バイクに乗る時の服装はライダーそれぞれですが、街中ならともかく、ツーリングなどバイクに乗る時間が長い日だったり、ちょっと汚れるオフ遊びだったり、1日のバイクと触れ合う時間や遊び方次第で変えていきたい部分です。

しかし僕も本気でバイクで遊ぶ日は本気の装備をするんですが、バイク用品ってどれも色使いや形が現代的なものが多くて、ちょっとレトロな雰囲気のバイクに合わせるのって難しかったりします。

今回紹介するエイジオブグローリーのライディングパンツは新品からハードに使えて、ビンテージルックなおしゃれハードアイテムなんです!

70年代モトクロスパンツのスタイル


こちらがエイジオブグローリーのライディングパンツ、デザート
エイジオブグローリーとはフランスのビンテージライディングアパレルブランドで、レトロな雰囲気のバイクにバッチリハマるアイテムをメインに扱っています。

レトロな方が相性は良いですが、意外と今のバイクで使ってもしっかり映えるのが面白いところ!


実際編集部でもデザートをしばらく愛用してますが、結構しっかり目なライディングパンツなのにこの雰囲気っていうのがたまらなくかっこいいんです!

しっかり今の技術で作られたパンツなので、ガッツリハードにも使えるし、使い込んでいくことで渋みが増していく、というビンテージ品特有の楽しみも合わせ持っています。


サイドは本皮スウェードとなっていて、質感もバッチリ。

まぁまぁタイトでスタイリッシュなフォルムですが、生地自体にストレッチ性があってライディングで動かすことが多い可動域は蛇腹構造になっているので、ライディングパンツ本来の運転しやすさ、というのも考えられてます

プロテクションもしっかり!


外側にファスナーが付いていて、膝部分にプロテクターを入れることができます

タイトですが、プロテクター部分は多少ゆったり作られているので、プロテクターを入れても見た目の違和感がほとんどありません


裏側には防弾チョッキなどにも使われる高耐久素材、ケブラー生地が入っています。

万が一路面にスライディングしたとしても、しっかりケブラーが守ってくれるので、穴が空いたり生地が破れたりということはほぼありえないくらい頑丈


他にも70年代当時の技術ですが、綿を圧縮させてクッション性をもたせている部分もあり、バイクでハードに使ってもしっかり答えてくれる性能を持ってるんです。

ブーツ・スニーカーともコーデ可能!


デザートのスネ部分はキルティングとなっていて、モトクロスブーツなどにインしやすい設計となっています。

ヒザ下までの丈が長いブーツも、くるぶし上くらいまでのブーツもどちらでもOK


またはハイカットのスニーカーと合わせてもOKです。

ライディングパンツは基本パンツインオンリーの物が多い(特にオフ系)ですが、ハードに使える1本のパンツでどちらもできるのはコーデの幅広がりますよね!

カラーは全4色!


デザートの定番はサンドカラーかブラックカラー

バイクとしても合わせやすい色合いだし、当時物と思えるほど渋みのあるカラーです。


そして先日新しく追加されたのがグリーンとオフホワイト
グリーンはサンドカラー同様に渋みがあってガシガシ使い込みたくなるカラー、ホワイトは汚れんじゃん!と思いますが、その汚れがまたパンツに味を出してくれるという上級コーデなカラーです。

編集部では真夏にモトクロスなどでも使っていましたが、公道で考えると分厚いので秋冬当たりがオススメのパンツ。
値段は¥36,300(税込み)とパンツにしてはちょっとお高めかもしれませんが、性能もデザインも両立できててハードに使える、と考えれば安いほうだと思います!

30.32.34.36インチとバリエーションがあるので気になった方は是非チェックしてみてください!

エイジオブグローリー デザートの詳しい情報はこちら!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。