今月のフィーチャーバイク

Ninja250

スタイリッシュさと奥深さを
兼ね備える250ブームの立役者

2000年代に入ると、レーサーレプリカブームの沈静化と環境規制の影響もあり、250ccクラスのフルカウルスポーツは軒並み生産終了に追い込まれた。
そんな中、東南アジアや欧米で販売する世界戦略車としてカワサキが開発したモデルがNinja250R。
日本市場には 2008年から導入され、若者を中心に大ヒットを飛ばした。

ビッグスクーターに見慣れた世代の目にスポーティなルックスが新鮮に映り、品質も抜群。
一方、海外生産と徹底したコストダウンで実現した50万円を切る税込価格(2008年当時)も人気の要因となった。
走行性能は、レプリカのような過激さはなく、ビギナーでも扱いやすいのが美点。街乗りからツーリング、
サーキット走行までこなす懐の広さも大いに支持を集めた。

2013年2月には初のフルモデルチェンジでNinja250に名称変更。エッジの効いた新作カウルを獲得し、エンジンとフレームの熟成でより完成度を高めた。
待望の新型は、予約だけで即完売するほどのセールスを示し、Ninja250人気は一段と加速した。

Ninja250/Rは、現在のフルカウル250ブームの火付け役であり、今だトップクラスの人気と実力を誇るモデルだ。

型式、年式ごとの特長

  • Ninja250R

    長寿スポーツツアラー、ZZR250をベースに、2008年に登場した初代モデル。
    デビュー当時、国産250唯一のフルカウル車で、モトGPマシンZX-RRをモチーフにした現代風のデザインがセンセーションを巻き起こした。
    DOHC4バルブのパラツインは、新たにFIを採用し、最高出力31psを発生。微粒化インジェクターとデュアルスロットルバルブにより、
    低中速域では力強く、レスポンスも抜群だ。前後17インチやペタルディスクにより足まわりも充実している。
    2011年型からツートンカラーなどの豪華グラフィックを施したSpecial Edition=SEもラインナップ。

  • Ninja250

    2013年にフルモデルチェンジした2代目は、車名から末尾のRがなくなり、Ninja250に変更。
    エンジンは主要パーツを見直し、スリーブレスメッキシリンダーや大径化したサブスロットルバルブなどを採用。
    耐久性とスムーズさがアップしている。フレームは先代を踏襲しつつ、剛性を最適化。新たにABS仕様も追加された。
    そして、特徴的な外観は一層シャープかつ精悍に変更。Ninja ZX-10RやNinja1000といった上級モデルの流れを汲み、
    クラスを超越したアグレッシブさを誇る。2013年9月発売の2014年型ではアシスト&スリッパークラッチが追加され、SEにはタンクパッドも装備された。

主要諸元

全長(mm) 2,020
全幅(mm) 715
全高(mm) 1,110
シート高(mm) 785
軸距(mm) 1,410
車重(kg) 172
エンジン 水冷4スト並列2気筒
 排気量(cc) 248
 最高出力 31ps/11,000rpm
 最大トルク  2.1kg-m/8,500rpm
 タイヤ  F=110/70-17 R=140/70-17

※2013~2017モデル