今月のフィーチャーバイク

サーキット以外でも輝く、革新のトリプルSS

国産4メーカーの600cc直4スーパースポーツがしのぎを削っていた2006年。突如、トライアンフからデイトナ675が投入され、大きな話題を呼んだ。特筆すべきは、当時のレースレギュレーションに縛られない並列3気筒、そして675ccというライバルより一回り大きい排気量。これは公道での速さを重視した産物で、俊敏さと扱いやすさを兼備した唯一の3気筒ミドルSSとして、世界中から高い評価を受けた。
2009年にマイナーチェンジを実施。2011年にはオーリンズショック+ブレンボキャリパー、オートシフターを備えた上級版のRも追加された。
MVアグスタから3気筒675ccのF3が2010年にデビューするなど、ライバルの攻勢が激しくなる中、待望となる初のフルチェンジを2014年に敢行。最高出力は先代と同様の128psながら、より従順な出力特性と自在なハンドリングを獲得した。

歴代のエンジンは、厚い中低速トルクと高回転パワーを両立するのが特徴。2気筒と4気筒の長所を併せ持つ、3気筒の持ち味が存分に発揮されている。特に2014モデル以降は中低速域のレスポンスがスムーズになり、扱いやすさが増した。車重も軽く(2014以降は装備重量184kg)、3気筒ならではのスリムな車体も美点だ。さらにRは、充実した足まわりでレースユースなどハードな走りにも応える。
ミドルSS市場が冷え込む中、今だ高い支持を受け続けるデイトナ675。サーキットでもストリートでも、鋭い走りを楽しみたいオーナーに打ってつけの1台と言えるだろう。

型式、年式ごとの特長

  • ●2006年~2013年
    トライアンフのお家芸である並列3気筒を、独創的なアルミツインビームフレームに搭載して2006年にデビュー。125psのハイパワーと乾燥重量165kgの軽さを誇り、自由自在なハンドリングを発揮する。欧州の2綸誌が主催するスーパーテストで4連覇を達成するなど、その走りが絶賛された。2009年には、約50か所に及ぶビッグマイナーチェンジを施し、3ps馬力アップ&3kg減を達成。カウルのデザインも一段とシャープになった。

  • ●2014年~
    2013年型でシリーズ初の全面刷新を行い、日本ではイギリス本国から約1年遅れとなる2014年から発売。エンジンは、ショートストローク化(74×52.3→76×49.6mm)を図ると同時に、デュアルインジェクターを新採用。同社初のチタンバルブも投入し、さらなる扱いやすさと右手の動きに忠実なレスポンスを体現した。フレームも新作で、サブフレームをアルミ製に変更。ABSが標準装備され、キャスター角やホイールベースの短縮などディメンションも見直した。なお、特徴的なセンターアップマフラーはダウンタイプに変更されており、2代目の目印となる。

主要諸元

全長(mm) 2,010
全幅(mm) 700
全高(mm) 1,120
シート高(mm) 825
軸距(mm) 1,395
車重(kg) 162
エンジン 水冷4スト並列3気筒
 排気量(cc) 675
 最高出力 128ps/12,600rpm
 最大トルク  73N・m/11,750rpm
 タイヤ  F=120/70ZR17 R=180/55ZR17

※2009~2013モデル