ライダーズブログ

Tシャツよりも快適でカッコいいバイク用ウェア

2015.09.04

暑さのせいで、バイクに乗るにもTシャツ、短パンなんて格好の方はいませんか?猛暑の中、少しでも快適に走りたいならバイク用ウェアをお勧めします。Tシャツ一枚よりも涼しくて、しかもカッコいいんです!

サマーライディングスタイルのキーワードは「快適、安全、カッコいい!」

夏になるとちらほら見かけるのが、Tシャツや短パン、はてはサンダル履きでバイクに乗っている方。猛暑の中、そうした格好になりたい気持ちはわかりますが、実は、もっと涼しく格好よく、安全に走れるウェアがあります。

バイクに普段着で乗りたいという気持ちはわかりますが、こと夏場に関して言えば、Tシャツや短パンはお勧めできません。万が一の転倒や事故という事態を考えてみてください。家族や彼女・彼氏のためにも、乗車中は安全第一でいたいものです。

そこでご提案。
実は今、バイク用ライディングウェアは、すごくカッコいいんです。今回は、夏場にお勧めのナイロンメッシュ素材を取り上げ、メッシュ素材が涼しい理由と共にお勧めのウェアをご紹介します。

夏の定番、メッシュジャケットがTシャツ1枚よりも涼しい理由

サマーライディングの定番アイテムと言えばメッシュジャケットです。ナイロンメッシュ素材は、太陽光による熱や紫外線を防ぎながら、自身の体から出た汗を毛細管現象により吸い上げて、走行風を取り込むことで外に逃がしてくれます。つまり、肌をむき出しにした状態で感じる、腕や足にまとわりつく汗の、あの濡れた感じがないのです。シボ加工の衣服や寝具が冷たく涼しく感じるのと同じです。

一方、綿生地が多いTシャツの場合は、自らの汗によって生地が濡れてしまえば、脇や首筋、背中といった部位がなかなか乾きません。じっとりとして気持ちが悪く、集中力を奪われると共に、熱中症の危険を高めることにもなります。また一転、冷房の効いた屋内に入れば、汗が冷え、今度は夏風邪をひく原因にもなりかねません。もちろん、転倒時には大けがをする恐れもあります。

メッシュジャケットならばそういった心配はありません。走行風によって体表面の濡れや体温の上昇を防ぎ、過度の紫外線から皮膚を守り、プロテクターによって万が一の転倒の際もダメージを軽減してくれます。「夏場は着てこそ涼しくなる」。これがベストな考え方です。

次項からは、メッシュ素材を使ったお勧めウェアを紹介します。

Tシャツの上に羽織ってもオシャレなメッシュパーカー



メッシュジャケットは夏のライディングの必須アイテムですが、ナイロンメッシュ独特のよれよれ感で少しやぼったい印象があったのも事実です。そこで、お勧めなのが、ラフ&ロードの「ラフメッシュパーカー」です。シルエットはあくまでもパーカーで、バイク用ウェアというよりはアウトドア用ウェアに近く、大型商業施設や喫茶店などへも気兼ねなく入れそうです。

「構えず、気楽に、気軽に」がコンセプトであり、通勤や通学にも使えるカジュアルなデザインが魅力です。普段着と違和感なくマッチしてくれるので使いやすい一着なのです。また、本体生地にはスパックスメッシュを採用し、夏場の陽射しや熱気をやわらげ、涼しく快適にライディングできるほか、生地自体の強度も高いのが特徴です。

ジャケットの裾と手首部分にはニット生地が採用され、ストリートに良く映えるディティールデザインを持ち、やぼったい感じはありません。脱着式のフードはロールアップすることもでき、夜間の安全性を考慮した反射材プリントロゴもデザインされています。また、肩や肘、脊椎といった部位にパッドを入れられるので、転倒時に備えて安全性能を強化することも可能です。

Tシャツの上に羽織ってしまえば、Tシャツ1枚よりも涼しくてカッコいい、そんなアイテムなんです。

■DATA

  • 品名ラフ&ロード「ラフメッシュパーカー」
  • 価格13,300円(税抜)
  • カラーブラック、ガンメタ、マゼンタ、ネイビー、シルバー、ライム、オリーブ
  • サイズS、M、L、LL、XL
  • 問合せ先株式会社ラフアンドロードスポーツ
  • 電話045-840-6633
  • URLhttp://rough-and-road.weblogs.jp/news/2012/12/rr7322.html

