©おりもとみまな(ヤングチャンピオン烈)/ばくおん!!製作委員会

11月6日(日)に、よみうりランド(東京都稲城市矢野口4015-1)らんらんホールにて、「ばくおん!!丘女祭2016」が開催されました。バイク王も、「ばくおん!!」キャラクター等身大POPとバイクと一緒に写真が撮れる「展示撮影会」と、バイク王LINE公式アカウントと友だちになってくれた方へのオリジナルステッカーのプレゼントを実施し、たくさんの「ばくおん!!」ファンにお立ち寄りいただきました。当日の様子を写真と一緒にレポートしますのでご覧ください♪

主人公羽音の愛車であるピンク色の「CB400 SuperFour(ホンダ)」はもちろん、スズキ愛好家である凛の「GSX400S KATANA(スズキ)」、バイクうんちくや格言を披露する、”モジャ”こと恩沙の「SEROW225W(ヤマハ)」、お嬢様でワルに憧れを抱く聖の「C50 スーパーカブ(特別仕様)(ホンダ)」、驚異的なライディングテクニックを持つ来夢先輩の「Ninja ZX-12R(カワサキ)」、体は小さいながらも生粋のレーサーである千雨の「PCX150(ホンダ)」の計6車両が勢揃い!展示のみではなく実際にまたがっていただくことも可能で、ファンの方々は各々好きなキャラクターのバイクやお気に入りのバイクにまたがり記念撮影されていました。

作中に登場するキャラクターたちの愛車が、レッドカーペットの上に大集合!

原作に忠実に再現されたバイクの中でも、牛骨と補助輪つきの聖のスーパーカブは特にファン心を掴んでいた様子で、補助輪部分をアップに撮影されている方がたくさんいらっしゃいました。他にも、メガスポーツバイクZX-12Rの巨体に初めてまたがり圧倒されている方、“スーフォア”にまたがり、「教習所を思い出すね〜」と懐かしがる方などさまざまで、みなさんそれぞれがバイクとのコミュニケーションを楽しまれていました。


主人公羽音の等身大POPと「CB400 SuperFour(ホンダ)」。ピンク色がかわいい♪

来夢先輩の等身大POPと「Ninja ZX-12R(カワサキ)」。大きなボディにうっとり・・・。

聖の等身大POPと「スーパーカブ(ホンダ)」。牛骨と補助輪に注目!

にぎわいを見せるバイク王ブース。大盛況です!

バイク王ならではの取り扱い車種の幅広さをじゅうぶんに活かした出展内容となり、ファンの方々にも喜んでいただけたのではないでしょうか。

バイク王スタッフとしては、ファンの方々との交流の中で、「ばくおん!!」がきっかけでバイクに乗り始めたという声をたくさん聞けたことが一番嬉しかったです。ひとつのコンテンツが、人とバイクを結びつけてくれることはとても素敵なことだと感じます。

これからも、人とバイクの出会いのきっかけになれるようなイベントに随時出展していきたいと思いますので、今後ともバイク王をよろしくお願いいたします!