今月のフィーチャーバイク

時代を切り開く、美しき革命児

1992年登場のCBR900RRは、軽さとハイパワーを追求した「スーパースポーツ」(SS)という新たなジャンルを開拓し、大ヒットを記録。他社もライバルを送り込むが、CBRの独壇場が続いていた。このジャンルに革命が起きたのが1998年。ヤマハが完全新設計のYZF-R1を送り込んだのだ。まず圧倒的だったのが、最高出力150ps、乾燥重量177kgのスペック。同年にフルチェンジしたCBRの130psを大きく凌駕し、車重もR1の方が3kg軽かった。さらにGPレーサー譲りのディメンジョンや、切れ長の吊り目をした妖艶なデザインが話題に。走りは、コーナーの斬れ味が鋭く、開発テーマである「ツイスティロード最速」を十全に達成。まさにセンセーショナルなデビューであった。
以降、2年ごとに大改良を続け、4代目となる2004年型で初の全面刷新を敢行。172psと大幅に出力を向上し、トレンドのセンターアップマフラーも獲得した。2007年の6代目で5→4バルブ化、2009年の7代目でモトGP直系のクロスプレーンクランクを投入する。

これ以後、世界不況などの影響でR1をはじめとする国産SSは大きな進化を止め、代わりに外国車勢が台頭する。だが、またも革命を起こしたのはR1だった。2015年、沈黙を破り、2009年以来となるフルチェンジを実施。直4SSトップ級の200ps&装備重量199kgのスペックに電子制御を満載し、再び最強SSの座を奪還したのである。
2018年で20周年を迎えるR1。歴代ごとに強烈な個性を放ち、各年式にファンが存在する。しかしながら、美しさとヤマハハンドリングに裏打ちされた速さは共通。そして、常に革新性を追求する姿勢は変わることがない。

型式、年式ごとの特長

1998年型(初代)

YZF1000Rサンダーエースに代わってデビューしたヤマハの最高峰スポーツ。5バルブ直列4気筒は、前後長を詰めることで1395mmという極端に短いホイールベースを実現。これに一般的なバイクより60mm以上も長いロングスイングアームを組み合わせ、WGPマシン譲りの車体設計を導入している。柔軟に動くロングストロークの前後サスを用い、姿勢変化を積極的に利用する走りも特徴的だ。また、鋭いキャッツアイの顔は大評判を呼び、現在のバイクに通じるトレンドとなった。2000年には250点以上のパーツを変更し、チタンマフラーも投入。2002年には負圧ピストンFIや新作フレームを採用した。
全長(mm) 2,035
全幅(mm) 695
全高(mm) 1,095
シート高(mm) 815
軸距(mm) 1,395
車重(kg) 177(乾燥)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 998
最高出力 150ps/10,000rpm
最大トルク 11.0kg-m/8,500rpm
タイヤ (前)120/70ZR17(後)190/50ZR17

2004年型(4代目)

4代目で登場以来初のフルモデルチェンジ。新設計エンジンと大容量の2本出しセンターアップマフラーなどによって先代から20psものパワーアップを実現した。さらにメインパイプがシリンダーヘッドの上を通るデルタボックスVフレームを投入し、従来比で縦剛性を約2.5倍アップ。センターマフラーに加え、「ガトリングビーム」と呼ばれるプロジェクター式ヘッドライトも与え、デザインはより過激になった。開発テーマは「セカンダリーロード最速のビューティフル&エキサイティングSS」。スーパーバイク世界選手権のルール規則変更に伴い、レース参戦を視野に入れたサーキット性能の向上にも重点が置かれた。
全長(mm) 2,065
全幅(mm) 720
全高(mm) 1,105
シート高(mm) 835
軸距(mm) 1,395
車重(kg) 172(装備)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 998
最高出力 172ps/12,500rpm
最大トルク 10.9kg-m/10,500rpm
タイヤ (前)120/70ZR17(後)190/50ZR17

2009年型(7代目)

2007年に2度目のフルチェンジで6代目に進化。その2年後、またも全面新設計を果たし、7代目が誕生した。開発テーマ「Ultimate Cornering Master 1000」に基づき、モトGPマシン=YZR-M1で培った直4クロスプレーンクランクシャフトを投入。モトGP王者のV・ロッシが「SWEET」と表現したトラクション性能を獲得した。ボア×ストロークはφ77×53.6mm→φ78×52.2mmとし、よりショートストローク化が進み、電子制御スロットルは出力特性の変更が可能に。エンジン搭載角と位置を変更した新作フレームや、ヘッドライト一体型エアインテークも投入された。また、R1初の国内仕様(142ps)も話題を呼んだ。2012年型では、7段階式のトラクションコントロールを初採用している。
全長(mm) 2,070
全幅(mm) 715
全高(mm) 1,130
シート高(mm) 835
軸距(mm) 1,415
車重(kg) 206(装備)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 998
最高出力 182ps/12,500rpm
最大トルク 11.7kg-m/10,000rpm
タイヤ (前)120/70ZR17(後)190/55ZR17

2015年型(9代目)

そして2015年、6年ぶり4度目の完全新設計で9代目がデビューした。「No Excuses.」(言い訳をしない)をテーマに、公道からサーキットへ完全に軸足を移行。チタンコンロッドやショートストローク化(ボア×スト=79×50.9mm)などで18ps増の200psに到達した。さらに、市販2輪車初の6軸姿勢角センサーをはじめ、横滑りを検知するスライドコントロールなどの精緻な電子制御を投入。軽量小型化したエンジンやマグネシウムホイールの標準装備により車重は200kgを下回る。加えて、上級仕様のYZF-R1Mが登場。カーボンカウルやアルミタンク、オーリンズ製の電子制御サスを与えた。2015年型R1が登場して以来、2017年まで鈴鹿8耐で3連覇を達成。これはヤマハ初の快挙である。
全長(mm) 2,055
全幅(mm) 690
全高(mm) 1,150
シート高(mm) 855
軸距(mm) 1,405
車重(kg) 199(装備)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 998
最高出力 200ps/13,500rpm
最大トルク 11.5kg-m/11,500rpm
タイヤ (前)120/70ZR17(後)190/55ZR17