今月のフィーチャーバイク

虚飾を廃し、ストイックに速さを追求

圧倒的なスペックで常に衝撃を与えてきたスーパースポーツ。それがGSX-R1000だ。最初の衝撃は、「Own The Racetrack(サーキットの覇者)」をコンセプトに掲げ、2001年に登場した初代。当時、ホンダ・CBR929RRとヤマハ・YZF-R1の2台がしのぎを削っており、前年にモデルチェンジしたRRが最高出力152ps、乾燥重量170kgで話題になった。ところが、R1000は驚異の160ps&170kgをマーク。当然実力も圧倒的で、一躍ヒットモデルとなった。
以降2009年型まで2年ごとにフルチェンジを繰り返し、スペックで上回ってきたライバルをさらに凌駕。クラス最強の座を堅持していく。2007年型では185psを達成し、2009年型では初代以来ベースとしてきたGSX-R750から脱却。車体もエンジンも完全新作となった。
以降は熟成で代を重ね、ライバルの台頭を許すが、2017年型でまたも衝撃が走った。モトGPマシン=GSX-RRの技術を還元した完全新設計となり、直4スーパースポーツ勢トップの202ps(フルパワー仕様)をマーク。さらに電脳デバイスを一挙に投入してきた。

走りは、歴代とも総じてロングストローク気味のエンジンを採用し、全域がトルクフル。ハンドリングも安定志向のため、ライバルより扱いやすく、速さを引き出しやすいのが特徴だ。特にストック状態の速さは随一。価格も抑えめで世界中のプライベーターから愛されている。派手さやギミックより、常にひたすら堅実な速さを追求してきたR1000。いかにもスズキらしい、職人気質の1台である。

型式、年式ごとの特長

  • ●2001~2002年モデル(K1、K2)
    GSX-R750ベースの軽量コンパクトな車体に988ccの直4ユニットを搭載し、クラス最強の160ps&170kgを達成。1998年のYZF-R1を上回るほどの衝撃を与えた。エンジンはR750と同寸のフレームに収めるため、ボアは1mmのみの拡大となったが、ストロークを13mmも伸ばし、73×59mmのボア×ストロークを採用。FIのスロットルバルブを2つ備えたSDTVなどで従順な走りを実現し、速さと扱いやすさを両立した走りが絶賛された。2003年型では164ps&168kgに到達。ラジアルマウントキャリパーを獲得した。

  • ●2005~2006年モデル(K5、K6)
    ボアを0.4mmアップし、排気量が988→999ccに。チタンバルブやバックトルクリミッターなども新たに投入され、クラス最強を塗り替える178ps&166kgに到達した。コンパクト化されたフレームは、全長で40mm、軸距で5mm短縮。シート高は20mmも低下し、より親しみやすくなった。当時はセンターアップマフラーが流行していたが、重量増を嫌ってかR1000は非採用。2005年には、市販車で争うスーパーバイク世界選手権で念願のタイトルも獲得している。
    2007年型では環境規制に対応するためマフラーが2本出しとなり、車重は172kgに増加。一方で馬力は185psまでアップし、後に流行となるモードセレクターをいち早く採用した。

  • ●2009~2011年式(K9、L0、L1)
    登場9年目で、ついに専用エンジンを獲得。主要三軸の三角配置をコンパクト化し、前後幅の短縮に成功した。ボア×ストロークは74.5×57.3mmで、ライバルよりロングストローク傾向なのは変わらない。同時にフレームも完全新設計となり、ホイールベースを10mm短縮。スイングアームを32mm延長することで、トラクション性能を一段と高めた。足まわりでは、応答性に優れるショーワ製BPF(ビッグピストンフロントフォーク)も投入している。
    2012年型では、モノブロックのブレンボキャリパーと右1本出しのマフラーを新採用し、2kgの軽量化を実現。さらにピストンの11%軽量化などで中速域の加速性能も向上した。

  • ●2017年式(L7)
    久々のフルチェンジを敢行した6代目は、再び頂点に立つため、「走る、曲がる、止まる」を徹底追求した。新作のエンジンは、電子制御スロットルをはじめ、6軸IMU(姿勢センサー)、10段階式のトラクションコントロール、可変バルブシステムのSR-VVTほか先進システムを満載。ボア×ストロークは76.0×55.1 mmとショートストローク化が進んだが、ライバルより依然としてストロークは長めだ。新設計フレームは、上部幅を最大20mm狭め、10%の軽量化を実現した。さらに上級仕様のGSXR-1000Rを投入。ショーワ製BFFなど最新の足まわりや先進のABS、クイックシフターなどを与え、初の国内仕様も登場した。フルパワー欧州仕様の202psに対し、日本仕様は197psを発生する。

主要諸元

全長(mm) 2,075
全幅(mm) 705
全高(mm) 1,145
シート高(mm) 825
軸距(mm) 1,402
車重(kg) 203(装備)
エンジン 空冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 999
最高出力 197ps/13200rpm
最大トルク 11.9kg-m/10800rpm
タイヤ (前)120/70ZR17(後)190/55ZR17

※2017モデル GSX-R1000R国内仕様