【前回記事】

今大注目されているカブシリーズ。
その中でも一番新しいのがハンターカブのリバイバル、CT125です。

今回はカブならではの魅力を探るため、編集部がしばらく乗り回して探ってきました!

軽快さがピカイチ


まずこのバイクの一番光るのはお手軽感。
125なのでそれだけでもお手軽感は強いんですが、乗ってみても大きなバイクでは楽しめないようなシチュエーションでも楽しく乗ることができます

例えば街中の移動。
知っている道ならともかく、知らない道を大きなバイクで走るとパワーがありすぎて逆に気疲れする、なんてことがありますが、CT125はどこを走っていても常に軽快に走ることができます。


トコトコエンジンを吹かしながら走っていく感覚は自転車みたいに感じるときも。
おまけに車体も軽いので不安が一切ありません

こういう軽快さがあった上で街中だけでなくどこでもこのノリで走れるというのもカブの魅力の一つだと思います。

シフト操作はクラッチいらず


カブに一度乗ったことがある方は知っていると思いますが、カブにはクラッチがありません
なのでハンドル左側にはレバーさえついてません。

カブは遠心クラッチといってエンジンの回転が上がると自動でクラッチを繋いでくれるんです。


シフトレバーも普通とは少し違ってシーソーペダルを採用

普通に前のシフトレバーだけでアップダウンもできますが、ダウンはレバーの後ろ側を下に押し込むだけでも操作可能

カブならではのリターンミッションになっていて、ニュートラルが一番下、その後は1〜4速まであります。

走っている途中はシフトアップ、ダウン操作が必要ですが、4速のまま停止するともう1段落としたところがとニュートラル、次が1速とシフトダウンしなくても戻ってきてくれるんです。(停止しないと4速から下には降りません)
おかげで街中を走るときはかなり楽!

お手軽感はこういうところからも来ているのかもしれません。

バイクらしさもしっかりある!


街中を走るならほぼ最強のCT125。
しかし125で街中メインならライバルはスクーターになります。

スクーターは自分で変速しなくてもいいし、乗っている楽さも更に上。
ただ大きなバイクで感じるような、自分で操作して走る楽しみみたいなのは薄い乗り物


カブはスクーターと大きなバイクのちょうど中間に位置する感じで、楽は楽ですが適度にバイクならではの操作する楽しみもあります。

個人的にはそういう楽しみをバイクに求めているので、カブにもこれがしっかりあるのは驚きでした。


オフロードも走れるので足回りは適度に柔らかく、交差点などの小さなコーナーでもスクーターとは一味違った楽しいフィーリング

このスタイルでコーナーが楽しめるバイクってカブくらいしか無いと思います。


移動はもちろん、買い物や通勤通学、友達の125と一緒にツーリングなども楽しめるCT125。

さすがに250以上の大きなバイクと全く同じ魅力ではありませんが、大きなバイクを1台持っていて、セカンドバイクとしてCTとかなら攻守最強だと思います。

しばらく乗ってみてカブの人気の秘密がわかりました。
未だに一部では「カブかぁ」と思われる一面もあるかもしれませんが、そんな方でも今のカブに一度乗ってみたら楽しさに気づくはず

CT125は今まで気づかなかった部分のバイクの魅力をそっと教えてくれるような、万能型バイクでした!

CT125の詳しい情報はこちら!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。