これからの暖かくなる時期に着られるバイク用ウェアを紹介していくこの企画。
今回も老舗革ジャンメーカーのカドヤにおすすめの春夏ウェアを聞きました。

前回はデニムのライダースでしたが、今回は春夏に着るのは暑いでしょ!と思われがちな革ジャンです!

前回記事


王道のダブルライダース


ディアタッチカウと呼ばれる牛革のような鹿革を使ったダブルのライダース。

気軽に着やすいしなやかさとレザーならではの耐久性どちらも兼ね備えています。
TOURUS


Tシャツ一枚の上に羽織っていますが、撮影した春の時点では全然暑苦しさはありませんでした。

普通のライダースってバイクで走っていないと暑くて汗だくになるものですが、このしなやかな素材感もあってかTシャツだけじゃ肌寒い春や、夏の夜などでも着れそうな感覚です。


シュッとした細いラインが特徴的ですが、これでも肘、肩、脊髄にプロテクター装備可能。
ライディングジャケットとしての機能もかなりしっかりしているんです。

それは装備だけでなく、服の形にも。

人体工学に基づいた設計


ライダースって別にバイクウェアメーカー意外にも普通のファッションブランドからも出ていますが、バイク用となると決定的に違うポイントがあります。

それはジャケットの形。
カドヤのライダースは人体工学に基づいた運転しやすい設計で作られているんです。


普通の革ジャンは人が真っ直ぐ直立した状態で設計しますが、バイクに乗るライダースはある程度運動性能が必要。

一番わかりやすいのはハンドル操作するために腕を伸ばした状態。
敢えて脇周りに余裕をもたせているので腕を上げて伸ばしても問題なく、楽!


バイクに乗る姿勢を最初から想定して作られているのでバイクの運転で窮屈に感じるところはどこにもありませんでした。

どうせバイク用の革ジャンを買うならこういうところまでしっかり考えられている革ジャンがいいですよね!

重ね着でオールシーズン着られる


革ジャンって秋冬のイメージですが、実は着こなし方次第で春夏でも快適に着られてしまうもの。

厳密に言えば春夏用は穴が空いたパンチングレザーを使ったライダース、秋冬用なら中綿が入ったライダースなどもありますが、今回のライダースは重ね着次第でオールシーズン使えるもの。


今回は下にTシャツ一枚でしたが、冬はパーカーを着る、セーターを着るなどして冬でも着られるのです。

ただ、革ジャンは細身に着るのがカッコいいので、本当に革ジャンを追求している方は重ね着を考慮して春夏、秋冬とそれぞれ違うサイズのライダースを持っている方もいるそうです。

ライダースに合うブーツも


バイクでライダースを着るなら上だけでなく全身合わせてコーデしたいところ。

実はカドヤではライダース意外にもブーツも作っているのです。
スニーカーのように履けるレザーブーツなので普通のライディングブーツよりも履いた感覚はすごく楽!

LEATHER HIGH SNEAKER


ハイカットなのでブーツインでもアウトでも履くことができます。

ジャケットの引き締まったスタイルに足元は主張しすぎないレザースニーカーは全体を通しておしゃれにキマリます!

紹介してもらったのはこのお店!

KADOYA


1935年創業の老舗革ジャンメーカーカドヤ。
今回紹介したようなカジュアルなバイクウェアからベテランも絶賛する昔ながらの革ジャンまで幅広く作っているブランドです。

Webでも購入可能ですが、東京、仙台、名古屋、大阪、福岡と全国展開しているので、気になった方はぜひ一度試着しに行ってみてください!
カドヤオンラインストアはこちら!

KADOYA 東京本店
東京都台東区西浅草3-29-21

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。