだ。
その秘密は砂粒の細かさ。千里浜の砂は一般的な砂浜と比べると、飛び抜けて細かい為、海水を吸うと固く締まる性質を持っている。通常の砂浜だとオフロードバイクでも簡単に埋まってしまうが、この性質のおかげで路面感覚は舗装道路に非常に近く、ハンドルを取られたりスリップする事が殆ど無いのだ。当然、急加速や急減速は厳禁だが、普通に景色を楽しみながら流して走る上では、初心者ライダーでも安心して走る事が可能。日本海の絶景を海面と同じ目線で楽しめる、他では絶対に体験できないエキサイティングな道路。旅好きライダーならば絶対に走っておきたい、とっておきのルートだ。
このような道路は国内では唯一、世界的にも3か所しか例が無い為に、休日や連休時はマイカーや大型観光バス等で多くの観光客が訪れる為、秘境感はほぼ無い。しかし、紺碧の日本海と青空のコラボは息を呑む絶景。また、夕陽の美しさで定評のある海岸でもあり、能登ツーリングでは絶対に外せないスポットなのだ。
しかし、あくまで砂浜。絶対に注意しておきたいポイントもいくつかある。まず、砂浜の湿った部分以外には立ち入らない事だ。アスファルト並に固く締まった砂浜路面は、海水を含んでいるからこそ成立する現象。白く乾燥した部分は通常の砂浜と同じように沈む事が多いので、波打ち際のワダチから大きく逸れないように注意が必要だ。また、固く締まっているとは言え、路面は砂。スタンドの下に敷く板きれを忘れず持参しよう。余談ながら、スタンドが埋まる事による駐輪時の転倒が大変多い場所としても有名なのだ。
多少の注意事項もあるが、国内唯一の絶景ロード。そこでしか見れない景色を見る旅は何物にも代えがたい。この連休は能登旅がお勧めだ!

  • まさに波打ち際を走る砂浜ロード。日本海の荒波を全身で感じながら疾走できる感激ルート。文字通り、日本一海が近い道なのだ。

  • 安定して走るコツは波打ち際の濡れた部分を走る事。ここまで海まで接近しても全然大丈夫なのだ。但し、停まると徐々に沈むので注意が必要。走行後の洗車も忘れずに。

  • 砂粒が極めて細かい上に、海水を含んで固く締まっている為、タイヤも全く沈まない。大型のクルーザーやSSといった車種でも全く気にせず走行可能なのだ。

  • 紺碧の日本海が美しい能登半島の旅は潮風感抜群。なぎさドライブウェイと絡め、能登半島一周ツーリングが定番の周遊コースだ。海と空の絶妙なコラボを楽しもう。

  • 能登のシンボルとして定番の観光ポイントである見附島。島の形が軍艦に似ているところから「軍艦島」とも呼ばれる。全高約28mで迫力満点の威容だ。

  • 海と棚田の様相が大変美しい場所として有名な白米千枚田も能登半島ツーリングでは外せないスポット。小泉元首相が絶賛した場所としても有名だ。

千里浜なぎさドライブウェイのある羽咋市には、国内唯一のUFOに関する公文書や研究を公開している博物館がある。一見「トンデモ?」に見えるが、その内容は極めて高度。アメリカのマーキュリー宇宙カプセル(同一素材の複製)や、ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(実際に宇宙より帰還した実物)といった激レアの宇宙船を展示している。マイナースポットながら見応えは抜群。絶対にお勧めしたいスポットだ。

宇宙科学博物館コスモアイル羽咋
石川県羽咋市鶴多町免田25
TEL:0767-22-9888
8:00~17:00(入館は16:30まで) 火曜休
料金:宇宙科学博物館400円/コスモシアター500円/共通券800円

ナント! UFOの破片の模型?等という珍品も展示。しかしながら、地元の古文書の伝承も含め、UFOに関する事象を真面目に考察している博物館だ。

マップ

  • 37.070682, 136.861461
  • 9
  • 15
  • 9
  • 36.840237, 136.750772

    千里浜なぎさドライブウェイ

  • 37.397328, 137.245057

    見附島

  • 37.423822, 136.997886

    白米千枚田

大きい地図はこちら

  • in-out
  • ビューポイント
  • スポット(レストラン、道の駅、温泉、etc.)

ロードデータ

交通量

定番の観光道路の為、大型観光バスやマイカー等、交通量は非常に多く秘境感は全くない。しかし、その爽快感は抜群。一生に一度は絶対に走っておきたい道だ。

路面

完全に未舗装ながら、ロードモデルやSSでも心配なく走行可能だ。但し、陸側は砂が深い為、注意が必要。駐輪時はスタンドが沈む為、敷き板の準備を忘れずに。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

神田英俊
MOTOツーリング誌編集長
内外出版社発行、隔月刊ツーリング雑誌“MOTOツーリング”誌のコンセプター兼編集長。“旅人による旅人の為の雑誌”を基本コンセプトに、全国のDEEPな旅ネタを更に深く掘り下げて取材・掲載している。個人的なバイク趣向はオフロード。季節を問わず、主にキャンプを基軸とした旅が中心。冬季北海道ツーリングの常連でもある。バイクと共に温泉もこよなく愛しており、温泉ソムリエの資格を持つ秘湯巡礼ライダーでもある。