今月のフィーチャーバイク

時代を超えて息づく「究極」の精神

タンクからテールへ流れるような美しいライン、そして世界初の直列4気筒DOHCヘッド、直4で当時最大の903cc――名車中の名車として語り継がれる1台こそ、Z1(900スーパー4)である。前回紹介した「Z900RS」の元ネタであり、現代まで続くカワサキのフラッグシップ系の元祖だ。
海外モデルとしてZ1が発売されたのは1972年秋。1969年にデビューしたホンダのCB750フォアが世界的に人気を博す中、Z1は驚きをもって迎えられ、CBを超える大ヒットを記録する。しかし、これはカワサキの狙い通りであった。
CBが発表された当時、実はカワサキも水面下で750cc直4DOHCの開発を進めていたが、CBを上回るべく、方針を転換。「ベスト・イン・ザ・ワールド」をスローガンに、当時最高の技術水準を上回る性能を目指した。最先端のDOHCを筆頭に、ニードルベアリング支持の組立式クランクシャフト、排気量アップを見越した設計などコストを度外視したメカが随所に見受けられる。開発リーダーの談話によると、こうした妥協なく究極の性能を目指す開発哲学は、あの零戦や戦艦大和と同様であるという。
性能は、ゼロヨン12秒、最高速200km/h超と世界最速。車重はCB750フォアより28kg増となるもハンドリングも軽快だ。

Z1を現代の目から見ると、車格はかなり大きめ。ただし車重はさほどでもなく、十分扱える。エンジンはまずサウンドが元気で、4本マフラーが奏でる、いかにも直4らしい排気音が心地いい。走りは、低速~中速のトルクが今でも実用レベルで力強く、ハンドリングも軽やか。絶対的なパワーはさすがに不足気味で、高速域からのブレーキもあまり効かないが、ストリートではまだまだ「現役」と言えよう。中古車の相場は高めながら、復刻パーツやカスタムパーツは旧車で随一の充実度。維持は十分可能だ。
――発売から半世紀に迫る月日に晒されながら、その魅力は今なおライダーを捉えて離さない。

型式、年式ごとの特長

Z1(900スーパー4) 1973~1976

「世界最高」の旗艦として、1972年秋に欧米で発売開始。メグロの流れを汲むW系を除いて、カワサキ初の市販4ストローク車で、排気量は直4最大の903ccを達成。フレームは、当時最良の操縦性を誇った英国ノートンの「フェザーベッド」風の形状に補強をプラスしたもので、いずれも破格の性能を誇った。エンジンはチューニングベースとしても人気があり、今なお耐久性に定評がある。さらに、ティアドロップ型燃料タンクとテールカウル、4本出しマフラーを備えた美麗なシルエットが後世のバイク多大な影響を与えている。
1977年には排気量を1016ccにアップしたZ1000にフルモデルチェンジし、2本出しマフラーやフロントWディスクブレーキなどを採用した。
全長(mm) 2,205
全幅(mm) 800
全高(mm) 1,150
シート高(mm)
軸距(mm) 1,490
車重(kg) 230(乾燥)
エンジン 空冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 903
最高出力 82ps/8,500rpm
最大トルク 7.5kg-m/7,000rpm
燃料タンク容量(L) 18
タイヤ (前)3.25-19 (後)4.00-18

※1973年型 北米仕様

Z2(750RS) 1973~1978

主に日本向けに生産された746cc仕様が750RS(型式名Z2)だ。「750cc」という排気量自主規制により、903ccのZ1が国内販売できなかったため、スケールダウン版として設定。逆輸入車が一般的でなかった当時、日本では最速マシンとして「ゼッツー」の愛称で親しまれた。
基本構成はZ1とほぼ共通だが、エンジンは全面的な見直しを敢行。ボア×ストロークはZ1の66×66mmから、64×58mmとし、746ccに。キャブレターも専用で、69psを発生した。1976年からZ750フォアに改名し、前輪ダブルディスクなどを獲得。次世代のZ750FXが登場した後も併売された。
全長(mm) 2,200
全幅(mm) 865
全高(mm) 1,170
シート高(mm)
軸距(mm) 1,490
車重(kg) 230(乾燥)
エンジン 空冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 746
最高出力 69ps/9,000rpm
最大トルク 5.9kg-m/7,500rpm
燃料タンク容量(L) 17
タイヤ (前)3.25-19 (後)4.00-18

※1973年型

■ Z1/Z2の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

沼尾宏明
1995年から2輪雑誌編集部に勤務し、後にフリーランスとして独立。
モットーは締め切り前納品で、旧車から最新の法改正、用品に至るまでジャンルを問わず幅広いバイク関連の知識を持つ。
1年半に及ぶユーラシア大陸横断という異色の経験もアリ。
1971年生まれ。