今月のフィーチャーバイク

hayabusa

最高速だけではない
究極のグランドスポーツ

ZZR1100、CBR1100XXら300km/hに迫る最速ツアラーが人気を
博していた’90年代後半。沈黙を守ってきたスズキが、
1台の革新的なモデルを’99年に突如リリースした。
「アルティメット(究極)スポーツ」をコンセプトに掲げる
GSX1300R Hayabusaは、
新設計の1299cc直列4気筒を搭載し、ライバルを大きく上回る175psを発生。
多くのライダーに驚きを持って迎えられた。
曲面で構成された有機的なボディは、当初、賛否両論もあったが、卓越したエアロダイナミズムを実現するために必要不可欠の存在。ギネスブックに掲載された312.6km/hという当時の市販車最高速記録は、圧倒的な馬力と優れた空力特性の賜物である。
さらに最高速に加え、スーパースポーツに匹敵する軽快なハンドリングもハヤブサの特徴。ストリートや峠道でさえ軽々とこなす、まさに究極のスポーツモデルとして、世界中で人気を呼んだ。

2007年には初のフルモデルチェンジを敢行し、排気量を1339ccにスープアップ。馬力は前人未到の197psにまで到達する。初代のコンセプトはそのままに扱いやすさを増し、より不動の人気を得ることになった。2013年モデルでは安全性を高めるべく、ABSとブレンボ製フロントキャリパーを採用。2014年には、待望の国内仕様もデビューした。

デビュー以来、大がかりな変更は少ないものの、その性能と迫力は常に一線級。スズキ自慢のフラッグシップとして羽ばたき続けている。

型式、年式ごとの特長

  • GSX1300R Hayabusa/Hayabusa1300 (1999~2007)

    速度だけではなく、最高の性能を追求した万能スポーツとして’99年に投入。エンジンはGSX-R750系をベースに、直4最大の1299ccにまで排気量を拡大。最高出力は、史上最強の175psをマークした。
    以降、細やかな熟成を繰り返し、2年目にFIのセッティングを変更。’01年にシートレールがアルミから鉄になり、車重が215→217kgに。メーターを350km/hから300km/hスケールに変更した。’02年にはO2フィードバックセンサー、’03年にはチタンコートを施したフロントフォークなどを獲得している。
    なお、車名は2002年モデルで、GSX1300R HayabusaからHayabusa1300に改められた。

  • Hayabusa1300/Hayabusa/隼 (2008~)

    デビュー9年目に全面変更を受け、第2世代に進化。エンジンは、初代をベースにストロークを2mm増し、1339ccにアップ。メッキシリンダーやチタンバルブ、3パターンの出力特性が選択できるS-DMSなど、最新技術が惜しみなく投入されている。
    フレーム形状はほぼ同様ながら、各部を大幅にリニューアルし、ねじれ剛性を10%向上したスイングアームなどを採用した。カウルはやや大型化され、ライダーの快適性も向上している。
    過激な特性だった先代に対し、2代目は若干ツアラー寄りにシフト。ジェントルで、直進安定性やコーナリングでの安心感も高められている。なお車名は2013年型でHayabusaに変更。国内仕様は隼(ハヤブサ)を名乗り、ETCを標準装備する。

主要諸元

()内は2014~

全長(mm) 2,190
全幅(mm) 735
全高(mm) 1,165
シート高(mm) 805
軸距(mm) 1,480
車重(kg) 260 (266)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
 排気量(cc) 1340
 最高出力 197ps/9,500rpm
 最大トルク  15.7kg-m/7,500rpm (15.8kg-m/7,200rpm)
 タイヤ  F=120/70ZR17 R=190/50ZR17

※2008~2017モデル