今月のフィーチャーバイク

飽くなき「操る喜び」の追求

ビッグバイクながら軽量コンパクトな「スーパースポーツ」。今では当たり前となった、このジャンルを創り上げたマシンこそ1992年にデビューした“ファイアーブレード”CBR900RRである。年々進化を遂げ、2004年にはCBR1000RRにフルチェンジ。初代900以来、トータルコントロール=操る喜びの追求というコンセプトは変わらず、フルパワー172psを発生する998cc直4やユニットプロリンクサスで戦闘力を向上した。そして、2008年には1000RR初の全面刷新で9代目を襲名。ショートストローク化した新作エンジンや4分割のアルミダイキャストフレームを与えた。以降は足まわりの強化などの熟成を重ね、2014年型の海外仕様で180ps、装備重量200kgを実現した(非ABS)。

同年に追加され、大きな話題を呼んだのがCBR1000RR初となるスペシャルモデル=SPだ。STDのショーワ製BPF&バランスフリーリヤクッションに対し、オーリンズの前後サスを採用。フロントキャリパーはブレンボ製を奢る。さらに特筆すべきは、“バランス取り”したエンジンだ。これは、各気筒のピストンとコンロッドの重量バランスを精密に選別して組み立てる手法で、高回転域のスムーズさを一段と向上できる。本格的なチューニングマシンが行う手法を、ホンダが自ら実施したのだ。まさに「操る喜び」の集大成である。
25年目を迎えた2017年型では、電子制御スロットルなどを獲得。SPはセミアクティブサスのほか、公道市販車初のチタン燃料タンクで車重195kgをマークした。その進化は留まることを知らない。

型式、年式ごとの特長

2014~2016 CBR1000RR SP

2014年型をベースとする上級仕様で、“The Edge of CBR”をキーワードに開発。一人乗り専用設計とするとともに、オーリンズ製のNIX30とTTX36、ブレンボ製モノブロック4ポッドFキャリパーを備えた。また、鍛造トップブリッジやステアリングステムを専用開発し、優れたハンドリングを実現する。硬い表皮と独自パターンを変更しグリップ力を高めた専用シート、前後制動力配分を専用セッティングとしたコンバインドABSなどで、コーナリングでの操る楽しみが一段とアップしているのも特徴だ。さらに、パンチング加工を施したシートレールなどによって、車重はSTDより1kg減の211kgをマーク。スポーティな専用カラーも目印となる。
全長(mm) 2,075
全幅(mm) 720
全高(mm) 1,135
シート高(mm) 820
軸距(mm) 1,410
車重(kg) 211(装備)
エンジン 水冷4スト並列4気筒
排気量(cc) 999
最高出力 123ps/9,500rpm
最大トルク 9.9kg-m/8,500rpm
タイヤ (前)120/70ZR17(後)190/50ZR17

※2014モデル 国内仕様