今月のフィーチャーバイク

Diavel(DUCATI)

新ジャンルを創出した
魅惑的な「悪魔」

イタリアの雄、ドゥカティと言えば、2000年代までスポーツバイクメーカーのイメージが強かった。だが2011年、初のクルーザー「ディアベル」がデビューを果たす。従来のラインナップと明らかに一線を画すロング&ローフォルムは、大きな驚きと拍手を持って迎えられた。

エンジンは、スーパーバイク・1198譲りの水冷Lツイン1198cc。さらに、イタリア・ボローニャ地方の言葉で「悪魔」を意味する車名のとおり、力感溢れるデザインから手強そうな乗り味がイメージされるが、実は抜群に扱いやすいのが特徴。アップライトの安楽なライディングポジションと、ライダーを確実に受け止めてくれるバケット型シートで、安心して怒濤の加速を味わえる。足着き性の良さも自慢だ。一方、バンク角はネイキッド並みに深く、コーナリングではクルーザーらしからぬ軽快さが楽しい。加えて、電子制御デバイスも満載。エンジンの出力特性は、スポーツ、ツーリング、アーバンの3モードが切り替え可能。きめ細かい8段階調整式のトラクションコントロールも備え、多様な走りに対応できる。

2014年型では、フル LED ヘッドライトのほか、デュアルスパークエンジンを搭載。外観と走りに一層の磨きをかけた。

クルーザー、ネイキッド、スーパースポーツ――様々なジャンルの魅力を融合した斬新なコンセプトを持つディアベル。ルックスはクルーザー的ながら、常にスポーツマインドを忘れないドゥカティらしい1台でもある。

型式、年式ごとの特長

  • ディアベル

    低中回転域の出力特性を重視した112ps(日本仕様)の水冷Lツイン+湿式クラッチを、鋼管トレリスフレームに積むディアベル。キー操作の要らないスマートキーや、カラー液晶などの快適装備も光る。2014年のビッグマイナーチェンジで、ムルティストラーダ1200Sと同様のテスタストレッタ 11°DSを採用し、吸排気系なども変更された。標準モデルに加え、マットブラック仕上げとした「ダーク」、クローム&ブラック外装の「クロモ」、メルセデスベンツのチューニング部門であるAMGとコラボした豪華版「AMGスペシャルエディション」なども存在した。

  • ディアベルカーボン

    燃料タンクパネルやシングルシートカバー、フロントフェンダーにカーボン外装を採用し、より質感を向上させた上級モデル。さらに前後でSTDより2.5kg軽い専用のマルケジーニ製鍛造アルミホイールで、一段と軽快な走りを実現している。ブレーキディスクもホイールのデザインに合わせた専用品だ。また、STDとは異なるカラーリングが選べるのも魅力的。2016年現在、ディアベルおよびカーボンの2タイプがラインナップされる。

  • ディアベルストラーダ

    2013年モデルに登場したツーリング仕様。ウインドスクリーンをはじめ、41L容量のパニアケース、グリップヒーターで旅の快適性を大幅にアップした。合わせて長旅に適したライポジも獲得。STDより手前&上方に変更されたハンドルとワイドかつフラットな専用シートを標準で備える。後席は、スポンジが厚くなり、バックレストまで装備され、タンデムライダーも楽々だ。

主要諸元

[]内はマイナーチェンジ(2014)後

全長(mm) 2,257 [2,235]
全幅(mm) 860
全高(mm) 1,192
シート高(mm) 750
軸距(mm) 1,590
車重(kg) 239
エンジン 水冷4ストL型2気筒
 排気量(cc) 1198.4
 最高出力 112hp/6,750rpm [112hp/6,500rpm]
 最大トルク  11.6kg-m/6,750rpm [12.5kg-m/6,250rpm]
 タイヤ  F=120/70ZR17 R=240/45ZR17

※2011~2017モデル