勝手に指標

  • 秘境感
    ★★☆☆☆
  • 天空感
    ★★★☆☆
  • 潮風感
    ★☆☆☆☆
  • 爽快感
    ★★★★☆
  • 根性感
    ★★☆☆☆
  • 開放感
    ★★★★☆

甲府盆地周遊のメインルート
絶景展望を繋ぐ爽快ロードへ

 甲府地域は首都圏界隈では定番のツーリングスポットだ。都内からでも約2時間程度で行ける上、果物狩りや温泉スポットも豊富な為、気楽に日帰りツーリングを楽しむには絶好の地域なのだ。時期や天候によっては凍結の心配が多少あるものの、真冬でも比較的気軽にツーリングを楽しめる為、訪れるライダーも大変多い。
甲府絶景一番のポイントはその展望。全域を山岳に囲まれている盆地の為、外輪の裾野を周遊する道路からは、市街地を一望する大展望を楽しむ事ができる。中でもとっておきの絶景ロードは“フルーツライン”と呼ばれている東山広域農道だ。これは甲府盆地東部をほぼ半周するように走っている農道で、豪快なアップダウンと走り応えのある線形が特徴。総延は約48kmにもなる山梨県内屈指の広域農道なのだ。
山麓沿いに果樹園を繋ぐように延びるルートの為、展望は抜群!周囲は果樹園として整備されており、灌木は伐採され見通しも良好。市街地に極めて近いながら、農地を繋いており信号もほぼ皆無。大展望と爽快路を高い次元で両立したルートとして、山梨県内はもちろん、首都圏ライダー達の聖地と化しているルートと言っても過言でない。
定番のハイライトは市街地に近い北部一帯ながら、勝沼市街外縁を沿って走る東部一帯のルートも素晴らしい。さらに勝沼IC直前まで伸びている為、アクセスも大変便利だ。また、甲府市中心部より時計廻りで周遊すると、南部の東八中央農免農道“みやさか道”と絡めて甲府盆地をほぼ一周するルートを構築する事も可能だ。この“みやさか道”も抜群の展望を誇っており、まさに絶景まみれになれる至福のライディングを堪能できるのだ。
まさに規模・絶景感・ライディング充実度等の条件を鑑みても、国内でも屈指のレベルと言える絶景ロードだろう。しかしながら、そこまで知名度が高いとは言えず、交通量的にも穴場感すら感じる。しかし、バイクを楽しみたい方にはぜひ走って欲しい名道の一つだ。むしろ、フルーツラインを走る為だけでも甲府へ訪れる価値があると言っても良い、特選ロードと呼んでも良いだろう。
決して広大とは言い難い甲府盆地だが、特産品や地域グルメも豊富。また、豊富な湧出量を誇る温泉があちこちに湧出しており、その手のファンも多い。少々アングラ感もあるが、首都圏より約2時間の小トリップで、至る所絶景まみれの感動の旅が楽しめる。フルーツラインは、甲州の魅力を繋ぎ、想い出深い旅を紬ぐ背骨となる絶景ロードなのだ。

“富士塚”は富士講信仰の名残として点在しているが、山梨市万力にある富士塚は密かな絶景スポット。ほぼフルーツライン沿いでアクセスも抜群だが、超穴場な為、観光客は皆無だ。
山梨県山梨市万力 ※日本植物防疫協会山梨試験場北側

東八中央農免農道、通称“みやさか道”は甲府盆地南部の絶景を堪能できる絶景ロードとして人気。フルーツラインと絡めて走るとアクセスしやすい上、走り応えも十分だ。

基幹ルートより脇道へ逸れ裏道探索をしてみるのもお勧め。交通量皆無な上、盆地一望の展望を独り占めできる穴場絶景ロードが沢山あるのだ。

みやさか道沿線も甲府盆地の展望を楽しめる。盆地南側の山麓にはリニア実験線が走っており、甲府盆地一望の絶景と共にリニアの実験車両も同時に見学可能な場所もあるぞ。
リニアの見える丘花鳥山展望台 山梨県笛吹市御坂町竹居4689

行基が開創したと伝えられる洞窟社。拝殿は岩盤内に穿たれており、90年前に設置された17mもの鉄梯子にて参拝する。徒歩約25分の山中にあるが衝撃的なインパクトさだ。
深草観音 山梨県甲府市上積翠寺町
※林道深草線終点より徒歩約25分

甲府は全国屈指の温泉郷。市内の随所に温泉銭湯が点在している。中でも玉川温泉は驚愕の浴槽投入量。浴場の内の床は、浴槽より溢れる湯で川と化している。至福の贅沢を堪能できるぞ!
玉川温泉
山梨県甲斐市玉川961 TEL:055-276-3462
10:00~21:00 不定休 500円
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 PH7.7 泉温41.5℃ 244l/分湧出

マップ

  • 35.674597, 138.644319
  • 12
  • 16
  • 5
  • 35.693882, 138.658910

    フルーツライン~東山広域農道~

  • 35.63265203925573, 138.52663375762455

    玉川温泉

大きい地図はこちら

  • in-out
  • ビューポイント
  • スポット(レストラン、道の駅、温泉、etc.)

ロードデータ

交通量

観光農園も点在しておりマイカーも比較的多い路線ながら、全体的に交通量は少な目で信号も少ない。ハイペースでの走行が可能ながらスピードには要注意!

路面

舗装状態も良好で整備状態も良いが、路線によって道幅の変化がある上、タイトコーナーや複合コーナーも多い。農道が故、農作業車の駐車も散見され慎重な運転を心掛けたい。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

神田英俊
MOTOツーリング誌編集長
内外出版社発行、隔月刊ツーリング雑誌“MOTOツーリング”誌のコンセプター兼編集長。“旅人による旅人の為の雑誌”を基本コンセプトに、全国のDEEPな旅ネタを更に深く掘り下げて取材・掲載している。個人的なバイク趣向はオフロード。季節を問わず、主にキャンプを基軸とした旅が中心。冬季北海道ツーリングの常連でもある。バイクと共に温泉もこよなく愛しており、温泉ソムリエの資格を持つ秘湯巡礼ライダーでもある。