どうもこんにちは。バイクを乗り回し、いつかはツーリングに行って、おいしいものたくさんを食べたいなと思っている、私です。
バイク王でPR(広報)の仕事をしております。ところで、

バイクかっこいいよな~ バイクに乗りたいな~ バイクの免許欲しいなあ~
と思っているそこのアナタ。

この記事にたどり着いたということは…

「これから教習所に通いたい」「教習に通い始めたけど、これからどんな風に進んで行くのだろう?」「教習って厳しいのかな?」
きっとそんな色々なお気持ちを抱きながら、今読んでくださっているのではないでしょうか?

分かります、分かりますよ。その気持ち。とくに教習所入校前なんて、
「その第一歩がなんかハードル高いんじゃ~!!!!」
と思いますよね。

今回はそんな方たちに向けて、
今年3月に二輪免許を取得したばかりの私つぶらが、本格的なライダーデビューに向けて、教習項目の復習を行い、実際の教習での雰囲気やポイントをお伝えしていきます!

いや、免許持ってるんかい!と思ったかもしれませんが、ご安心を。
免許取得以来、バイク乗ってません。
あと運転技術に関しては、わりとヤバめな方だと自負しております(´艸`*)
(ドヤ顔でバイクにまたがってますが)

なので「おまえさん、それで免許取れたのっ?!」というツッコミが必要な部分がたくさんあるとは思いますが、頑張っていくので未来のライダーへ少しでもお力添えが出来ればいいなと思っています。

今回は初回ということで、バイクの基本をあれこれ教わります!

ということで、スタート!!!

◆ビシバシレクチャーお願いしますっ!

さて今回お世話になるのは、ファインモータースクールさま。
埼玉県に3校も校舎を構えている教習所です。

そして、私を厳しく(?)指導してくださる方は、
ファインモータースクール上尾校の武井誠也インストラクター。
武井インストラクター、なんと『トライアル』というオートバイ競技の現役の選手でいらっしゃる…!

武井インストラクター
トライアル 国際A級スーパークラスということで、全日本に参戦させていただいてます。」

ええ、、、なんだか恐れおおい、、、こんなに凄い方に教わるなんて、、、
(自分の今までの怠惰な人生を恥じました。小声)
競技とインストラクターの業務の両立というのも、なかなか簡単なものではないですよね。
きっと、私には想像がつかないくらいの努力を重ねてきた方なんだろうな。

そんな武井インストラクターに指導していただく貴重な機会!

しっかりときを引き締めて、教習頑張ります!

◆まずは引き起こしから!

教習所入校の第一関門バイクの引き起こし。
コレ、初めてやった時本当に苦労しました。これが出来ないと乗車の教習は始まりません。

まずは武井インストラクターのお手本から!

①タンクの下に入る感じで、腰骨をタンクにつける。
②ハンドルに手をかけ、必ず前ブレーキを握る。
(前ブレーキを握らないと、タイヤが回って車体が動いてしまうよ)
③継続的な力で、段々に車体を押し上げていく。

上半身の力だけ(腕の力だけ)で持ち上げるのは、なかなか難しいので、両足を踏ん張って腰で押し上げていく事がポイント。

よーし!ということで、私もチャレンジ!したのですが…

え、全然無理!! 重すぎだよ!バイク!!
汗だくになって終了...。

なわけにもいかず、もう一つの引き起こしの方法を教えていただきました。
女性だとこちらの方法の方が、力が入りやすかったりするんだとか。

右手はバイクのテール付近のくぼみ、左手はハンドルを持って、押し上げるっ!!!

なるほど。てこの原理ってやつですね。
確かにこちらの方ができる気がする。
ということで気を取り直して、せーのっ!!

お、いったーーーー!!!!!?????

つぶら 「おっけーですかっっ?(必死)」
武井インストラクター 「OK―!!いけました!」

ふう。
ちょっと色々あやしい部分はありましたが、まあ今回は細かいことは気にせずに行きましょう(^ム^)。
汗だく&顔真っ赤になりながら、何とかバイクの引き起こしクリアです。

でもコレ、コツをうまくつかむことが出来れば、おそらく女性でも引き起こしはしっかりできると思います。
何度かトライすれば、きっとクリア出るので、あまり心配しすぎずに行きましょ。

◆バイクの基本(操作部分)を覚えちゃおう。

続いては、バイクの操作部分の名称や役割を教わります。
バイクをしっかりと見る機会がなければ、最初のうちは分からないことだらけですよね。
私だってそうでした。パッと予習(復習)しちゃいましょ!

ちなみに教習車はホンダCB400SF。だいたい教習車はこのバイクのところが多いと思います。

まずはバイクの右側から。

フロント(前輪)のブレーキです。自転車と同じで、握ればブレーキが利きます。

こちらはアクセル。スロットルなんて言ったりもします。
これをブインブインと回してエンジンの回転数を高めます。

続いては、ステップ(右足を置くところ)に付いているレバー。
こちらは後輪のブレーキです。踏み込むとブレーキが利くって訳です。

武井インストラクター
「四輪車と違って、前ブレーキと後ろブレーキの二系統二操作となっているので、ここもバイクを操作するうえでの大切なポイントです」

たしかにそこはクルマとの大きな違いですよね。
…アレなんか操作する部分多くない? とか思いましたか?
安心してください、まだありますよっ★

お次はバイクの左側の部分へ。

このレバーがクラッチレバー。
握れば動力が切れます。離せば動力が繋がります。
バイクを全く知らないと、最初はブレーキかと思っちゃいますよね~

左側のステップ部分には、チェンジペダル。
ギアチェンジをするものです。いちばん下に踏み込むと1速。つま先で上にカシャカシャとあげていくと、2速3速…とギアが上がっていきます。
ちなみに1速と2速の間に、N(ニュートラル)があります。
Nに入れるの、たまに手こずる。これあるある。

