今月のフィーチャーバイク

r1200gs

走りも存在感も別格、
究極の冒険モデル

どこまでも行ける。どこまでも走りたくなる。――ベース車のR1200GSも十二分に冒険モデルの素養を備えているが、その能力を極限まで引き出した派生モデルが「アドベンチャー」だ。

R1200GSは、BWMエンデューロツアラーの旗艦。水平対向2気筒=ボクサーツインを積み、クロスオーバーモデルの代表格として絶大な人気を誇る。その巡航性能やダートでの走破性を高めたR1200GSアドベンチャーは、荒れた路面に耐える強靱なロングストロークサスをはじめ、サイドまで拡張された大型ウインドスクリーン、エンジンガードなど多くの専用品を採用。燃料タンクは、2006年登場の空油冷モデルでSTDの20Lから32Lに、2014年デビューの空水冷モデルでは30Lに拡大され、1回の給油で600km以上を走行可能だ。また、シンボルとも言える銀色に輝くアルミ製ケースを装着可能なホルダーを持つ。

走りは、まさしく冒険モデルと呼ぶに相応しい。シリーズを通してタンクが巨大で、極めて高いアイポイントにより視界が広いため、軽く流すだけで雄大な気分が味わえる。巨体ながら、走り出せば圧巻のトルクにより260kg超の車重をものともしない。直進安定性は圧倒的で、疲れを知らずに淡々とクルージングできる。ハンドリングも意外なほど軽快。特に2014年以降の現行型は、トラコンなどの豊富な電脳デバイスも相まって、安心感溢れる乗り心地だ。そして腕前は必要だが、オンロード指向の強いSTDよりオフロードでの走破性が優秀。世界一周するなら、これほど頼もしい相棒はいない。

型式、年式ごとの特長

  • R1200GS(2004~2012 空冷)

    1979年の初代R80G/S以来、エンデューロツアラーの帝王として君臨し続けるGSシリーズ。2004年、R1150GSの後継機として、5世代目にあたるR1200GSがデビューした。空油冷ボクサーツインは1129→1169ccにアップし、15ps増の100psを達成。車重は約30kgもの軽量化を実現し、デザインも従来の丸みを帯びた形状から尖ったフォルムに一新した。

    2008年にはR1200RTらと共通の心臓がベースとなり105psに。オプションでエンデューロ向けの電子調整式サスも用意した。2010年にはSOHC→DOHC4 バルブに変更。パワーバンドが増大し、110psに到達した。

  • R1200GSアドベンチャー(2006~2012 空冷)

    初のアドベンチャー仕様が登場したのは2002年。R1150GSに突如追加され、過酷な旅に耐える装備を多数採用したことで大きな話題を呼んだ。R1200GSでは、STDが登場した2年後の2006年に待望のアドベンチャーがデビューした。前述の大型スクリーンやビッグタンクのほか、サスのホイールトラベルを前190→210mm、後200→220mmにアップし、オフ適性を向上。電装品の追加を考慮した発電容量720Wのオルタネーター、グリップヒーター、オン/オフ切り替え可能なインテグラルABなども標準で備えた。2008年および2010年にSTDがモデルチェンジした際は同時にアドベンチャーも設定されている。

  • R1200GS(2013~ 水冷)

    完全新設計で生まれ変わった第6世代のGS。ボクサーツインは、新たに空水冷方式に刷新され、同時に大容量エアボックスなどの採用で125psにアップ。フレームも新作となり、スリムかつ剛性感のある車体となった。電脳デバイスも一気に充実。5つのライディングモードを獲得し、サスや前後連動ABSの特性も合わせて変化する。さらにオートクルーズのほか、路面状況に応じて減衰力を自動可変するセミアクティブサスまでも投入した。より無骨さを増したフォルムや、いち早く採用したLEDヘッドライトも見逃せない。
    走りは、空油冷よりレスポンスが鋭く、幅広い領域でフラットなトルクを発生。ロードスポーツ的な走りが楽しめる。

  • R1200GSアドベンチャー(2014~ 水冷)

    空水冷R1200GSをベースに登場。不整地での走破性を高めるため、F19&R17ホイールは、STDのキャストに対し、チューブレス対応のスポークホイールを履く。前後サスはロング化され、トラベル量はSTDから20mm増の前210mm&後220mmに。最低地上高も20mmアップしている。オフロードでは、電脳デバイスも大いに威力を発揮してくれる。
    同時に、ロングランの快適性も大幅に向上した。シールドとシュラウドが大型タイプとなり、防風性がアップ。燃料タンクは、STDより10L多い30Lとした。さらに、長距離クルーズに適した約900g重いクランクシャフトを採用し、落ち着きのあるフィーリングとなっている。人気オプションの LED 補助ランプも標準で備え、迫力もSTDより一層増した。

主要諸元

数値はR1200GS ()内はR1200GSアドベンチャー

全長(mm) 2,205 (2,255)
全幅(mm) 935 (980)
全高(mm) 1,490 (1,450)
シート高(mm) 850-870 (890-910) (いずれも2段階調整)
軸距(mm) 1,550 (1,510)
車重(kg) 245 (260)
エンジン 水冷4スト水平対向2気筒
 排気量(cc) 1,169
 最高出力 125ps/7,750rpm
 最大トルク  125N・m/6,500rpm
 タイヤ  F=120/70R19 R=170/60R17

※2013~2017モデル (アドベンチャーは2014~2017モデル)