今月のフィーチャーバイク

前代未聞、情熱のWGP500レプリカ

ヤマハが1980年に送り出したRZ250が大ヒットを記録。翌年のRZ350も人気を博し、2ストレプリカブームの幕が開いた。こうして浮かび上がってきたのが「史上初のWGP500レプリカ」を生み出すという夢のプロジェクトである。当時、世界GPでケニー・ロバーツがYZR500を駆り、79年から3連覇。82年にはV4エンジンのYZR500(OW61)にスイッチした。このWGPマシンをイメージリーダーに開発された公道モデルこそ「RZV500R」である。
市販化に至ったのは84年。完全新設計の水冷2ストV型4気筒は、GPマシンと同様、2軸クランクと4本出しサイレンサーを採用。エンジンは並列2気筒を連結したような設計で、前側がピストンリード、後側がクランクケースリードバルブと吸気方式も異なる。さらにスリムなV4に合わせて横幅を抑えたため、吸排気系の取り回しはまるで迷路のように複雑となった。開発は難航したが、その甲斐あってフルパワーでは圧巻の88psを発生。日本仕様では自主規制のため64psに抑えられたが、ポテンシャルは高い。シャーシも豪華で、ヤマハ初のアルミフレームに水平配置のリヤショックなど、妥協なく贅沢に性能を追求している。

走りは、排気デバイスのYPVSにより低中速域でフラット、高回転では怒涛のパワーを発揮する。軽く吹け上がる典型的な2スト的な特性と違い、回転上昇の重厚感と迫力が特徴。同時期に流行していたターボに近いパワー特性を持ち、ツアラー的な側面もあった。
当時は乗るために難関の「限定解除」が必要な上に、価格も750より高い82.5万円と高額。それだけに販売面は振るわず、2年で生産終了となった。また、Vバンク角は本家の40度に対して50度とし、ディメンションも異なるなど、必ずしもGPマシンのフルコピーとはいかなかった。しかし、ヤマハの新しいシンボルとして造り上げられた前代未聞のレプリカには、開発者の圧倒的な熱量とライダーの夢が詰まっている。

型式、年式ごとの特長

RZV500R(1984~1985)

HY戦争の余波で業績が思わしくない時期に、「2ストロークのヤマハを代表する新フラッグシップ」として開発された記念碑的マシン。一般のV4と異なる、独特な2軸クランク式のV4エンジンは、前2気筒を通常の前方排気。後2気筒を後方排気とし、エキパイはYZRと同様、シート下でクロスし後方に導かれる。前後別々に開発して性能を高め、最後に合体させるという珍しい手法が取られた。また、2軸クランクはギヤの遊びが大きく、アイドリング時にメカノイズが発生していたが、「不思議歯車」と呼ばれる、歯数が1つ異なる2枚重ねのギヤを取り込むことで対処するなど、独自のシステムが数多く採用されている。
国内仕様はYZR500のレプリカたるべく、同社初のアルミフレームを採用。海外仕様は実利を優先して鉄フレームを採用した。ホイールベースは250cc並みにコンパクトで、横幅も2気筒並みにスリムに抑えられている。
全長(mm) 2,085
全幅(mm) 685
全高(mm) 1,145
シート高(mm) 780
軸距(mm) 1,375
車重(kg) 173(乾燥)
エンジン 水冷2ストV型4気筒
排気量(cc) 499
最高出力 64ps/8,500rpm
最大トルク 5.7kg-m/7,500rpm
燃料タンク容量(L) 22
タイヤ (前)120/80-16 (後)130/80-18

※国内仕様

■乗り換えを検討中の方はこちら■

◆公式SNSにて更新情報をお届!

■筆者プロフィール

沼尾 宏明
1995年から2輪雑誌編集部に勤務し、後にフリーランスとして独立。
モットーは締め切り前納品で、旧車から最新の法改正、用品に至るまでジャンルを問わず幅広いバイク関連の知識を持つ。
1年半に及ぶユーラシア大陸横断という異色の経験もアリ。
1971年生まれ。