前回記事

先日発売となったイタリアンライディングパンツPMJ。

様々なモデルがありますが、一足先にPMJのライダーサンティアゴダカールの3種類を長期間履き込んでいました!

普通のデニムじゃ絶対出せない、PMJならではの性能と感想をお伝えします!

違和感のない穿き心地

僕は以前PMJ以外にもライディングパンツを使っていましたが、普通のライディングパンツってどれも履き心地が良いとは限りません

生地自体を強くするためにめちゃくちゃ分厚かったり膝のプロテクター部分が浮いてしまったりします。
おまけにバイクに乗る体勢メインで設計されているので、中には降りた途端穿き心地が悪くなる物も。

PMJは元々ファッションから始まったメーカーとだけあってそこら辺はしっかり考えられていました。
デニム生地の厚さは普通のまま、裏地にトワロン素材を使っているのですが、インパクトゾーンのみなので履いているだけではどこに入っているのかわからないほど。

トワロンを使っている部分にはメッシュ素材が入っているので肌に直接触れず、違和感が全くありません

生地自体にある程度ストレッチ性があるのでバイクに乗っているときはもちろん、降りて歩いているときも動きにくさは感じませんでした。

ライディングパンツにしては「柔らかすぎない?」ってくらい、デニムの硬さが全く無いんです(特にライダーってモデルは一番柔らかかった)。
体にもしっかりフィットするし、バイクだけで使うのはもったいないと思ったほど。

強度と安心感が違う

生地が柔らかいと「ホントに守ってくれるの?」と思いますが、それでもしっかり機能を果たしてくれるのがこのパンツ。

ここ3ヶ月は幸いアスファルトで転倒することはなかったのですが、オフロードでは頻繁にコケていました。
オフは地面が柔らかいのでオンロードほど怪我しにくいのですが、ハイスピードでコケると路面の上をスライディングするので擦り傷ができることはあります。

これまで普通のGパンで乗っていたときはコケたら膝が破れていましたが、PMJは結構なスピードでスライディングしても破れることもなく、しっかり守ってくれました

色落ちくらいはしましたが、今まで数知れずのGパンを破りまくってきた僕としてはかなりの驚き…!
バイクのために考えられているライディングパンツってやっぱり凄い!!

街乗り、普段着としても

ライディングパンツってツーリングに行くときだけ、とかバイクに長時間乗る日しか着ない人がほとんどなんですが、PMJはそれだけじゃもったいないと思います。

バイク用というのは除いてフォルムやデニムの色だけで見てもそこらの安いGパンとは比べ物にならないくらい高級感があっておしゃれ。
最初はバイクに乗るときだけでしたが、今では電車や車で街に行くときにも使っています。

特にこういう渋いバイクに乗る場合、乗り手のファッションもすごく大切
おしゃれライダーは下手すると乗るバイクと同じくらい服にお金をかけている人もいるくらいです。

PMJはスリムなフォルムに見えるモデルが多いので、ネイキッドバイクなんかに乗るとビシッと決まりやすいんです。

まとめ

ファッションと性能を両立させたPMJ
いかにもライダー、な感じがするライディングパンツと比べるとここまで違うのか、とビックリしました。

おしゃれなファッションでバイクに乗りたいライダー必見のアイテムですよ!

PMJの詳しい情報はこちら!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。