今月のフィーチャーバイク

T-MAX530

T-MAX530

スクーターの皮をかぶったスーパースポーツ

T-MAX530

2001年にデビューし、欧州を中心に人気を博した初代TMAX。外観はスクーターながら、チェーン駆動の499cc並列2気筒を鋼管ダイヤモンドフレームに積み、オートマスポーツの「マキシスクーター」というジャンルを切り開いた1台である。以降も熟成を重ね、2008年にアルミフレームや前後15インチラジアルタイヤなどで磨きをかけた。
そして2013年、ついにフルモデルチェンジで、走りと外観を大幅に強化したTMAX530に進化。エンジンは530ccに拡大し、フレームに続いてスイングアームもアルミ化。同時にチェーン駆動をベルト駆動に改めた。これによって滑らかなパワーフィールと、5kgの軽量化による俊敏なコーナリングを獲得。スタイルも一段とシャープさを増し、精悍な走りを予感させるものとなった。
さらにTMAXは進化の手綱を緩めない。わずか2年後の2015年型で、倒立フォークとラジアルマウントキャリパー、スマートキーを投入。2017年型は新設計フレームで7kgもの軽量化を達成し、電子制御スロットルまでも採用した。加えてスポーティなSX、快適さを重視したDXの2グレードを設定。よりキャラクターを明確に分けてニーズに応えている。
走りは、やはりスポーツバイクに近い。一般的なスクーターは、フロントが頼りなく、安定感に乏しいが、歴代TMAX530は前後輪とも接地感に溢れ、フロントから旋回力が発生。モーターサイクル的な乗り味なので、コーナリングがとても楽しい。クルーザーとしての実力も十分。高速道路は安定感抜群で、優れた衝撃吸収性とゆったりしたライポジによりツーリングも楽々こなす。
特に完成度が高いのは2017年型以降。大型バイクらしい大きさと重さ、シート高を感じさせるものの、エンジンはアクセルの開け始めが扱いやすく、街中でも使える。一方で、右手を大きく捻ると微振動と豪快なサウンドを伴い、無段変速で二次曲線的に吹け上がるのが痛快だ。

特に大型スクリーンのDXは高速クルーズでの防風性も素晴らしい。
何より本領を発揮するのはワインディングだ。剛性感のある脚と車体により安心してバンクできる上に、旋回性が素直。トルクバンドをキープしやすいエンジン特性も相まって、攻めるのが楽しい。ギヤ操作に自信のない人なら、小排気量のスポーツバイクよりTMAXの方が速い可能性は十分ある。
唯一無二の個性で登場し、ライバルが出現した今でも輝きを放ち続けるTMAX。「しょせんはスクーター」と侮っている人は、一度体験して欲しい。その独自の世界にきっと目を見張るはずだ。

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

  • T-MAX530

型式、年式ごとの特長

TMAX530(2013~2014年型 SJ12J)

T-MAX530
“Try the Maximum”を開発キーワードに進化した4代目。排気量拡大に伴い、TMAX→TMAX530に車名を変更した。
並列2気筒は、先代から2mmボアを拡大し、ボア68×ストローク73mmに。併せて、大径の吸気バルブや新作アルミ鍛造ピストンも導入した。CVTや軽量なアラミド系繊維のベルトドライブも新設計で、一段とレスポンスが鋭くなっている。車体は、フレームの剛性バランスを最適化したほか、アルミダイキャスト製スイングアームなどで、リヤまわりを約3.5kgを軽量化。前輪分布荷重アップを実現した。
フロントカウルとスクリーンも新作で、初代からの特徴であるブーメランイメージを堅持しつつ、くびれ感を強調している。なお、この型から国内仕様が登場した。
全長(mm) 2,200
全幅(mm) 775
全高(mm) 1,425
シート高(mm) 800
軸距(mm) 1,580
車重(kg) 217[221]
エンジン 水冷4スト並列2気筒
排気量(cc) 530
最高出力 48ps/6750rpm
最大トルク 5.4kg-m/5250rpm
燃料タンク容量(L) 15
タイヤ (前)120/70R15 (後)160/60R15

※2013年型 [ ]内はABS

型式、年式ごとの特長

TMAX530(2015~2016年型 SJ12J)

T-MAX530
前年型をベースに、足まわりを強化。φ41mm倒立フォークに対向4ポットラジアルマウントキャリパーというスーパースポーツと同等の前脚が与えられ、ABSが標準装備となった。さらに待望のLEDヘッドライトを投入。ロー×2、ハイ×2灯の4灯式で、従来の片眼点灯から両眼点灯式となった。これに伴い、アッパーカウルも新作としている。12V電源やスマートキーといった便利アイテムで使い勝手が向上したのもポイントだ。
従来型に設定していた上級機種のBLACK MAXに代わり、新たにIRON MAXも設定。スエード調シート表皮やクロノウォッチイメージの専用メーター、アルミ製フットプレートで質感を高めている。
全長(mm) 2,200
全幅(mm) 775
全高(mm) 1,420
シート高(mm) 800
軸距(mm) 1,580
車重(kg) 222
エンジン 水冷4スト並列2気筒
排気量(cc) 745
最高出力 48ps/6750rpm
最大トルク 5.4kg-m/5250rpm
燃料タンク容量(L) 15
タイヤ (前)120/70R15 (後)160/60R15

※2015年型

型式、年式ごとの特長

TMAX530(2017~2019年型 SJ15J)

T-MAX530
かつてのスーパースポーツを思わせる、短いサイクルでのモデルチェンジを繰り返す。17年型の5代目は”Master of Scooter”をコンセプトに開発。ヤマハ製スクーター初となる電子制御スロットル=YCC-T(Yamaha Chip Controlled Throttle)を採用し、市街地向けの「Tモード」とパワーを重視した「Sモード」が選べるD-MODEや、濡れた路面でも安心なトラクションコントロールを導入した。Vベルトや前後プーリーも新作となる。
車体は、メインフレームの軽量化を促進し、スイングアーム長を40mm拡大。これに新設計のリンク式モノクロスサスを組み合わせ、切り返しの軽やかさが増した。
外装も一新され、逆スラントノーズの小顔などでよりスマートになった。一方で、収納スペースを拡大。従来はフルフェイス+小物程度だったが、ジェットヘルメットが2つ入るほど容量がアップしている。
DXグレードは、グリップヒーター&メインシートヒーター、クルーズコントロール、電動調整式スクリーンと快適装備を満載。SXグレードは、DXより3kg軽い215kgを実現している。
全長(mm) 2,200
全幅(mm) 765
全高(mm) 1,420
シート高(mm) 790
軸距(mm) 1,575
車重(kg) 215[218]
エンジン 水冷4スト並列2気筒
排気量(cc) 530
最高出力 46ps/6750rpm
最大トルク 5.4kg-m/5250rpm
燃料タンク容量(L) 15
タイヤ (前)120/70R15 (後)R=160/60R15

※2017年型SX [ ]内はDX

■ T-MAXの在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。