バイクに乗る時、ヘルメットはもちろん、ジャケットやグローブなどを気にしてもブーツを気にする方ってそれほど多くないと思います。

実はブーツにもバイク用というのがあってバイクに乗る上でしっかりサポートしてくれたり、いざという時足を守ってくれたり、色々メリットがあります。
カジュアルなライディングシューズ代表のガエルネ ボヤージャーが新たにモデルチェンジしました!

普通にも履けるカジュアルさ


新しくなったボヤージャーはこれまでのモデルとは一味違い、モノトーンで統一されたシックなカラー!
これまで様々なカラーがありましたが、今回のモデルから路線が少し変わったようにも見えます。

とてもバイク用には見えないデザインですよね…。

バイク用ブーツって様々な種類があって、ボヤージャーはその中でも群を抜いてカジュアルなジャンル。

普通ならもっと激しいグラフィックや色使い、ヒザ下までの長いブーツだったり、カジュアルな見た目でもレザーブーツだったり。
バイク用スニーカーと言っても全く違和感がないボヤージャーはある意味異端な存在です。

どこがバイク用なの?


こんなカジュアルなボヤージャーですが、一体どこがバイク用なのでしょう?
見た目だけじゃちょっとお高い海外のスニーカーくらいにしか見えませんが、実は機能もしっかり詰め込まれているんです。


つま先のシフトが当たる部分は硬い素材になっていて、負担がかかっても大丈夫なようにシフトガード付き

しかしスウェード生地をシフトガードにしているので、いかにも「付いているな」感がなく、デザインの一部として溶け込んでいるんです。

脱ぎ履きはサイドのファスナー仕様。
バイク用でファスナーだけというのも珍しいかもしれませんが、実はファスナーだけでなくくるぶし、かかと部分にはプロテクターが内蔵されています。

いざ転倒してしまったときなど、怪我しやすいポイントはしっかり守ってくれているんです。

ゴアテックス搭載!


極め付けはゴアテックス。
ゴアテックスは登山用ウェアなどにも搭載されている防水透湿素材

外からの水は防水して、内側の湿気は外に逃がしてくれるというハイテクな素材なのです。
バイク用ブーツでもゴアテックスを搭載しているモデルは多々ありますが、ボヤージャーほどカジュアルなモデルでゴアテックス付きはかなり珍しいでしょう。

さり気ないおしゃれと保護性能


バイク用ブーツって実際転倒した時以外意味あるの?という声はよく聞きます。
僕も実際履いてみるまでいざという時しか必要性を感じていませんでした。

しかし、バイク用に考えられて作られたブーツって履いただけで運転しやすくなるんです。

バイクを運転するときに足で動かす部分ってせいぜいシフトやリアブレーキ時の足首の動き。
それ以外は動かす必要がありません。

バイク用ブーツはバイクで動かす部分は動かしやすく、動かす必要がない部分はしっかりホールドすることでバイクを運転しやすく、疲れにくくしています


発売日は2020年10月13日からとなっています。
値段も¥23000(税抜)とスニーカーにしてはちょっと高めですが、バイク用ブーツとしてはかなり安価!

この見た目なので初めてバイク用のブーツを履く、という方でも親しみやすく、バイクではもちろん街でも履きこなせるはず。

おしゃれな見た目で実はしっかり守ってくれるバイク用スニーカーを是非履いてみてください!

ガエルネ ボヤージャーの詳しい情報はこちら!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。