前回記事

スクーターの中でも異色の存在を放つランブレッタ。
前回はスタイリングを紹介しましたが、今回は試乗編!

『スクーター』の一言じゃ終わらせない、独特な魅力があるバイクなのです!

パワフルなキャラクター

今回試乗したのはランブレッタV200 Special。
ビッグスクーター等と同じクラスですが、車体サイズはV50 Special、V125 Specialと同様なので排気量の割に小柄です。

しかし見た目によらず、エンジンは結構パワフル!

信号待ちからの加速や追い越しなどでもパワー不足は特に感じませんでした。

スクーターにしては割とエンジンが高回転まで回って走るので、どの速度から加速しようとしてもしっかりレスポンスしてくれます。

同クラスのビッグスクーターと加速勝負しても、開け始めてからすぐパワーが出てくるので、引けを取りません。

スクーターの醍醐味である足回りは国産のスクーターと比べ、ちょっと硬めの印象。

ギャップなどでは少しハネが気になるかもしれませんが、直進安定性はかなり高めです。

パワーがあって安定感もあるので、幹線道路の巡航や高速道路などでも頼りがいあるキャラクターです。

ストップ&ゴーより巡航が得意?

ランブレッタは外車スクーターなだけあってシート高が若干高め。

身長170cmの平均体型の男が乗るとこんな感じですが、両足べったり地面には付かず、どちらかの足はステップボードに置いた状態で片足付くのが一番楽でした。

厳密にはシート高が高い、というよりもシートの横幅が広いため、足が曲がってしまうのです。

ポジションがキツイわけではないのでそこまで気になりませんが、両足がべったり付くようなバイクに慣れている方は最初少しだけ違和感があるかも。

足つき面を考えると、頻繁に停止する街中よりも、一定の速度で巡航しやすい郊外の方が乗りやすいかもしれません。

メインになるスクーター?!

『スクーター』というと日常の足やセカンドバイクとして、というイメージが強いですが、ランブレッタはメインマシンとしても成立するスクーター。

日常使いだけで見たら普通のスクーターのほうが扱いやすいと言えますが、安定性やフィーリングなど、普通のスクーターとは一味違うのでメインマシンとして日常使いからツーリングまでこなせるのがランブレッタなのです。

ちょっと遠くまでのツーリングはもちろん、通ったことのない道を景色や雰囲気を楽しみつつ走るのも得意。

ただの足バイクとして街でしか使わないのはもったいないですね。

映える何でも屋スクーター

普通のスクーターはあくまで使いやすさ、乗りやすさがメインなので、どこかに停めてもなかなか絵にはなりにくいのですが、ランブレッタは何かと絵になるバイク。

シチュエーションを選ばず乗れる気軽さもありつつ、バイクとして乗る楽しさも合わせ持っています。

キャリアにキャンプ道具を積んでキャンツーに行ってみたり、タンデムツーリングしてみたり、普通のスクーター以上にバイクライフを彩ってくれる、オシャレな相棒でした!

■ランブレッタの購入はこちら■

◆公式SNSにて更新情報をお届け!