近年のオートバイ、特にオンロードバイクはセルモーターで始動するものがほとんどです。
しかしバッテリートラブルなどでセルモーターが回らなくなってしまうことも。

そんな時、押しがけの方法を覚えておけばピンチを脱することが出来る場合があります。
今回はバイク乗りなら覚えておきたいエマージェンシー対処法、押しがけについて説明することにしましょう。

押しがけは二人以上でトライすべし


押しがけに慣れていない人がトライする場合、最低二人で行うことをオススメします。
一人だと始動時にバランスを崩しやすく、バイクを押すスピードもつけにくいからです。

排気量や気筒数にもよりますが(気筒あたりの排気量が大きいほど大きな力が必要になります)、始動時のギアは2速を選択します。


クラッチを握ってバイクを押し、スピードがついた状態でクラッチを離しますが、バイクによってはリアタイヤがロックしてしまいます。

そこで最初にバイクの上に立ち上がっておいて、クラッチを離す瞬間、一気にシートに座って荷重をかけ、リアタイヤを押し付けるようにします。


クラッチは滑らさず、一気につなぐことが重要です。

また、クラッチを離すタイミングとシートに荷重するタイミングが一致していないとタイヤがロックしてしまったりします。


エンジンが始動したらすぐにクラッチを握らないとバイクが一気に加速していってしまうので注意してください。

特にビックシングルやツインはトルクが大きいため、うかつにスロットルを開けておくと思わぬ加速でバイクが走り出してしまうこともあります。

一人で押しがけする時の注意点


もしも手伝ってくれる人がいない場合は、一人で押しがけをすることになりますが、ギアを入れたまま押してもクラッチの抵抗が大きくてバイクのスピードがつかないことがほとんど。

そんな時は最初にギアをニュートラルにしておけば軽い力で押すことができるはずです。


単気筒バイクの場合は一度ローかセカンドギアに入れてバックさせてください。
最初は重いのですが力を入れているとピストンが動いてバイクが少しだけ後ろに下がります。
ここがピストンの上死点。

この状態から押しがけをすれば、クラッチをつないだ時、圧縮が始まるまでクランクが余分に回る為、慣性力が強くなり、押しがけが容易になるのです。


バイクを思い切り押してスピードがついたら飛び乗り、クラッチを握ってギアを2速に入れます。

このあたりのやり方は2人で押しがけをする時と同じです。
クラッチを離すタイミングでシートへ荷重し、リアタイヤをグリップさせるようにします。


慣れている人は飛び乗る時、横座りしたりしますが、バランスを崩しやすいので、初めてやる人は2人で押しがけをする時と同様、ステップに両足を乗せ、スタンディングした状態でクラッチをつなぐ方法が良いと思います。

一人の場合はスピードが足りずにエンジンがかからないこともある為、大きな力が必要になります。
下り坂などを利用するようにしてください。

エンジンが始動したら少し回転を上げ気味にしてバッテリーを充電させてください。
多少でもバッテリーが生きていたら、これで普通に走ることができるようになりますし、他の電気系にトラブルが無ければセルが回るようになったりします。

ただ、バッテリー点火のバイクの場合、完全にバッテリーが放電してしまうと(キーを回しっぱなしで放置したような状態)、いくら押しがけをしてもエンジンは始動しません。
そんな時は無理をせず、バッテリーを交換、または充電するようにしてください。

長くバイクに乗っていると、セルが回らないトラブルに見舞われるかもしれません。
そんな時の為に押しがけを覚えておいても損はないはずです。

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。