メッシュ素材を多用したクールなブラックデニムパンツ

夏のライディングを不快にさせるのは、まさしく熱気です。ドライヤーの温風のような風が吹く上に、ひざ下からはエンジンの熱気が昇ってくる。こんな状況では、短パンを履きたい気持ちもわかりますが、エンジンやエキパイでの火傷、転倒時の怪我を考えれば、長ズボンは必須です。

よって、ライディングパンツもメッシュ生地にしたいところですが、ジャケットに加え、全身をメッシュ生地にしてしまうと、どうにもモッサリ感が漂ってしまいます。そこでお勧めなのが、uglyBROS(アグリーブロス)の「MOTOPANTS JUKE(ジューク)」です。ぱっと見はどうみてもオシャレなデザイナーズデニム。このデザインなら、渋谷の街中を歩いても全く違和感がありませんが、よく見ると、膝下や股下・モモ部にメッシュパネルが採用されています。このメッシュパネルから走行風を導くことで、ライディング時の下半身を快適にしてくれるのです。

さらにストレッチデニムの採用により、フィット感を向上することで、すっきりしたシルエットを維持すると共に、ライディングフォームでの突っ張り感をなくし、脱ぎ履きもしやすくなるなど、まさに高機能な一本となっています。

膝と腰にはCE規格のパッドを装備し、安全性にも配慮されています。特に、膝パッドはメッシュポケット仕様となるため、通気性を阻害しません。

夏のライディングを快適にするだけでなく、バイクを降りてからもカッコいい。バイク乗りなら一本は欲しいアイテムです。



■DATA

ツーリングに出るならアンダーウェアから涼しいものを!


街乗りであれば、メッシュジャケットを羽織るだけでも大きな効果が得られます。しかし、長距離を走るようなツーリングに出るのであれば、ぜひアンダーウェア(下着)にもこだわりたいところです。ここまで準備すれば、心底、快適な旅を楽しむことができます。

中でもお勧めなのが、メッシュ素材のシャツとショーツです。登山用バックパックの雄として知られるフランスのブランド、MILLET(ミレー)のドライナミックメッシュという素材は、水分をためないポリプロピレンを使用し、噴き出た汗はメッシュ部を通って素早くベースレイヤーに移行し拡散、肌をドライな状態に保つ高機能素材です。一般的なメッシュ下着よりも網目が大きく、かさも高いのが特徴で、濡れたレイヤーが肌に触れるのを防ぐ役割があります。だから乾燥速度が速くドライ感に優れているのです。

夏場のライディングは黙っていてもお尻に汗をかくほど暑いのですが、ドライナミックメッシュであれば、お尻や股間の蒸れ、汗だまりを防ぎ、太陽光でチンチンに熱せられたシートに座っても、走り出してしまえば快適に過ごすことができます。

一度使ったらやめられないのが高機能なアンダーウェア。ぜひ、猛暑の夏にこそ、お試しください。

■DATA
●ノースリーブシャツ

  • 品名MILLET(ミレー)「ドライナミック メッシュ NSクルー」
  • 価格4,600円(税抜)
  • カラーライトグレー
  • サイズ
    (cm)
    S-M(胸囲72~98、ウエスト66~80)、L-XL(胸囲90~104、ウエスト78~96)
  • URLhttp://rough-and-road.weblogs.jp/news/2015/05/miv01248.html

●ボクサーショーツ

  • 品名MILLET(ミレー)「ドライナミック メッシュ ボクサー」
  • 価格2,900円(税抜)
  • カラーライトグレー
  • サイズ
    (cm)
    S-M(ウエスト66~80、ヒップ82~90)、L-XL(ウエスト78~96、ヒップ92~106)
  • URLhttp://rough-and-road.weblogs.jp/news/2015/05/miv01250.html
  • 問合せ先株式会社ラフアンドロードスポーツ
  • 電話045-840-6633

ライダーズブログ一覧へ