はい、ここまでがバイクで走るときに基本的に操作していく部分です。

両手両足フル活用。
難しそう!バイク乗れる気がしないんだが。 って最初は感じますよね
うーん、でも意外と乗れるようになっちゃうんだな
しっかりと丁寧に教えてくださるので、難しく考えすぎずにいけばきっと大丈夫ですっ

ということでもうひと頑張り。

路上を走るときは合図を出すことも必要ですよね。

ウインカーはこのTURNと書いてある部分。
左にスライドすれば左合図が、右にスライドすれば右合図がつきます。
合図を消すときは、TURNボタンを押す。これだけです!
ほー。クルマみたいに勝手に戻らないのか~。
合図の消し忘れは、思わぬ事故に繋がることも。要注意ですね

そしてTURNボタンの下にあるラッパのマーク。
これがクラクションのボタンです。押せばファンッ!!!って鳴ります。
合図を消そうとして、クラクション鳴らしちゃうのも、教習初期あるある。
みんな通る道です。(だと私は思っている)

ついでにこの出っ張っているのは、ヘッドライトの切り替えスイッチ。
ハイビーム・ロービームを切り替えできます。教習ではあまり使わないらしいです。

お、なかなかもりだくさーん。
なのはきっと気のせい。

続いて、右ハンドル部分にいきますよ!

こちらがセルスイッチ。
雷のようなマークが付いています。このボタンを押すとエンジンが始動します!!

そしてお次はこの赤いボタン。キルスイッチです。エンジンストップとの文字が。
(このボタンは付いていないバイクも中にはあるらしいぞ!)
これは、エンジンの回転数が上がってしまって戻らなくなってまったときなどに、エンジンを切ることが出来るのボタンです。

つぶら 「強制エンジンオフボタンというイメージですか?」
武井インストラクター 「そうですね。一種の安全装置と言えるかもしれないですね。」

ほう、なんだか深いですなぁ。安心してバイクには乗りたいですもんね。

◆バイクに乗るときの基本姿勢も教わるよ!

基本の姿勢を学ぶことは、運転スキルにももちろん関わってくる!らしいんです。
ただまたがるだけじゃあダメ!!これまた深いですなぁ。(真面目です)
武井インストラクター教えてくださいっ!

では、分かりやすくバイクのセンタースタンドは立てた状態で、説明スタートです。

バイクの上にまっすぐ立って、そのまま真下に腰を下ろした姿勢。
これが運転姿勢ですよ~と説明されることが多いそう。

そして、その時の足元にも気を配りますよ!

つま先が外に開いてと、ニーグリップ(両足でタンクを挟み込む)が弱くなってしまったりするので、つま先は車体側にしっかりと!

これ意外と忘れがちなんですよね。
自分ではちゃんとやっているつもりでも、実はもっと車体側につま先は寄せられたりするもんなんですわ、、、。
しっかり意識していきたいポイントです。

それから先程もちらっと出ましたがニーグリップもとても大切です。
太ももでしっかりとタンクを締めます。
課題とかやりだすと、ニーグリップさまさまだな!と思うことが、たくさん出てくる出てくる。。。

ハンドルを握るときは、脇は少し締めるくらいの気持ちで。
肘は多少余裕があるくらいがGOOD。
突っ張りすぎはNG!

腕が突っ張っていると、アクセルを回したときに、首まで後ろに動いてしまうことが。
そうなるとアクセルを回しっぱなしになってしまって、危険な思いをすることも。
前方にブオーンっです(゚∀゚)
想像するだけで こ、怖すぎぃ!!!

◆せっかくバイクに乗るなら安全に

やはりバイクの基本は姿勢と言っても過言ではないのかもしれません。

ということで、
今回はバイクの『引き起こし・操作部分・基本姿勢』について、武井インストラクターに教えていただきました。

基本のキ!ということで今回は、ここまで。

教えていただいたことは、動画にもまとめてあるので、予習にも復習にもぜひご活用ください!!

あとこの動画、
武井インストラクターのスゴ技パフォーマンスもお届けしているので、見るべしです!(大声)

こんなのとか(・∀・)↓

次回は基本走行、それから課題にもチャレンジしていきます!
またレポするので、ぜひ読んでくださいね。

あ、

ちなみに、私のYouTubeのチャンネル登録などしていただけると大変喜びます。
このシリーズ、これからどんどん動画投稿していくので、ぜひ。
今後は私のバイクライフなどもお伝えしたいなーーーーと思っています!

あと、ゆるくラジオやってます!
バイクのあれこれをお話していたりもしますので、こちらもぜひよろしくお願いいたします!!!!

★YouTube『つぶらのバイクノコト』
https://www.youtube.com/channel/UC9VtfwcgV984xce9NjNbgUQ/featured

★stand.fm『つぶらのバイクノコト』
https://stand.fm/channels/5ff80172fc3475e2c8785db9

【ご協力】
☆ファインモータースクール
https://www.fine-motorschool.co.jp/
☆ファインモータースクール公式Twitter
https://twitter.com/finemotorschool
☆ファインモータースクール公式Instagram
https://www.instagram.com/finemotorschool/
★ファインモータースクール上尾校 武井誠也インストラクター
https://www.fine-motorschool.co.jp/company/csr/athletesupport/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。