今月のフィーチャーバイク

勢力図を塗り替えた革新のSS

国産スーパースポーツ(SS)が全盛だった2009年、BMWが初めて投入したSSこそS1000RRである。まず話題となったのが車体構成。BMWと言えば、ボクサーツインにパラレバー、シャフトドライブといったツアラー向けの独自メカニズムで知られるが、S1000RRでは直列4気筒とアルミツインスパーフレーム、テレスコピックフォーク、チェーンドライブといった日本車的なパッケージを採用。勝利を目指すBMWの本気度がうかがえる。
加えてエンジンは当時最強の193ps(フルパワー仕様)をマーク。ボア×ストローク=80×49.7mmは、直4リッターSSで今だに最もショートストローク設定となる(2018年10月現在)。さらに、強大なパワーを一般ライダーが扱えるようにするため、いち早く電子制御デバイスを大量に投入した点も新しい。現在のSSでは必須の装備となったトラクションコントロールをライバルに先駆けて搭載。しかも4つのエンジンモードに連動して、介入度が変更される。
以降、SSの勢力図は一変し、同時期に登場したアプリリアRSV4やドゥカティ1198とともに外国車勢が隆盛していく。
S1000RRはデビュー以来、全面刷新こそないものの、着実に進化を重ね、2015年型で最高出力は199psに到達。電子制御サスペンションまでも獲得している。

走行インプレは、歴代を通してストック状態での速さに定評がある。エンジンモードも手伝って中低速域の扱いやすさに秀でており、サーキットはもちろん峠道での戦闘力も高い。車体は基本的に安定志向だが、超高速域でもライダーの意志に従順に反応してくれる。
ツーリング適性がライバルより高いのも特筆すべき点だ。圧倒的な直進安定性や良好なシートの居住性に加え、グリップヒーターとクルーズコントロール(オプション)によってロングランもこなす。さすがBMWの面目躍如である。そして質感も抜群。所有欲を満たし、性能も申し分のないS1000RRは、貴方に高い満足感を与えてくれるだろう。

型式、年式ごとの特長

2009年型~

SBK(スーパーバイク世界選手権)での勝利を目指して開発。まず2009年にSBKに参戦し、熟成を重ねてから2010年に市販化されるという珍しい経緯を辿った。超ショートストローク設定により最高出力は193ps、装備重量は600SSに迫る204kgという直4勢最強のスペックで、一挙に頂点に躍り出た。当時最先端であった連動式のトラコン+パワーモード、レースABS、シフトアップ対応のオートシフターも搭載。左右で形状が異なるヘッドライトや、右サイドパネルにのみサメを思わせるダクトを施した、鮮烈な左右非対称デザインも大いに衝撃を与えた。なお日本仕様は156psとなり、アクラポビッチ製サイレンサーを装着する。
全長(mm) 2,056
全幅(mm) 826
全高(mm) 1,138
シート高(mm) 820
軸距(mm) 1,432
車重(kg) 204(装備)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 999
最高出力 156ps/10,000rpm
最大トルク 11.2kg-m/10,000rpm
タイヤ (前)120/70ZR17 (後)190/55ZR17

※2009年型 日本仕様

2015年型~

2012年型のマイチェンを経て、カーボンカウルなどで10kgの軽量化と、世界初の電子制御サス=DDC(Dynamic Dumping Control)を投入したHP4を追加。このノウハウを活かし、2015年型で大変更を実施した。シリンダーヘッドやカムシャフト、吸排気系を刷新し、最高出力は6ps増の199psをマーク(日本仕様も同様)。フレームの剛性やディメンションを煮詰め、2kgの軽量化も果たした。さらに、リアルタイムで減衰力を可変させる電子制御サスも採用。オートシフターはシフトダウンにも対応した。外装は空力性能を向上するとともに、従来型から左右ライトを入れ替え、反転させた顔としている。ライディングモードは従来の「レイン」「スポーツ」「レース」「スリック」に「ユーザー」が追加され、計5種類となった。
2017年型では新型マフラーを採用し、排ガス規制のユーロ4に対応。触媒の大型化に合わせアンダーカウルを大型化している。2018年型は従来型を引き継ぐ。
全長(mm) 2,050
全幅(mm) 826
全高(mm) 1,140
シート高(mm) 815
軸距(mm) 1,438
車重(kg) 204(装備)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 998
最高出力 199ps/13,500rpm
最大トルク 11.5kg-m/10,500rpm
タイヤ (前)120/70ZR17 (後)190/55ZR17

※2015年型