前々回記事
前回記事

外出自粛が続く中、バイク用品を買うのにわざわざバイク屋さんへ行くのも…と思う方もいるかもしれません。

前回から引き続き、ネットで買えるバイク用品を特集していきます。

今回は何でも売っているAmazonで敢えて買いたい用品をご紹介!

小物は圧倒的な安さ


Amazonは便利なシステムですが、バイク屋さんで売っている全てのものが売っているわけではありません。
しかし逆にAmazonでしか売っていないバイク用品もあるのです。

バイク用カバーなどはバイク屋さんで買う半分くらいの値段で買えるものも。

Active Cloud バイクカバー バイク車体カバー 防水 UVカット 日焼け止め 風飛び防止 耐久性あり

以前BLLでもAmazonで売っているバイク用カバー3種類を検証したところ、多少難はありましたが余裕で使えました。
関連記事:【検証】ネットで買えるバイクシート、激安、コスパ、メーカー製を使ってみた!
メーカーが作っている高いカバーとは別物ですが、使い捨てとして考えても圧倒的に安い!!

Amazonだからこの値段で売っている激安バイク用品です。

ABUS ダイヤル式チェーンロック 110cm セキュリティレベル3 【日本正規品/2年間保証】
バイク用のチェーンロックもカバーほど様々な種類があるわけではありませんが、お店では見ないような安さのチェーンロックもチラホラ。

もちろんメーカーが作ったブランド品とは違うかもしれませんが、持ち運び用に、もう一個追加したい、など使い方次第では十分活用できそうなチェーンロックが揃っています。

電装、スマホ系も安い


DAYTONA(デイトナ) バイク専用電源 5V/2.1A USB×1
お手頃な値段で買えるのは小物以外に電装、スマホ関連の物も。
車体に後付けするスマホ充電用USB電源も安く売っています。

特にラインナップが豊富なのはスマホの充電やバイク用マウントです。

聞いたこともない海外ブランドのマウントなら大体2000円クラスで買うことができます。

ASCバイクスマホスタンド QI 15W ワイヤレス充電 スマホホルダー【Qiワイヤレス充電/USB充電切替】
驚いたのは充電ケーブルが必要ないワイヤレス充電に対応したマウントが多く売っていること。

ちゃんとしたメーカーが作っているマウントでもワイヤレス充電はまだそれほど多く対応していませんが、対応マウントが3000円クラスから買えてしまうという安さ。

様々な種類があるので試しに使ってみるのも面白いかもしれません!

細かな部品も取り扱い中!


キタコ(KITACO) ブレーキレバー(右側/YR-06) RZ50/TW200E/セロー225/WR250R等
Amazonでは周辺パーツだけでなく、バイクの車体パーツなども売っています。
大きなところで言えばカウルなども売っていますが、一番Amazonのメリットを活かせるのはレバー類やワイヤーなどの小物。

もちろんバイク屋さんでも売っていますが、Amazonはそれより安く買うことができます。
しかし、コレには一つ大きな注意点があります。

MZS 6段調整 ブレーキ クラッチ レバー
自分で取り付けできるようなパーツ以外はバイク屋さんにお願いすることになりますが、大体のバイク屋さんは持ち込みパーツを取り付けてくれません。

個人でやっているバイク屋さんならともかく、大きなお店になればなるほど厳しいでしょう。
受け付けてくれるところでも工賃1.5倍することも…。

だったら最初からバイク屋さんでパーツを買って取り付けてもらったほうが安くて安心できるので、車体パーツは自分でできるレベルのものだけ買うならおすすめです。

アルキャンハンズ(ALCAN HANDS) クラッチワイヤー ブラック 100mmショート SR400/500
個人的に安いネットパーツを使ってみるのが好きで、一時期レバー類やワイヤー、オイルなどは全てAmazonで買っていました。

レバーは錆びるか錆びないかですが、ワイヤーは当たり外れもあり、中にはすぐに切れてしまったり、中でサビが始まって動きが悪くなったり、高いけど純正ってやっぱ考えられているな〜と勉強になりました笑。

とはいえ今でもバイク屋さんで買う必要のないものは自分で見極めながらAmazonで買っています。

Amazonのバイク用品はまるで秋葉原にあるような激安電化製品がズラッと並んだショップを見ているようなので気になるアイテムを検索するだけでも結構面白いシステム。

ぜひAmazonで買えるバイク用品にも注目してみてください!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。