今月のフィーチャーバイク

250で「旅」したいライダーへ

2010年代以降、ビッグバイクを中心にアドベンチャーモデルのブームが巻き起こった。2017年になると、そのトレンドが250クラスにまで波及。CRF250ラリー、ヴェルシス-X250、G310GSと各社からこぞって新作がデビューすることになった。中でも評価の高いモデルが、スズキから登場したV-Strom(ストローム)250である。
まず魅力的なのが外観。250クラスとは思えないほど、威風堂々とした迫力のある車体が特徴だ。さらにクチバシ状のアッパーカウルは、兄貴分のV-Strom1000/650譲りでクラスレスなスタイルを演出する。エンジンと車体のベースは、並列2気筒のロードモデル=GSR250系ながら、仕上がりは全くの別物だ。
インプレとしては、実に扱いやすいアドベンチャーモデルと言える。大柄に見える外観に対し、乗ってみると意外やコンパクト。ハンドルの幅や高さも適切で、自然なライポジが取れる。取り回しは単気筒モデルより重いものの、188kgの車重はやはり軽快だ。そして、大らかな走りが楽しい。エンジンがライバルよりロングストローク設定(ボア53.5×ストローク55.2mm)のため、低中速域で粘り強く、出力特性も穏やか。高回転まで回せば、しっかりした加速を示す。この特性は、特に高速道路などでノンビリとクルージングするのに最適。急かされることがなく、実にロングラン向きだ。

角型のスクリーンは防風性能も高く、クッション性の高いシートと相まって疲れにくい。加えて、満タンで500kmを走破する17Lの大容量タンクや、フラットで荷物の積みやすいリヤキャリアも便利だ。また、純正アクセサリーとしてトップケースやサイドケースを用意。社外品でエンジンガード、フォグランプなどでカスタムすれば、よりアドベンチャーモデルらしい外観となる。
ツーリングの実力は本物。250で「旅」をしたいライダーに最高の選択肢の一つなるだろう。

型式、年式ごとの特長

2017年モデル~

スズキのアドベンチャーモデル、V-Stromシリーズの末弟として2017年7月に国内デビュー。SOHC2バルブ水冷並列2気筒とスチール製セミダブルクレードルフレームは、250ccネイキッドのGSR250から発展したGSX250Rがベースで、マフラーは専用設計。Fフォークと7段階調整式のリヤショックには独自のセッティングが施される。
外装も新作で、往年のDR-BIGの流れを汲むクチバシ状のカウルや、タフなアウトドアギヤをイメージしたヘッドライト周りが特徴。ナックルガードも標準装備となる。
反転液晶を採用したスタイリッシュなメーターには時計やギヤポジション、燃料計、トリップ×2を表示し、12VのDCソケットも採用。2018年10月のモデルチェンジでマフラーカバーを変更するとともに、ABS仕様を追加設定した。生産は中国が担当。
全長(mm) 2,150
全幅(mm) 880
全高(mm) 1,295
シート高(mm) 800
軸距(mm) 1,425
車重(kg) 188[189](装備)
エンジン 水冷4スト並列2気筒
排気量(cc) 248
最高出力 24ps/8,000rpm
最大トルク 2.2kg-m/6,500rpm
燃料タンク容量(L) 17
タイヤ (前)110/80-17 (後)140/70-17

※2018年型 [ ]内はABS仕様

■ V-Strom250の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

沼尾宏明
1995年から2輪雑誌編集部に勤務し、後にフリーランスとして独立。
モットーは締め切り前納品で、旧車から最新の法改正、用品に至るまでジャンルを問わず幅広いバイク関連の知識を持つ。
1年半に及ぶユーラシア大陸横断という異色の経験もアリ。
1971年生まれ。